2010年10月5日

随分、日が短くなりました。

朝晩はとても冷え込むので、夜間は馬房ごとの裏戸を閉めるようになりました。9月下旬には早朝の外気温が5℃とか3℃にまで下がった日もありました。

日中は晴れると、空が青く高く見えて、すがすがしいです。トンボもたくさん飛んでいます。

一日中雨が降って、全馬を舎飼いした日が2日ほどありました。

 

ナイスネイチャ

1日に神奈川から訪れたお二人が人参をあげていたら、ボールに、あと一切れだけ残して、突然クルッと向きを変えて行ってしまいました。

「おや?ネイチャは人参やめたの?」と、タバコをやめたみたいな感覚でおっしゃるので面白かったです(笑) でも、その後、やっぱり人参はやめてないです(笑)

夕方の集牧の時、放牧地から出た瞬間、ナイスは少しはしゃぎたくなる時がありますが(笑)、「ナーイス~」と穏やかに声をかけると、すぐに落ち着いておとなしく歩いてくれます。かわいいですね。(笑) 訪れる会員さんも、「昔よりずっとおとなしくなった」と、おっしゃる方が多いです。

朝は放牧前に、ウォーキングマシーンで歩いています。

4日が一日中雨でしたので、5日は全身、顔までも見事に泥だらけになっていました(笑)

10月に入っても、会員さん、一般の見学の方々と、ちょくちょくおみえになっています。
 

セントミサイル

ミサイルは、ここのところずっと、奥の川側(羊が見える方)の放牧地で定着しています。夕方、日が暮れるのが早くなったので、人が迎えに来るのをソワソワしながら待っています。

途中の道が、雨の後の足跡や車輪の跡で固まったりしていて、かなりデコボコしています。途中に何ヵ所か水たまりもあって、結構歩きにくい道のりです。そんな道中、ミサイルは度々蹴躓(けつまづ)くのです。ミサイル自身も、それについては気にしているようです(笑) 自分で歩きやすそうな、淵っこの草の生えたところに寄って歩いたりしています。

5日の夕方は、西の空の夕焼けが東の空にも反射してピンクに見えたのが怖かったのか?途中、びくついて止まりかけながら歩いていると、突然びっくりしたらしく、バンッと両前脚を大股開きにして勢いよく蹄が着地しました。ギリギリ私が踏まれるところでした(笑)

普段は落ち着いて歩くので、あんなにびくびくするミサイルは珍しいことでした。

 

ウラカワミユキ

今春、次男が家を出た後は、夕方の馬入れ作業は、小学生の娘2人が大いに役立つようになりました。ミユキとコーセイとでは...コーセイは早歩きするので姉が持ち、全く危なげのないミユキを妹が持って、馬房まで連れて行ってくれます。2頭は仲良しなので、同時に帰るようにしています。

23日に北海道事務局のHさんご夫妻が来られて、FHたちの写真を撮って行かれました。その時に、ハッと気付いたのですが、ミユキの体に銭型斑が!確かに浮き出ているのです。銭型斑は健康状態が特に良好だという印みたいなものです。
この年になって...、随分痩せたなぁと思っていたのに...これはとても嬉しいことでした!

Hさんに「これは一夜にして突然現れるものなんですか?」と訊かれ、自分でも「うーん...」と考えました。多分、そういうものでもないのでしょうが、気付く時というのは、ある時、突然気づくものなので...見る角度、光の加減なんかでも、見えやすかったり、見えにくかったり...。

ミユキにいつから出ていたのかは定かではありませんが、ある程度濃くなると気付くのだと思います(笑)

28日は雨で一日皆が舎飼いになりました。翌朝は風が強かったせいもあり、放牧の時にはミユキ、コーセイ、コユキ1才と、ぶっ飛んで(笑)走って行きました。お年寄りと思えない勢いでした。途中、コーセイがコユキ1才を抜かしたのを見て、娘がびっくりしていたので「コーセイは中山記念勝ち馬だよ~」と教えました(笑)

ミユキもコーセイと一緒に向こう端で右に左にと交差しながら元気に走り回っていました。

アーカイブ

アイテム

  • IMG_8179.JPG
  • IMG_8164.JPG
  • IMG_7705.JPG
  • IMG_7691.JPG
  • IMG_7685.JPG
  • IMG_8898.JPG
  • IMG_8890.JPG
  • IMG_8449.JPG
  • IMG_7915.JPG
  • IMG_9384.jpg