2019年2月19日

| コメント(0) | トラックバック(0)
2月16日に北海道事務所のスタッフが訪問した時のレポートをお届けします。

伺った日はとても天気もよく、気温もプラス1度あり、とても暖かい日でした。前日まではとても厳しい寒さだった為、余計に暖かく感じたようです。日高地方の中では、雪も少ないようでした。
メイショウドトウ


IMG_6444.JPG
放牧地へ向かう、ドトウ。「こんにちは。僕これから放牧地に行くんだよ

放牧されると、とても嬉しそうに放牧地を探索しはじめ、放牧地の奥へと足を延ばしてキャンターからギャロップへと楽しそうに、駆け回っていました。

IMG_6461.JPG

IMG_6502.JPG
ヒャッホー♪

去勢後の傷も完治して、食欲は元に戻り、好き嫌いなく完食してくれているそうです。

ドトウはイーストさんでも、「人が大好きな性格」と言われていましたが、ヴェルサイユさんでもその性格は変わらずで、人に対しての甘え方を知っているのか「可愛い性格」と言われているようです。

IMG_6512.JPGのサムネール画像
「僕、"可愛い"って言われてます」

放牧が終わり、厩舎に戻る時に嫌々もせずに素直に帰ってくるそうです。

IMG_6513.JPG
放牧地ではあまりじっとすることなく、あちこち動き回っている方が多いそうです。

IMG_6515.JPG
IMG_6529.JPG
誰か来ないかな~




タイキシャトル

お土産に持っていった人参を、放牧地に向かう前にもらって食べていました。

IMG_6558-2.jpg
あっ!人参。ラッキー♪

人参を食べやすいように小さくしてもらうのを、大人しく待っているシャトルがとても可愛かったです。

IMG_6567.jpg
僕、お兄さんが食べやすいように、小さくしてくれるのを待ちます

IMG_6573.jpg
美味し~い♪ありがとうお兄さん

シャトルも去勢後の傷も完治して、食欲も元に戻ったそうです。
シャトルはドトウと違い、放牧地の入口近くをウロウロするだけで、ほとんど動くことなく乾草を食べているか、佇んでいる事が多いようです。

IMG_6595.jpg
私が放牧地でのシャトルの写真を撮っている間は、乾草を食べたり、隣の当歳達の放牧地を眺めたりしていましたが、放牧地から人が誰も居なくなると厩舎に向かって嘶いていました。以外に寂しがりやのようです。(直ぐ隣には当歳がいるのですが・・・)

IMG_6611.jpg
IMG_6615.jpg
シャトルは、厩舎に戻る時に、時々ですが嫌々をするそうです。

IMG_6643.jpg
誰か来てくれないかな~




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1838

コメントする

このブログ記事について

このページは、rhaが2019年2月19日 21:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2019年1月30日」です。

次のブログ記事は「2019年3月7日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。