2017年7月11日

| コメント(0) | トラックバック(0)
昨日、乗馬クラブアリサさんから、いつもは食欲旺盛なキョウエイボーガンの食欲が落ちてしまい、時間をかければやっと食べきれる状態と連絡がありました。
アリサさんではいつも放牧前後に聴診器を当てて心音をチェックするなど、高齢のボーガンには特に気遣って体調維持に努めてくださっているのですが、さすがに28歳のボーガンにはこの猛暑が堪えているようです。
幸いすぐに獣医さんが来てくださり、診ていただいところ、不整脈があるものの内臓に異状はないという診断で、補液を点滴していただきました。

画像は今朝の放牧の様子です。
暑い時期には朝5時頃から馬場に放牧しています。
放牧している時には乾燥牧草を与えているのですが、隅っこに生えている草の方がいいようで、無心に食べています。

1499735563371.jpg
1499735570256.jpg1499735559733.jpg1499735555944.jpg満足して帰りたくなると馬場の入口で待っています。
「お~い、おかあさんや~」
1499735547286.jpg
「早く迎えに来て~!!」
1499735550664.jpgお迎えがきて馬房に戻ると、さっそく乾燥牧草を食べていました。

「やっとお迎えが来た~!」
1499735541222.jpg
「きれいになった馬房でゴロゴロしよう~っと♪」
1499735527096.jpg点滴をしてもらったおかげで少しすっきりしたようで、今は心配はないとのことです。
これだけ食欲が戻ればまずは安心です。

ボーガンが暮らす群馬県東吾妻周辺は、連日最高気温が観測されている前橋などに比べればまだいくらか涼しいとのことですが、これからも気をつけて見ていきます。



キョウエイボーガンの余生を支えてくださる
フォスターペアレント会員さん募集中です。
 
引退馬協会の会員登録がない方のための入会案内はこちら
既に引退馬協会会員の方は変更依頼フォームから
よろしくお願いいたします!










トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1402

コメントする

2018FHカレンダー

申込受付中!
(10月下旬順次発送)
フォスターホースの
生き生きした表情を捉えました。


アーカイブ