2018年9月26日

| コメント(0) | トラックバック(0)
9月23日に北海道事務所のスタッフがイーストスタッドに2頭を訪問した時の様子を、画像と動画と一緒に報告します。

この日は少し曇っていたのですが、時間が経つにつれて日差しが強くなり、着ていたパーカーを脱ぐほど暖かくなりました。
心地よい風も吹き、とても過ごしやすい日でした。
ドトウもシャトルも草を食べるのに一生懸命で、一般見学の方達がいらしても気にすることもないようでした。
虫や鳥の鳴き声が聞こえてくる音と、遠くで牧草を刈っているトラクターの音が微かに聞こえる以外は何もなく、とても穏やかな日常を過ごしてくれていました。
メイショウドトウ

放牧地の一番奥で草を食べていました。
「ドトウ!」と呼びかけても、素知らぬふりを貫き、そばに来ることはなかったです。
いつもなら近寄ってきてくれるのですが、この日は高橋場長様がご不在だったので、近くに行ってもいないことをわかっていたのかもしれません。
暖を求めて馬体に付くハエをとても嫌っていて、常に追い払い、少しイライラしているようでしたが、それ以外は場所を移動することなく、放牧地の奥の方で草を食んでいました。

体調の良さそうな、つやつやの馬体
IMG_1305_original.JPG
「今日は場長さんはいないのかな?」
IMG_1330_original.JPG
「場長さ~ん、写真のおねえさん来てますよ~!」
IMG_1451_original.JPG
「いないみたいですよ」
IMG_1308_original.JPG
「こっちかな?」
IMG_1312_original.JPG
「場長さ~~ん!!」
IMG_1359_original.JPG
「いないみたいです・・・」
IMG_1375_original.JPG
ハエにいらいらするドトウ


タイキシャトル

厩舎から一番近い場所で草を食んでいましたが、少しずつ移動して、最後はドトウの放牧地側まで草を食みながら歩いてくれていました。
通路を挟んでドトウの写真とシャトルの写真を交互に撮りながら比べていると、シャトルは何となく人の動きに合わせて移動してくれているように思えました。
もしかして実はシャトルも人が好きなのかもしれません・・・が、近寄ると噛むことがあるので容易には近寄ることができません。
広い放牧地を歩いて適度な運動をしながら健康を保ってくれているようです。

「場長さんがいないんだって?」
IMG_1203_original.JPG
「じゃあ、僕がお相手しないとね」
IMG_1379_original.JPG
「・・・の前に腹ごしらえ」
IMG_1222_original.JPG
「うまい!」
IMG_1295_original.JPG
「あ!ごめん。待ってた?」
IMG_1196_original.JPG
「もっと近くに来て?」
IMG_1440_original.JPG
「え~い!これぐらいでどうだ?」
IMG_1405_original.JPG
ドトウほどハエを嫌がっていなかったシャトル




メイショウドトウとタイキシャトルの余生を支えてくださる
ォスターペアレント会員さん募集中
2018/9/25現在 メイショウドトウ 35.5口 残29.5口 タイキシャトル 55口 残10口)
詳しくはこちらをクリック
既に引退馬協会会員の方は変更依頼フォームから
よろしくお願いいたします!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1769

コメントする

2018FHカレンダー

申込受付中!
(10月下旬順次発送)
フォスターホースの
生き生きした表情を捉えました。


このブログ記事について

このページは、staffが2018年9月26日 19:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2018年9月12日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。