2011年11月5日

| コメント(3)
*試験的にコメントを受け付る設定にしています。

今秋の紅葉は、いつもより長く楽しめています。始まりが早かったので、終わりも早いのかと思っていたら、振り返ってみると10月下旬が一番綺麗でした。ピークは過ぎましたが、今もまだ近くの山々に紅葉が見られます。
 
寒い日もありましたが、穏やかな日が多く、晴れも数日続いたり、過ごしやすい日々です。
晴れた日には、まだ赤トンボが見られました。

この時季特有の牡鹿の鳴き声がよく聞こえます。

ナイスネイチャ
 
9月~10月によっぽど雨が多かったせいか、まだ地面はぬかるんでいる所があります。ナイスネイチャは、毎日のように泥を塗っていますが、左目の周りに泥をつけることが多く、今日は左目だけパンダになっていました。(笑)
 
28日には、現役競走馬時代の主戦騎手、松永昌博氏が会いに来て下さいました。放牧地の中に入ると、50mくらい離れた所にいたネイチャは、すごい勢いで走り寄ってきました。
泥をはねられるのではないかと、ヒヤヒヤしました。(笑)

「元気なのが一番いい」と撫でて下さいました。いつまでも忘れないで会いに来ていただけて、ネイチャは本当に幸せ者です。

 
セントミサイル
 
3日に会員さんご夫婦がお越しになりました。メテとヘイローにバケツに入れた人参を食べさせている間に、ミサイルと一緒の写真を撮ったりしていました。何度もお越しになっているご夫婦で、最初の頃、奥様は馬と触れ合うのは不慣れのようでしたが、今はかなり馴染んでこられたなぁと感じました。

「ミサイルは、左目は少し白いところが入っていて怖い感じがするんですが、右目はとてもかわいいんですよ」と話すと、なるほど~という感じで間近で見ておられました。ミサイルは人参を食べながら、目を細めて、とても穏やかな表情でした。
 
ミサイルはメテとは仲良しですが、ヘイローとも折り合いはついてきています。時々、ブィーン!という威嚇しあう声が聞こえますが、やっぱり順位としては、ミサイルがボスで、次いでメテ、年下のヘイローは一歩下がっている感じです。

 
ウラカワミユキ
 
日中晴れて暖かい日には、馬服を着せないで放牧していましたが、寒い日には、コーセイと共に薄手の馬服を着せて放牧しています。

暑くなくなってからは、朝、コーセイが行く気満々になったため、2頭揃って走って向こう端まで行く日が多いです。
馬服を着ていると走りにくいかな?と思うのですが、そんな素振りもなく、2頭ともかなり一生懸命走って行く日もあります。

こちらでは、向こうに辿り着くまで後ろ姿を見守ります。ミユキとコーセイは、向こう端まで辿り着くと、いつも大きく円を描いて駆け回り、やがて落ち着いて草を食べ始めます。
 
ボロ(馬糞)も、なかなか良い状態ですし、お陰様で元気です。

コメント(3)

ミユキもまだまだ元気そうでうれしいです。コユキのこ、ケイウンネイチャーが園田で元気に走っているのを見かけ、コーセイと3頭で放牧されてたのを思いだし、不思議な、うれしい気持ちになりました。


 

今ごろ、申し訳ありません。

ミユキの孫のケイウンネイチャー
なかなか勝てそうで勝てないでいますね。
気にかけていただきまして
どうもありがとうございます。

コメントする

アーカイブ

最近のコメント

アイテム

  • IMG_8179.JPG
  • IMG_8164.JPG
  • IMG_7705.JPG
  • IMG_7691.JPG
  • IMG_7685.JPG
  • IMG_8898.JPG
  • IMG_8890.JPG
  • IMG_8449.JPG
  • IMG_7915.JPG
  • IMG_9384.jpg