2017年3月8日

| コメント(0) | トラックバック(0)
エイシンバーリンのその後の状況について、丸村村下ファームさんからのご報告をもとにお知らせします。

クッシングの治療のための漢方薬が届き、一週間が経ちました。

20170301123808_original.jpg6日あたりから、微妙にですが汗をかく量が減ったような気がするとのことです。
ただ、右前肢に痛みがあるためか、まだ発汗は多く、大きな変化は見られないので、もうしばらく様子を見ていきます。

昨日のバーリン
20170307_172251.jpg
20170307_172131.jpg
メラノーマの治療は、今まで飲んでいた免疫力をあげる漢方薬を中止し、カバノアナタケ茶をスプレーしています。
バーリンのお尻にスプレーしているとき、思わずぽろっと落し物をしてしまったり、「そこじゃな~い!」とキックが飛んできそうなこともあるそうですが、少しずつ慣れてきているようです。

5日に39℃の発熱があったため、獣医さんに診てもらいました。
感染症ではないかとのことですが、はっきりした原因はわからなかったため、抗生剤を続けて注射しており、昨日は38.4℃まで下がりました。
今のバーリンは、普段38℃前後の熱がありますので、もう少し下がって欲しいところです。
クッシングを患っていると感染症は治り辛くなるそうなので、清潔に保つようにしています。 

食欲はあり、多飲多尿ではありますが、ボロも正常です。

20170307_171850.jpg20170307_172122.jpg蹄葉炎を発症しているため、糖分を摂りすぎないように考えながら給餌しています。
ちょこちょことつまみながら食べていますが、切り草は好きではないらしく、しっかりと横によけて残していました。

20170307_172042.jpg
リボンちゃんは、朝一番には外から「バーリ~ン!バーリ~~ン!!」と呼んでいます。
ドアのすき間からたまに見えるバーリンを覗いていたり、裏戸の方から呼んでいるときもあり、バーリンもたまに気が向くと返事をしています。
リボンちゃんは、リボンちゃんの娘のペリーちゃん親娘が返事をすると、「あんたたちはいいわ」という感じでにスルーしているそうですが、ペリーちゃん親娘のおかげで、リボンちゃんも落ち着いてくれているそうです。

ペリーちゃんと娘
20170308_082506.jpgおとうさんとおかあさんの名前を取って「ペリヒキちゃん」と呼ばれています。
20170308082809.jpg
リボンちゃんもまたバーリンと放牧地を駆ける日を心待ちにしているのですね。


【お願い】
バーリンに元気になって欲しいと、人参や青草を送りたいというお問合せやお申し出をいただいております。
お心遣い、本当にありがとうございます。
牧場さんからも、「バーリンへのあたたかなお心遣いに深く感謝申し上げます。」とのご伝言をお預かりしています。
バーリンは蹄葉炎を発症していることもあり、食事制限を行っており、糖質を多く含む青草などは与えることを控えています。
繰り返しのお願いになってたいへん申し訳ありませんが、なにとぞご理解いただけますよう、お願いいたします。
バーリンが元気になって、人参も牧草も好きなだけ食べられるようになることを祈っていただければ幸いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1319

コメントする

2017FHカレンダー

予約受付中!
フォスターホースの
生き生きした表情を捉えました。


アイテム

  • 御守.png
  • 20170314_163943.png
  • 20170314_163806.png
  • 20170314_163709.png
  • berlin20170311_204924R.jpg
  • berlin20170311_172157R.jpg
  • berlin20170311_155202R.jpg
  • berlin20170311_154538R.jpg
  • berlin20170311_154044R.jpg
  • berlin20170311_152157R.jpg

アーカイブ