2014年5月28日

| コメント(1) | トラックバック(0)
本ページは引退馬協会からの発信です。写真等、自由に転載していただいてかまいません。


5月26日、岡山の養老牧場へと旅立つエスケープハッチをお見送りしたあと、せっかくなのでエリモシックに会いに本桐牧場さんへ足を延ばしました。

放牧地へ行くと、シックと相方のニシノフレイアさんはまどろみ中だったのか、なかなか気づいてくれません。

「シック~!!」と何度か呼ぶと、シックがのっそりとした足取りで近づいてきてくれました。

rha139_original_R.jpg

rha147_original_R.jpg
rha148_original_R.jpg
差し出したニンジンへの反応はよく、ゆっくり食べているとフレイアさんも遅れてやってきたので、フレイアさんにもニンジンをあげさせていただきました。(※その日の体調もあるので、必ず事務所で許可を得てください。)

2頭とも食べ方はとても上品です。

シックもフレイアさんもおっとりしていますが、ニンジンをもらうときにお互いの距離が接近しすぎるとフレイアさんがシックを威嚇します。病気療養中とのことで心配しておりましたが、フレイアさん、だいぶ元気になったようです。

rha150_original_R.jpg
フジノマッケンオーさんがいた放牧地のカラスの鳴き声に顔を上げてくれました


思い思いに水をのんだり、ニンジンを食べたりしながらしばし過ごしたのち、ゆっくりともとの位置へと戻っていきました。

rha153_original_R.jpg
似たような毛色のシック(左)とフレイアさん右)


シックの放牧地の外に植えられたツツジのうちの一株が見事に咲いていました。まだ蕾の多い他の株も咲いたら、さらに見事な風景になることでしょう。

rha142_original_R.jpg





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/611

コメント(1)

フレイアさんの回復、よかったです。
シックさんも元気そうですね。

二人の写真を見て、シックさんが繁殖牝馬だった頃の記事の中の文面を思い出しました。
「繁殖牝馬たちの集団の中にいても、シックは誰からもいじめられません。そしてシックは誰の事もいじめません。」
凛とした自分を持ちながら、仲間と穏やかに過ごしていたシックさん。そうだなぁ、昔からシックさんそうだったなぁ…そんな事を思いました♪

コメントする

2017FHカレンダー

予約受付中!
フォスターホースの
生き生きした表情を捉えました。


アーカイブ

最近のコメント

アイテム

  • rha148_original_R.jpg
  • rha147_original_R.jpg
  • rha153_original_R.jpg
  • rha139_original_R.jpg
  • rha149_original_R.jpg
  • rha150_original_R.jpg
  • rha142_original_R.jpg
  • HK20140430-4.jpg
  • HK20140430-3.jpg
  • HK20140430-2.jpg