2018年10月24日

| コメント(0) | トラックバック(0)
更新が遅れて申し訳ありません。

朝夕はすっかり冷え込むようになり、馬達には風の冷たい日は日中でも薄馬着を着せるようになりました。
雨が降って気温も低くなるような日は、少しの雨でも自由人放牧はせずにウォーキングマシンでの運動に切り替えています。冬毛もモコモコと伸びてきて、みな冬支度を始めています。

コアレスピューマ

いつもお世話になっているM獣医師が健康チェックに来られた時に、その2、3日前、7月にぶつけたのと同じ場所をぶつけて腫れていた目と全身を診ていただきました。

「先生、よろしくお願いします!」
101840619.jpg
ちょっと緊張の面持ち
101840618.jpg
目は、隣の馬房の馬と夜の間に喧嘩をしたか、(お隣さんはとても穏やかな性格なのですが、気の強いピューマがケンカを売るとやり返します。)、馬房で寝ている間にどこかにぶつけたのかもしれません。ちゃんと見えており、心配はないということでした。

また、身体を触診していただいたところ、胸前の筋肉を左右比べると右のほうが明らかに筋肉の量が少なく、恐らく現役時代に筋断裂を起こしたのではないかとのことでした。
トクちゃんによると、始めの頃は運動する際に最初の一歩がぎこちない感じがしていたそうです。
先生のお話では、断裂してなくなった筋肉を他の筋肉で補っている為、横運動は苦手かもしれないとのことでしたが、前へ進む運動には問題はなく、食欲もあり、いたって健康とお墨付きをいただきました。
診ていただいている間も、強いところを見せようと壁を蹴ったりして、自己主張をしていたそうです。

101840617.jpg
こちらは日曜日にIさんが乗ってくださった時の画像です。Iさんは、「人間の指示に対して素直。乗っていてとても楽しい!」とたくさん褒めてくださいました!

102140691.jpg
102140692.jpg

ハリマブライト

まずは13日にトクちゃんが撮影した動画から。
ハリマ、ぴりか、ジェニーに続いて引き手をつけたまま走ってくるぽっくるくん。
自由人放牧の時に、入ってはいけない放牧地へ行ってしまい、沼田(拓)チーフに怒られて戻ってきた時の様子です。


ハリマもM先生に触診をしていただきました。
以前から気になっていた腰のあたりを触られた時に「痛っ!」という反応があり、左後肢をあげようとすると支えきれずに下ろしてしまうので、股関節に炎症を起こしているかもしれないとのことでした。
原因としては、放牧中にひねってしまったことなども考えられますが、23歳という年齢もあり、先生と相談して、関節の動きを柔らかくするペントサンを筋肉注射で投与することになりました。
毎週1回(水曜日)、先週から始めて1カ月間続け、来月からは投与する量を減らしていく予定です。

とても23歳には見えませんが・・・
101740567.jpg
確かに貫禄は出てきているかも
101740568.jpg
ビデオでは先頭を切って走ってくる姿は元気いっぱい、食欲もあり、他は問題ないので、健康維持の運動は続けていくようにとのことでした。

最後は届いたばかりの今日のハリマです。
汚くなってしまったので、泥を乾かす間、外で晩ご飯となりました。

102440819.jpg

ハリマブライト・コアレスピューマの余生を支えてくださる
ォスターペアレント会員さん募集中!!
2018/10/20現在
 ハリマブライト 38.5口 残26.5口
コアレスピューマ 25口 残40口

 
引退馬協会の会員登録がない方のための入会案内はこちら
既に引退馬協会会員の方は変更依頼フォームから
よろしくお願いいたします!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1779

コメントする

アーカイブ

千葉のフォスターホース

いつまでも想い出の中に