2017年2月9日

| コメント(0) | トラックバック(0)
2月8日、事務局のSがボーガンの撮影のために乗馬クラブアリサさんを訪ねました。
今回はその訪問リポートをお届けします。


この時期、ボーガンは朝飼いのあと午前6時頃から8時過ぎまで他の馬たちと5頭で放牧されています。
到着してまずは放牧を終えて馬房でまったりとしていたボーガンにご挨拶。
初めて会ったボーガンの第一印象は・・・「顔、ちっちゃい!」

IMGP8678.JPG
今までSが会った馬の中では一番の小顔さんではないでしょうか。
瞳がくりくりっとしていて、28歳のおじいちゃんとは思えないかわいさです。

馬場に出していただく前に、オーナーの中山さんが聴診器を当ててボーガンの心音をチェックします。

IMGP8613.JPG
高齢のボーガンを気遣い、毎日欠かさずこうしてチェックしているそうです。

はじめまして。よろしく、ボーガン!
IMGP8621.JPG
馬場では中山さんと奥様が交替で引き手を持っていてくださったのですが、お二人が大好きなボーガンは甘えてしまってなかなかじっとしてくれません。

IMGP8617.JPG
初めて見る人がカメラを向けるので少し警戒もしていたのでしょうか...?
仲良しのルーちゃん(ことマキバルージュ)を馬場に出してもらうと落ち着きましたが、ルーちゃんを時々威嚇し、まだまだ強いところを見せていました。

IMGP8630.JPG
下に落ちた人参を食べるのに夢中でなかなか顔をあげてくれないボーガン。
翌日が雪予報だったので、その日のうちに馬場で馬たちを運動させなければならないこともあり、撮影は午後に持ち越しました。
お忙しい合い間を塗って、奥様がボーガンを出してくださり撮影を再開。
いつもならお昼寝していることが多い時間だそうですが、ボーガン、がんばってくれました。

IMGP8689.JPG
お昼休みの合い間に、おやつをあげたり話しかけたり、コミュニケーションを図った効果か、ボーガンはすっかり心を開いてくれて、すんなりと撮影を進めることができました。

広い馬房でおやつタイム
IMGP8681.JPG
立ち姿も決まってきました。
IMGP8712.JPG
午後の陽射しの中で、ちょっとウトウト・・・
IMGP8728.JPG
撮影を終えて、奥様とツーショット
IMGP8767.JPG
洗い場で中山オーナーと奥様と。オーナーに甘えるボーガンがかわいい!
IMGP8772.JPG
「がんばったからご褒美ちょうだい!」と前掻き
IMGP8775.JPG
馬服を着せてもらって、眠たいモードです
IMGP8778.JPGボーガン、中山オーナー様、奥様、ご協力ありがとうございました!

アリサさんには馬房は12あり、ほとんどが預託馬だそうです。
netkeibaさんのコラムで佐々木祥恵さんも書かれていましたが、その中には渡辺牧場さんの生産馬、キゼンラック(22歳)もおり、長く引退馬を支援する活動を続けている団体さんがアリサさんと半々で持っているという馬もいました。

ボーガンがアリサさんに来て20年。
年を取っても筋肉が落ちないようにと欠かさず運動をさせてこられたおかげで、ボーガンはとても元気で、若々しいからだをしています。
「ボーガンは本当に人が大好き。Sさんが自分に会いにきた人だっていうことも、ちゃんとわかっているんだよ。」と中山さんがおっしゃっていましたが、こんなきれいな景色と美味しい空気の中で、大切にされてきたボーガンが人間大好きになるのも納得です。

お話している時に、ロシアンブルーのようなきれいな毛並の子猫のねねちゃんが「遊ぼう!」とじゃれついてきました。

少しもじっとしていない、やんちゃなねねちゃん
IMGP8687.JPGごみ箱に捨てられていた3匹の中から引き取って欲しいと言われて飼っていらっしゃるとのこと。
中山さんご夫妻は長年にわたって犬や猫の保護活動もされており、この日は4匹の猫に会えましたが、もっとたくさんの犬や猫がいたこともあるそうです。
敷地の中を自由に走り回ったり、乾草の上で日向ぼっこをしたり。ここで暮らす馬たちと同じく、猫たちもとても幸せそうでした。

アリサさんを訪ねた方から「とてもいいところですよ。」と伺っていたとおり、優しい時間が流れる素敵な場所でした。
ぜひみなさんにもボーガンに会いに行っていただければ幸いです。

そこで今回は、ボーガンを訪問される際のおすすめアクセスプランを!

アリサさんから見える赤城山の絶景
IMGP8781.JPG
<電車で>
最寄駅はJR吾妻線の小野上駅です。
高崎から小野上まで上越線から吾妻線への直通運転があり、乗り換えなしで行けますが、本数がとても少ないので行き帰りの電車の時間を考えてあらかじめ予定を立てて行かれることをお勧めします。
エドリンさんのブログにもありましたが、小野上駅は無人駅で、電車を降りると切符を入れる箱が設置されています。
Suicaも使えませんので、精算が必要な場合は早めに車掌さんに伝えてください。
駅の周りにはコンビニや飲食店はありませんが、隣の小野上温泉駅には駅からすぐのところに日帰り温泉があり、お食事もできます。
お肌がつるつるになる「さちの湯」HP:「http://www.spa-sachinoyu.jp/
また小野上温泉駅から徒歩2分のところにある公共の宿泊施設「SUNおのがみ」は、小野上温泉の源泉を引きこんだお風呂が人気のお宿です。
1泊2食付で8,000円を切るプランがあるのも嬉しいですね。
駅までは乗馬クラブアリサさんの奥様が送迎してくださいますが、必ず事前に連絡してご都合を伺うよう、お願いします。

<お車で>
運転できる方がいらして、自由に動きたい方は車で行かれることをお勧めします。
高崎駅からレンタカーを利用するとアリサさんまで一般道利用で50分くらいです。
この季節は、道中、進行方向左手に榛名山、その奥には真っ白に雪を被った浅間山、右手に赤城山が見渡せます。
帰り道には高崎市街が一望できる展望スポットもあります。
アリサさんへ向かう伊香保街道沿いには「野田宿」という旧宿場町があり、現在は立て替えられて普通の民家になっていますが、各家に屋号の看板が並ぶ風情のある景色が見られます。
そしてその先には、稲庭、讃岐とともに日本三大うどんのひとつに数えられる水沢うどんのお店が軒を連ねていますので、ちょっと立ち寄って軽く腹ごしらえするにはちょうど良さそうです。
さらに進むと、石段と「黄金の湯」で有名な伊香保温泉街。日帰りプランのあるお宿もありますので、アリサさんの帰りに名湯を楽しむのもいいですね。


キョウエイボーガンの余生を支えてくださる
フォスターペアレント会員さん募集中です。
 
引退馬協会の会員登録がない方のための入会案内はこちら
既に引退馬協会会員の方は変更依頼フォームから
よろしくお願いいたします!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1299

コメントする

2018FHカレンダー

申込受付中!
(10月下旬順次発送)
フォスターホースの
生き生きした表情を捉えました。


アーカイブ