2017年10月11日

| コメント(0) | トラックバック(0)
乗馬クラブアリサさんから、9月22日にキョウエイボーガンが「ソフト競馬」さんが主催する「同窓会菊花賞」に出走(実際に競馬場で走るのではなく、クラブで動画を撮影)した時の画像が届きました。

「ソフト競馬」は元高崎競馬所属の騎手の方が「引退馬のことをもっとたくさんの人に知って欲しい」という思いから企画されており、実際の競馬のように競馬場でレースを走るものではありません。
参加した馬たちは、それぞれの暮らす乗馬クラブや牧場で、乗り手さんと一緒に決められた距離を走って(歩いても、引き馬でもOK!)動画を撮影し、二番目に速いタイムでゴールした馬が勝ちというルールの仮想競馬です。
「現役時代に菊花賞に出走したボーガンに、ぜひ参加を」というご依頼があり、乗馬クラブアリサさんと相談して、「ボーガンの元気な姿をたくさんの方に見ていただければ」と挑戦することになりました。

出走に際しては、もちろん何よりもボーガンの健康が第一!
この夏は猛暑のため、天候やボーガンの体調を考慮して放牧や引き馬中心に過ごしていましたが、以前から健康と筋力を保つための乗り運動も行っていましたので、鞍を着けて乗ることができました。

鞍上は常にボーガンの健康状態を細かくチェックしてくださっている、クラブのオーナー、中山先生です。
時間にすると、動画の撮影が1分ほど、練習を入れても6~7分程度。
もし少しでも違和感があれば中止にして、引き馬での参加をと考えていましたが、奥様からの報告によると、その後も体調を崩すこともなく、元気にしているそうです。

鞍とハミをつけたら、シャキッとしていたというボーガン。
「かっこよくきまっています!」と奥様からのご報告のとおり、どことなく現役時代の姿を彷彿させる勇姿です。

1507555279161.jpg1507555282278.jpg1507555285381.jpg
1507555288368.jpg1507555293504.jpg1507555299184.jpg1507555303457.jpg1507555309526.jpg
ボーガン、中山先生、おつかれさまでした!
1507555312835.jpg
菊花賞では悔しい結果に終わっただけに結果も気になるところですが、こうして元気な姿を見せてくれたことが何よりです。
レース結果は10月下旬に「ソフト競馬」さんの公式ホームページで発表されますので、ぜひボーガンの勇姿をご覧ください。



キョウエイボーガンの余生を支えてくださる
フォスターペアレント会員さん募集中です。
 
引退馬協会の会員登録がない方のための入会案内はこちら
既に引退馬協会会員の方は変更依頼フォームから
よろしくお願いいたします!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1446

コメントする

2018FHカレンダー

申込受付中!
(10月下旬順次発送)
フォスターホースの
生き生きした表情を捉えました。


アーカイブ