バーリンの状態と今後の治療方針について

| コメント(0) | トラックバック(0)
ご心配をおかけしておりますエイシンバーリンの現在の状態と今後の治療方針について、お知らせいたします。

2月16日に、北海道事務所の加藤がバーリンの預託先の丸村村下ファームを訪問し、村下さんご夫妻と、バーリンの現在の状況確認と今後の治療方針についてお話し、バーリンがなるべく楽に、元気に、QOL(Quality Of Life)の高い生活ができるようにということで見解が一致しました。

この方針に基づき、今後、獣医師、装蹄師と連携して治療にあたっていきます。

大量の汗をかいていることについて、"クッシング"が疑われたため、蹄の炎症が治まってからステロイド剤を使う確定診断をする予定でしたが、複数の獣医さんが、「長いカーリーヘア状の体毛や高体温などから"クッシング"であることは間違いない」との見解を示したため、リスクのある確定診断ができるようになるのを待たずに優先すべき治療を開始することになりました。

痛がっている左前肢について、まずは蹄を削蹄してみたところ、装蹄師さんの見解ではやはり蹄葉炎であるとのことでした。
その後、レントゲン検査を行い、ローテーション型の蹄葉炎を発症していることが確定しました。

右前の蹄は長く伸びてしまっているのですが、左前の蹄が痛くて右肢を上げてからだを支えることができないため、右肢は前に伸びている部分の蹄を地面につけたまま切り落とす方法で削蹄しました。
削蹄後に強い痛みが出ているので、痛みの緩和のために左の蹄にはクッションをつけていただきました。
左前肢が痛くて右前肢を上げられなかったため、レントゲンは左しか撮影できませんでしたが、右前肢の蹄冠部からの排膿も蹄葉炎による可能性が否定できず、多かれ少なかれ蹄葉炎を患っているという認識のもとに手当していきます。
左の蹄にクッションをつけたことにより少し楽になって右前肢を上げられるようになったらレントゲン撮影をします。

バーリンが抱えているメラノーマ、蹄葉炎、そしてクッシングのうち、どれを優先して治療すべきか。

これまではメラノーマ治療のために免疫力を高める漢方薬を飲ませていましたが、漢方薬にも飲み合わせがあるそうで、獣医さんと相談した結果、命に直接関わる可能性のある蹄葉炎の治療を最優先に治療していくことになりました。
しかしながら、漢方薬はすべて海外から輸入しており、蹄葉炎に効く漢方は取り寄せ中のため、当面はクッシングに効果のある漢方を服用し、今まで服用してきた免疫力をアップするメラノーマの漢方は休止することになりました。

メラノーマについては、今まで服用していた漢方薬にも含まれる成分で、バーリン同様メラノーマを患っているサポートホースのマイネルディンプルでとても効果が出ている「カバノアナタケ茶」を煎じて肛門周辺のメラノーマにスプレーしていくことになりました。

クッシングは高齢の馬が多くかかる病気と言われていますが、「なんとなく毛が伸びた」「調子が悪い」という症状だけでは病気として認識されないままだったケースが今までは多くあったものと思われます。

バーリンの治療については、同じような症状を抱えた高齢馬の治療や緩和ケアに関する啓発の意味もこめて、情報を発信していきたいと考えています。

村下ファームさんには、出産シーズンでご多忙の中においても、どうしたらバーリンが楽に過ごせるか、バーリン自身と向き合いながらケアにご尽力いただいています。

本ブログをご覧いただいている皆様にも見守っていただければ幸いです。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

EBDSC_0003[1]_originalR.JPG
最初の一歩がなかなか出ない...
もともと毛は長いほうでしたが、肢までこんなに伸びたのは初めてのこと。
クッシングの発症は昨年の秋以降と言えそうです。

EBDSC_0007[1]_originalR.JPG餌を食べた後は特に大量に発汗します。

EBDSC_0012[1]_originalR.JPG
6リットルの水分を吸収するコットンクーラーを着用させてみました。
とてもやわらかな素材でゴキゲンな表情のバーリン。
着てからほんのしばらくの間にどんどん汗を吸い取ってくれる優れものです。
これでタオルで汗を拭いていただく手間がなくなりました。
嫌がるバーリンに噛まれそうになったり、蹴られそうになることも防げて
体の冷える心配もなく、一石三鳥です!

EBDSC_0017[1]_originalR.JPG
こちらは正面から。

EBDSC_0024[1]_originalR.JPG
先ほどまであんなに出るのを嫌がっていたのに
枯草の下から芽を出した青草をみつけるとがむしゃらに食べるバーリンです。
肢の毛がどれだけ長いかわかりますでしょうか...

EBDSC_0029明るさ補正済_originalR.jpg
立ち去るところを顔を上げて見送ってくれる、律儀なバーリン。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1311

コメントする

2017FHカレンダー

予約受付中!
フォスターホースの
生き生きした表情を捉えました。


アイテム

  • 20170227_094944.jpg
  • 20170227_091737.jpg
  • 20170223_094615.jpg
  • 20170223_082208.jpg
  • 20170223_082233.jpg
  • EBDSC_0029明るさ補正済_originalR.jpg
  • EBDSC_0024[1]_originalR.JPG
  • EBDSC_0017[1]_originalR.JPG
  • EBDSC_0012[1]_originalR.JPG
  • EBDSC_0007[1]_originalR.JPG

アーカイブ