2015年10月アーカイブ

移動の日

| コメント(0) | トラックバック(0)
10月26日、10時少し前に本桐牧場さんの馬運車がトウショウ牧場さんに到着。オリオンのお迎えです。

この厩舎では最後の一頭になったオリオンでした。スタッフさんに曳かれ、いざ馬運車へ!

NDSC_0230R.JPG
NDSC_0234R.JPG

しかし、立ち止まり、一度だけ乗るのを拒否します。もうここへは戻れないことを感じ取っているのかもしれません。

NDSC_0236R.JPG

スタッフさんに促され、馬運車に乗りこむとすぐに扉が閉まりました。

別れを惜しむスタッフさんと、取材に来ていた北海道新聞と日高報知の記者の方たちに見守られ、馬運車が出発すると大きないななきが響き渡りました。

沼田代表とともに馬運車のあとを追って出発しました。


本桐牧場さんに到着し、馬運車を降りると、なんと3頭のヤギさんが出迎えてくれました。

NDSC_0241R.JPG

NDSC_0242R.JPG

ヤギたちは突然現れて馬を驚かせないようにという配慮で、ベルをつけているのでコロンコロンと音を立ててやってきます。

NDSC_0245R.JPG

ヤギさん軍団の熱烈な歓迎を受けるオリオンですが、「なんだ?こいつらは!」という表情を見せたものの、バタバタする様子はありませんでした。
偉かったですよ!オリオン。

NDSC_0250R.JPG

エリモシックの使っていた放牧地に向かうオリオンの後を追うヤギさん軍団。
なんとも微笑ましい姿です。

WDSC_0252R.JPG

エリモシックが使っていた放牧地へ入れてもらって、無口をはずすと新しい放牧地を確かめるように一気に走っていきました。



WDSC_0283R.JPG


NDSC_0268R.JPG

ひとしきり走って大汗をかいたオリオンは、何やら繁殖さんたちに気づいてしまいました。

WDSC_0277R.JPG

大喜びでいなないていましたよ!

WDSC_0294R.JPG

そうしたら4頭の美女軍団がオリオンに気づきそばまで近よって来てくれました。
「誰、誰?あのうるさい子?」とひそひそ言ってそうです。

さらに大喜びで騒ぐオリオンに、繫殖さんたちはもうひとつむこうの放牧地へと移動させられてしまったようです(笑)

オリオン、騒ぐのもほどほどにお願いします。




2017FHカレンダー

予約受付中!
フォスターホースの
生き生きした表情を捉えました。


アーカイブ