2018年2月15日

| コメント(0) | トラックバック(0)
このブログは本桐牧場さんの公式ホームページに2月14日に掲載された記事を転載させていただいています。 

今月に入って沢山の雪が降り、オリオンさんの放牧地は30cm近くの積雪を記録しました。
写真は6日の朝に撮影したもので、この日は2日間にかけて降り続いた雪が木々に積もり、幻想的な朝を迎えました。

1207.jpg
オリオンさんも、雪が積もった日はいつもの散歩コースと牧草ロールの周辺を歩きやすいように雪かきをしていました。

DSC_0015.jpg
しばらくすると小枝を口にくわえて、まるで煙草のように一服の休憩をとっていました。

DSC_0200.jpg
次はどんな仕草をしてくれるか楽しみです。

DSC_0192.jpg

連日、水道が凍結するほど寒い日が続いておりますが、朝は6時に元気に放牧地に向かい、夕方3時半に迎えに行くと喜びのダンスをしてれます。
今月は削蹄をしました。健康状態は良好です。
一日三回の飼い葉は残すことなく、綺麗に食べてくれております。
寒さに合わせて冬毛も伸び、フサフサの顔がより一層かわいく見えます。

DSC_0122.jpg
春まであともう少し。
一緒に過ごしているお母さん達の仔馬との出会いも待っています。
みんなの安産と日々の健康を見守ってくれているオリオンさんに感謝です。

DSC_0213.jpg
事務所の方を見つめて、会いに来てくれる人達を待っているオリオンさんでした。

<事務局より>
11日に北海道事務所のスタッフが本桐牧場さんへオリオンを訪問しました。
浦河のフォスターホース預託先もいくつかまわったのですが、例年になく雪が多く、中でも本桐さんが一番雪の量が多かったとのこと。 10日は一日中雪が降り続け、その日だけで二回も除雪したそうですが、除雪された雪で山ができていて、牧場の方々も驚いていらしたそうです。

牧場の方によると、オリオンは、「誰にでも扱い易い"お利口さんなオリオン"」。
放牧地では風を避けるように木の陰に佇んでいましたが、入っていくと駆け寄って来てくれて、人懐っこさは相変わらずでした。
 

トウショウオリオンを支えてくださる
FP会員さんを募集しています!
 引退馬協会の会員登録がない方のための入会案内はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1531

コメントする

2018FHカレンダー

申込受付中!
(10月下旬順次発送)
フォスターホースの
生き生きした表情を捉えました。


アーカイブ