5月5日に北海道事務所のスタッフが訪問した時のレポートをお届けします。

日高山脈にはまだ雪が残っていますが、桜が咲き始め桜と雪のコントラストが見れ、とても綺麗です。
静内の二十間道路や、浦河の桜まつりが開催されていたようです。
伺った日はとても良い天気で、スタッフさんの中には半袖で作業されている方もいらっしゃいました。


3月31日に北海道事務所のスタッフが訪問した時のレポートをお届けします。

あちらこちらでフキノトウが出始め、春らしくなっていますが、北海道はここ数日、朝起きると外は雪で真っ白になっている事が続いています。春の雪なので、積もっても昼には融けてしまいます。ドトウとシャトルがいる日高町でも、寒い日が続いているそうです。訪問した日は2頭とも馬着を着ていました。
3月25日は、ドトウの23歳の誕生日です。

IMG_6499採用4.jpg
ドトウがフォスターホースになり、その直ぐ後にシャトルがフォスターホースになりました。そして2頭一緒に、ヴェルサイユファームさんに移動し、同じ日に去勢手術を行い、そして誕生日も2日違い。なにかと縁がある2頭ですが、ドトウとの出会いから、シャトルとの縁が繋がったように思います。
人間大好きなドトウ。可愛い性格は変わらずに、またこの1年を元気に過ごして欲しいです。
3月23日は、タイキシャトルの25歳の誕生日です。

採用縮小2.jpg
昨年11月にヴェルサイユファームさんに移動、今年の1月に去勢手術がありと環境の変化などがありましたが、ても元気に過ごしてくれています。
雄花栗毛という派手なルックスで、沢山のファンを魅了していましたが、今も変わらず沢山のファンの方が、シャトルの幸せを願ってくれています。
沢山の思いをお守りに、元気でまた1年過ごして欲しいです。





3月6日に北海道事務所のスタッフが訪問した時のレポートをお届けします。

伺った日は、曇りで風が冷たかったです。雪解けはかなり進み、放牧地では片隅に雪が残っている程度でした。
この時期、生まれたばかりの仔馬が母馬に寄り添っている姿を、色々な放牧地で見る事ができます。仔馬たちは寒さ対策で小さな馬着を着て、ちょこまかと動く姿が可愛らしいです。

IMG_7311.jpg

2月16日に北海道事務所のスタッフが訪問した時のレポートをお届けします。

伺った日はとても天気もよく、気温もプラス1度あり、とても暖かい日でした。前日まではとても厳しい寒さだった為、余計に暖かく感じたようです。日高地方の中では、雪も少ないようでした。
ヴェルサイユファームさんからメイショウドトウとタイキシャトルの近況報告が届きました。

皆様にご心配をお掛けいたしましたが、2頭とも術後の経過は順調のようです。

(画像はすべてヴェルサイユファーム提供です。)
新年最初のドトウ&シャトルだよりです!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今回は大事なご報告があります。

1月14日に、二頭の去勢手術を行いました。

高齢であることから、全身麻酔の心臓にかかる負担や、立ち上がるときのリスクを考え、立位での手術の経験が豊富な獣医さんに出張していただき、施術していただきました。

詳細は各馬の報告をご覧ください。

(画像は主にヴェルサイユファーム様提供のものです。)


ドトウ・シャトルだよりは、月に1回は取材スタッフが、1回はヴェルサイユファームからの情報をお伝えします!

今回は移動して約1ヶ月の2頭の近況を、ヴェルサイユファームからの情報でお届けします。2頭まとめてのご報告です。

12月11日に北海道事務所のスタッフが訪問した時のレポートをお届けします。

伺った日はとても寒く、気温マイナス15度でした。吐く息も白く、吐いた息もすぐに凍っていました。鼻から息を吸うと、鼻の中の水分が凍っているのが判る程です。日高では珍しく、雪が積もっていて綺麗な雪景色を見る事ができました。
牧場スタッフさんから大事にされて、寒い中でも2頭は元気に過ごしていました。