2018年1月9日

| コメント(0) | トラックバック(0)
明けましておめでとうございます。

昨年暮れにフォスターホースの仲間入りをしたメイショウドトウとタイキシャトルを、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

イーストスタッドの場長様からメイショウドトウとタイキシャトルの画像と近況報告が届きました。 
雪の少ない浦河近辺でも少し前に結構な量の雪が降り、5,6cmくらい積もりましたが、馬たちの脚にはクッションになっていいぐらいの感じです。

メイショウドトウ

特に変わったこともなく、元気に穏やかな新年を迎えました。

DSCN0921_original.JPGDSCN0906_original.JPG
お鼻のアップ!
DSCN0924_original.JPG
何撮ってんだよ~!
DSCN0925_original.JPG
こっちからのほうがイケメンじゃない?
DSCN0915_original.JPG隣の放牧地から覗いているのはオウケンマジックさん。
場長さんがドトウを撮影しているのを「何をやっているんだ~?」と興味津々で見ています。
これぞまさしく「野次馬」ですね(笑)

DSCN0919_original.JPG
場長の高橋さんは、ドトウが育成牧場にいた頃に短い期間ですが関わっていらしたことがあるそうで、当時のドトウは今と変わらず結構気が強く、すぐにテンパるところがあったそうです。
けれど手がかかる馬ということではなく、20年以上経った今も当時と変わらないとのことでした。

前回の報告で、ドトウを厩舎から一番遠い放牧地に移動したため、集牧の時に「早く入れろ!」とうるさかったので、今は順番を変えて早く厩舎に戻すようにしています。


タイキシャトル

ドトウと同じく、変わりなく元気に過ごしています。

DSCN0934_original.JPGDSCN0941_original.JPGDSCN0948_original.JPG
DSCN0950_original.JPG
DSCN0952_original.JPG
隣の放牧地には、今年、種牡馬デビューするヒストリカルさん
DSCN0955_original.JPG
場長さんの愛犬ごんたちゃん
シャトルと仲良しです
DSCN0957_original.JPG場長さんいわく「ヒストリカルは、シャトルには仲良くしてもらっているようです。」とのことで、この時も2頭一緒のタイミングで草を食べていたそうです。
シャトル、大先輩として、ヒストリカルさんに種牡馬としての生活を教えてあげているのかもしれませんね。

シャトルやドトウの放牧地からは牝馬が試験交配のために来た時に見える場所にあるので、牝馬が到着すると相変わらず鳴いて呼んでいます。
特にドトウの放牧地からはよく見えるそうで、シャトルのところは春になると木の枝が伸びて目隠しになるそうですが、やはりどちらも牡馬ですから、ちょっとイライラすることがあるかもしれないとのことでした。

近年は種付けが減っていたとはいえ、シーズンが始まると出入りが多くなり、2頭にとっては少しかわいそうな状況になるので、のんびり穏やかに過ごせて、みなさんにも会いに来ていただけるところに移動できれば、と場長さんも話されていました。
春までには2頭にとってよい場所を見つけて移動する予定です。


メイショウドトウとタイキシャトルの余生を支えてくださる

ォスターペアレント会員さん募集中!!

 
引退馬協会の会員登録がない方のための入会案内はこちら
既に引退馬協会会員の方は変更依頼フォームから
よろしくお願いいたします!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1507

コメントする

2018FHカレンダー

申込受付中!
(10月下旬順次発送)
フォスターホースの
生き生きした表情を捉えました。


このブログ記事について

このページは、staffが2018年1月 9日 16:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2017年12月20日」です。

次のブログ記事は「2018年1月22日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。