2019年1月30日

| コメント(0) | トラックバック(0)
ヴェルサイユファームさんからメイショウドトウとタイキシャトルの近況報告が届きました。

皆様にご心配をお掛けいたしましたが、2頭とも術後の経過は順調のようです。

(画像はすべてヴェルサイユファーム提供です。)
メイショウドトウ

手術の当日から4日目頃までは出血があり、シャトルよりも腫れがあり、食欲もありませんでした。ですが、5日目辺りからは少しずつ食欲も戻り、出血も減り始めております。腫れはあまり変わらずでしたが、今はまだシャトルと比べると腫れは残っているものの、回復は順調です。 

image_original (5).jpg
image_original (7).jpg

1月26日の術後初めての放牧はヤギより外を満喫したいような感じでしたが、今ではまたヤギ達と一緒にいることが増えて来ています。

image_original (10).jpg





タイキシャトル

当日、翌日と腫れ出血はかなりあり痛みからか食欲はありませんでしたが、3日目辺りからは少しづつですが、腫れは少なくなり、食欲も出てきました。今では、腫れも落ち着き、あと少しで腫れはなくなりそうです。食欲も戻りしっかり食べております。 

image_original (1).jpg

image_original (9).jpg

1月26日に放牧を開始しましたが、走り回るという事はなく外を満喫しているように、放牧地の中を歩き回っています。性格などは、去勢直後なのでまだ変化はみられません。

image_original.jpg





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1828

コメントする

このブログ記事について

このページは、rhaが2019年1月28日 20:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2019年1月17日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。