2018年4月23日

| コメント(0) | トラックバック(0)
イーストスタッドの場長さんからのご報告と、北海道事務所のスタッフが、昨日4月22日にイーストスタッドさんを訪問した時のレポートと画像でお届けします。 

*********************************************

放牧地の緑も濃くなり、食べられる草も多くなっていました。
放牧地の周りの木々にも新芽が出始め、美しい新緑が見られるのも、もう間もなくだと思います。

4月に入っても寒い日があるので、ドトウもシャトルも4月中は馬着を着せていただいています。
メイショウドトウ

放牧地に近づくと、草を食べながら近寄ってくるドトウ。
相変わらず、人が大好きです。
「遊んで!かまって!!」というのではなく、人の近くにいるのが好きなようで、放牧地の真ん中に行けば美味しそうな草が生えているにも関わらず、写真を撮っている間離れることなく、牧柵の近くでずっと草を食べ続けていました。

IMG_1549_original.JPGIMG_1563_original.JPGIMG_1569_original.JPGIMG_1586_original.JPG
ん?写真撮ってるの?
IMG_1609_original.JPG
こんなポーズでどうでしょう?
IMG_1610_original.JPGドトウは、人懐っこさと愛嬌がある感じがします。
私たちが放牧地を後にすることがわかると、静かに放牧地の真ん中へと去っていきました。

IMG_1624_original.JPG
「また来てね!」
IMG_1626_original.JPG
イーストスタッドさんの馬達はみんな元気だそうですが、中でもドトウが一番元気だとのこと。
集牧の時は一番に入れないと大騒ぎするので、ご飯も一番最初にいただいています。
ちなみに「ドトウの好きなものは?」とお聞きしたところ、人参と林檎だそうです。

タイキシャトル

傷めた脚は骨の腫れも引いて快方に向かっています。
牧場では種付けシーズン真っ最中でお忙しい日々ですが、この時は場長さんがわざわざシャトルの馬服を脱がせて、馬体を見せてくださいました。

IMG_1456_original.JPG
尾花栗毛の見事な馬体!
IMG_1482_original.JPG
場長さん曰く、「すぐにでも種付ができるくらい、体ができ上がっている」とのことでした。
冬毛が抜け、日差しの加減で馬体が輝いているように見えます。

IMG_1490_original.JPGIMG_1491_original.JPG
IMG_1496_original.JPG
IMG_1549_2original.JPG9時頃にお伺いした時、場長さんは既に一頭の種付けのお仕事をされた後で、シャトルはすぐに場長さんが着ていた洋服の匂いに反応していました。
場長さんの上着に何かがついていたわけではなく、人間にはまったく感じない牝馬の匂いに反応しているそうです。

IMG_1535_original.JPG昨年まで種付けを行っていたシャトルは、現役時代は牝馬を載せた馬運車が来るまでに準備ができていたので、今でも牝馬の気配を感じると、「まだ用意ができてないよ!早く、早く!支度して!」とばたばたしているとのこと。

場長さんから「道路から建物をバックに撮るといい写真が撮れるよ」と教えていただき、道路から写真を撮っていると、シャトルが近寄ってきてくれました。

IMG_1655_original.JPG
それまでは近寄りがたいオーラのようなものを感じていましたが、写真撮影の時はとても協力的で、ポージングもしてくれ、かわいい一面を見る事ができました。
ちなみにシャトルは、なによりも林檎が大好きだそうです。



メイショウドトウとタイキシャトルの余生を支えてくださる
ォスターペアレント会員さん募集中です
既に引退馬協会会員の方は変更依頼フォームから
よろしくお願いいたします!

フォスターホースたちへご支援を!
こちらもよろしくお願いいたします!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1571

コメントする

2018FHカレンダー

申込受付中!
(10月下旬順次発送)
フォスターホースの
生き生きした表情を捉えました。


このブログ記事について

このページは、staffが2018年4月23日 13:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ドトウ、シャトル、お誕生日おめでとう!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。