2018年11月10日

| コメント(0) | トラックバック(0)
11月3日に北海道事務所のスタッフが訪問した時のレポートをお届けします。

北海道に多くある白樺の葉もすっかりと落ちて、景色も冬に向かっているようです。気温も朝は一ケタ台で霜が降りている事もあるようです。しかし日中は晴れた日は暖かく、他の牧場では日差しが気持ちよいのか、四肢を投げ出して気持ちよさそうに寝ている馬達を見かけました。
メイショウドトウ

訪問した日は、秋晴れでとても暖かく、車に乗っていると暑いほどの気温でした。
放牧地の奥で草を食べていたドトウ。「ドトウ、ドトウ」と呼ぶと。なんと駆け寄ってきてくれました。

IMG_3259.JPG
「あれ?呼ばれてる?」

IMG_3270.JPG
「は~い。今行きます♪」

IMG_3277.JPG
IMG_3280.JPG
「呼ばれたので来ました♪」

そしておもむろにゴロを打っていました。しっとりとした土で、気持ち良さそうでした。

IMG_3285.JPG
「ここが良さそう」


しばらく牧柵越しに草を食んでいましたが、帰るころにはまた放牧地の奥へと戻っていきました。ドトウにしては珍しく、運動しているように放牧地を歩き回っていました。

IMG_3301.JPG
放牧地には沢山の青草があり、「馬肥ゆる秋」で一生懸命に食べていました。
ドトウの冬毛はまだ伸びておらず、すっきりとした状態です。



タイキシャトル

ドトウがゴロゴロすると、向かい側の放牧地で「僕も~」と言っているかのように、直ぐにゴロゴロを始めたシャトル。

IMG_3331.JPG
「あ~気持ち良かった~」


IMG_3337.JPG
綺麗な栗毛が・・・泥んこに・・・

綺麗にお手入れされていたはずなのに、あっと言う間に馬体が泥んこに。シャトルは栗毛の為、余計に泥んこが目立ちます。でも、ゴロゴロした後のシャトルの顔は、なんだか誇らしげに見えました。

IMG_3212.JPG
綺麗なブロンドの鬣です

IMG_3222.JPG
まだ、ゴロゴロする前のシャトルです

IMG_3238.JPG
冬毛が少し伸びているのがわかります

シャトルは、ドトウに比べて少し冬毛が伸びているようです。
シャトルの放牧地も青草が沢山生えていて、適度な運動をしながら美味しそうに食べていました。

IMG_3244.JPG
IMG_3363-2.jpg
左がドトウの放牧地 右がシャトルの放牧地です





メイショウドトウとタイキシャトルの余生を支えてくださる
ォスターペアレント会員さん募集中
2018/11/9現在 メイショウドトウ 35.5口 残29.5口 タイキシャトル 58.5口 残6.5口
詳しくはこちらをクリック
既に引退馬協会会員の方は変更依頼フォームから
よろしくお願いいたします!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1787

コメントする

このブログ記事について

このページは、rhaが2018年11月 9日 10:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2018年10月30日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。