2017年10月24日

| コメント(0) | トラックバック(0)
大変お待たせしました!
今回のしらさぎだよりは、10月22日の「フォスターホースと過ごす日」のレポートと併せて、会員のおかやまゆみこさんからの報告と、おかやま様、rosenkavalier様、うえだ様からの画像でお届けします。

*******************************************************

今回のフォスターホースと過ごす日は、台風21号の影響で交通網の乱れも予測されたため参加人数も少なく、取材で来られた記者の方を含む5名にて開催されました。
馬たちも外に出られず、フリートーク&馬房でニンジンをあげつつ触れ合う、というきわめてゆる~い集いとなりました。

上田様③中庭②.jpg

持参したお弁当やお菓子を食べながらの雑談から、話題は「引退馬をめぐるあれこれ」へ。
「過去のイベントでのアンケート結果」「引退馬関連のイベント」「競馬関係者の反応」「JRA、NARの動き」「引退馬のことをもっと知ってもらうには」などなど。
競馬への関わりが深い、競馬場の元場長さんやスポーツ紙の記者の方がおられたこともあり、沼田代表を囲んでかなり"濃い"話が次々と飛び出し、いろいろ勉強させていただきました。

おかやま様①.JPG
馬が生きるということは、そこに多くの人が関係し、それぞれの想いで動いているということ。
この「想い」にもいろいろあるわけで、生産、乗馬や競馬の関係者の温度差は高く、一般の乗馬愛好者、競馬ファンだって、引退馬についての意識はまちまち。
引退馬の余生を考えるといっても、なかなか足並みがそろわないのが現状のようです。

沼田代表のお話で印象的だったのが、「今、緊急に求められているのが、落ち着く先が決まるまでの馬のシェルター的な施設で、そういった場所がないため、すぐに移動になってしまう馬は少なくない」とのこと。
地域の活性化とも絡めて、空いている施設を引退馬のために使えるようになればよいのですが...。

と、熱く話している間に雨風はどんどん激しくなり、外に出られない馬や犬たちはとても退屈そう。

おかやま様③.JPGさて、フォスターホースはどうしているでしょう。

コアレスピューマ

馬房へ行くと、相変わらずの小柄でシュッとしたイケメンぶりで、お隣の大柄なアイリッシュホースのキャプテンネモと仲良く過ごしておりました。

おかやま様④.JPG
ピューマはニンジンをあげるとガンガン食べてくれ、とてもかわいらしい。
私がここでピューマに会うのは3~4回目になりますが、愛想がよくなったかな?
フォスターホースの自覚が出てきたのでしょうか。
青鹿毛の馬体が悪天候で薄暗い馬房に溶けて、忍者のような佇まいでした。(つまり、真っ黒で見づらい...)。

これぞまさしく「隠れ身の術」!!
RK②.jpg
ハリマブライト

ポニー厩舎でいつものようにまったりのんびりと過ごしていました。
しかしハリマちゃんもニンジンを持つ手には反応が超!速かったです。

もらうものをもらって、ウトウトするハリマ
RK①.jpg
「ハリマちゃん命」のジェニーはその隣でお食事中
上田様⑤ハリマとジェニー.jpg
シャモミちゃんが守り神のように高いところにとまっていました。
上田様④チャボと馬.jpg
あいにくの悪天候で馬たちとは長く触れ合うことができませんでしたが、いろいろな話ができ、とても充実した一日となりました。
イグレット滞在中、香取市の緊急防災メールが何度も届き、千葉県を走る電車が次々と止まっていくというちょっとサバイバルな状況に。
しかし、高速バスや都内の電車の運行は大事にいたらず、無事に帰宅することができました。
みなさん、ありがとうございました。

*******************************************************

悪天候の中、参加してくださったみなさま、ありがとうございました。

次回の「フォスターホースと過ごす日」は12月10日(日)に開催予定です。
みなさまのご参加をお待ちしております。



ハリマブライト、コアレスピューマの余生を支えてくださる

ォスターペアレント会員さん募集中!!

 
引退馬協会の会員登録がない方のための入会案内はこちら
既に引退馬協会会員の方は変更依頼フォームから
よろしくお願いいたします!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1455

コメントする

2018FHカレンダー

申込受付中!
(10月下旬順次発送)
フォスターホースの
生き生きした表情を捉えました。


アーカイブ

千葉のフォスターホース

いつまでも想い出の中に