2019年3月のおにくんだより

| コメント(0) | トラックバック(0)
厩舎みちくささんから、おにくんの近況報告が届きました。

おにくんは、今月も皆様のおかげでとっても元気です!今月もFP会員さんの訪問がありました、草原で優雅に過ごすおにくんの姿を喜んで頂けて良かったです。


01IMG_20190408_155509_original.jpg
ブヨが多い日はフライシートを着ました。
今年は虫が出るのがビックリするくらい早いです。

おにくんは怖がりだから新放牧場までの道程が大丈夫か、おにくんも連れて行ってもらえるか心配していたFPさんも多かったようですが、馴致を重ね、きちんと落ち着いて行き帰り出来るようになりました。

一度慣れてしまうと意外と物見はせず、新しい放牧場に行きたくて、今の放牧場の出入り口で"出待ち"及び「自分、今日も行きますんで」と"立候補"は欠かさずやっており、道中も自分から進んでぐんぐん前に歩いて行きます。

12image_original (1).jpg
先頭を走り、未開拓の場所を切り開くおにくん

11image_original (2).jpg
この先は一体!!とっても楽しそうなおにくん

最初におにくんを放した日はダンスと一緒だったのですが、ダンスは段々疲れて来るとスピードを落としたり速歩になったりと加減するのですが、おにくんは遊ぶ時は最後まで全力で遊びます。次の日にダンスは元気でしたがおにくんは若干疲れが残ってる様でした。それでも、あれだけ走り回ってもスッキリとして熱感も無い足元を見るとコンディションの良さを実感し嬉しく感じます。

09IMG_20190324_180509_original.jpg
動きの良さが一段と映えるおにくん(右)。おにくん・・・お尻(笑)何かすごいね!

10IMG_20190324_150149_original.jpg
ちなみにダンス(葦毛)は大きくお転婆ですが女の子です!
よく、セン馬と間違えられるのですがレディーです(笑)

そして、今月はおにくんの新たな一面を沢山発見する一ヶ月でもありました。

新しい放牧場に出たら、気の小さい馬は高速道路を隔てた一番厩舎に近い場所で遊んだり草を食べているのですが、何とおにくんは自分から先頭を走り、未開拓の場所をどんどん調査しに行きました。一瞬「え?おにくんの怖いの定義って一体・・・」と拍子抜けしましたが、おかげでダンスも自分からは行かない場所まで遊びに行けてとても楽しそうでした。

ちなみにダンスは一緒に遊び回っている最中、何回もカーブになると近回りをしながら「ここだ!」と言う場所に来ると目を三角にし、一気にぐんぐん完歩をのばしておにくんを追い越して先頭を走ります(笑)あー、負けず嫌いなんだな〜と感じると共に、ダンスがその戦法をやり慣れてる感が伝わってくるので可笑しかったです。

04IMG_20190407_141202_original.jpgのサムネール画像
また、とある日、ダンスと。こんなに広いのに同じ所を食べる不思議(笑)
一緒に食べると美味しいね!

おにくんが先にキューちゃんや他の馬と新放牧場に出て、後からおでこが来た時のこと。いつもキューちゃんをピッタリとエスコートしているおでこ、キューちゃんの隣にご機嫌で立つおにくんに「油断もすきも無いやつだ!」とプンプン怒り、おにくんを皆の群れからかなり遠くに追いやり怒っていました。
「あー、何かおにくん可哀相だなー、おにくんどうするかなー」と見ていたら、切り替えの早いおにくん、「いいよ、僕はチームアビ・アリに入りますから」とアビとアリダーの真ん中に入り、すっかりそのポジションで馴染んでいました。普通、後からそこに入る子は端っこじゃないのかなーとビックリしました(笑)

06IMG_20190406_155026_original.jpg
おでこに追いやられ、チームアビ・アリに加入してるおにくん(右から2頭目)

05IMG_20190406_155824_original.jpg
勿論、真ん中が、おにくんです!
ちゃっかりしてる!」って言われています(笑)

そして、まだある、おにくんの発見した新たな一面です。

ある日、一緒に行っていたメンバーに一頭、ポニーのテンがいました。テンはこの日は行く予定では無かったのですが、他の子が行く準備をしていたら「何が何でも俺も今日絶対行く!!」と準備している馬の間から無理やり割って出て来ます。テンは3月で28歳になったので、「最初からあんまり連日のように出ていると疲れちゃうんじゃないの」と私はそれが心配でした。(行った日はテンの寝る時間が早い)。
「わての心は3歳や!」とばかりにテンがアピールするので連れて行ったものの、最初は楽しんでいたけれど、この日は他にポニーがいません。段々「寂しポニー症候群」にかかったテンは皆の群れから離れ、高速道路を挟んだ厩舎に一番近い側の柵沿いを一人うろうろし始めました。

すると、おにくんは何度も走ってテンを迎えに行き、テンの横でさっと姿をひるがえして皆の方にダッシュ、テンをしきりに誘うのです。(普段からテンとサラブレッド達はこうして合わせ馬ごっこをしています。テンは走るのが早く、いつも先頭はテンです)。
テンがつれないうちはそれを何十回も、しかも全力で繰り返すおにくんの優しさに感動しました!でも、最後までそんなことをずっとやっていたので、おにくんはこの翌日まで疲れてぼーっとしていました(笑)

02IMG_20190408_075541_original.jpg
テンを気づかった翌日、朝飼い待ちのおにくん(笑)
おーい、大丈夫ですかー?
03IMG_20190408_075547_original.jpg
いつも、運動後や手入れ後、おにくんがさく癖を忘れてくれているうちは、なるべくさく癖防止ベルトを外しているのですが、この日は朝まで忘れてくれていたのでとても嬉しかったです。

08image_original.jpg
ディアに意地悪をされて戸惑うおにくん

そしてある時、みちくさで一番体は大きいけれどやっぱりチームポニーのディアが一緒に放牧に行った時、ディアもポニーがいなくて寂しがっていると「俺一緒にいるよ!」とディアの隣で草を食べてくれるおにくん、その前の日にディアに意地悪をされて角に追い詰められていたのに、おにくんって本当に優しいんだなーと感動しました!昔、チーム被災馬の中で空気のような存在で、とにかく他の馬との接触を嫌っていたおにくんが嘘のようです。

07IMG_20190406_144045_original.jpg
寂しがるディアと一緒に草を食べてあげるおにくん(手前)

そんな感じで今月はとても発見の多い一ヶ月でした。

※ちなみに新放牧場の放牧は1時間から初めて現在は3時間程度、少しづつ時間をのばしています。ポニーは太ってしまうのでかなり短い時間です。

東日本大震災を乗り越えた被災馬
おにくん、ハーモニィチトセチャン、コッチャンを支えて下さる
"被災馬FP会員"を募集しています。
(2019/4/15現在 44口 残口 21口)




預託料のバランスや、今後増えるかもしれない被災馬フォスターホースを考慮して
一頭ずつのフォスターペアレントの募集ではなく、3頭まとめての募集となります。
オンラインからのお申込み
変更依頼フォームでのお申込みが可能です。
たくさんの方に3頭を支えていただければ幸いです。

被災馬FP会員: 0.5口(月2000円)~
引退馬協会の新規会員になる方、賛同会員からFP会員になる方は
別途引退馬協会の会費が1000円(月)かかります。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1874

コメントする

アイテム

  • 10IMG_20190324_150149_original.jpg
  • 09IMG_20190324_180509_original.jpg
  • 12image_original (1).jpg
  • 11image_original (2).jpg
  • 08image_original.jpg
  • 01IMG_20190408_155509_original.jpg
  • 07IMG_20190406_144045_original.jpg
  • 05IMG_20190406_155824_original.jpg
  • 06IMG_20190406_155026_original.jpg
  • 04IMG_20190407_141202_original.jpg

アーカイブ