2012年12月5日

| コメント(2) | トラックバック(0)
青空の日には、日高山脈が真っ白に綺麗に見えます。

秋以降、雨が多かったですが、この頃は暴風が加わり、時には吹雪模様になったり、荒れた天気の日が多い印象です。
 
11月27日には、浦河の最大瞬間風速が39.5mにもなったそうで、うちだけではなく、あちこちで屋根がはがれていたり、大きな看板が傾いていたり等の被害が見られました。

うちは、本厩舎の2階の窓ガラスが2枚割れて、驚くほど離れたところまで破片が飛んでいたり、単馬房の屋根が一部飛ばされたり、D型車庫の壁が2m四方弱くらい抜け落ちてしまったり...と。

過去にも40mの暴風の時は何かしら壊れたので、やっぱりこの位の風だと被害が出るなぁと思いました。それでも、生き物に被害がなく、壊れたものは少しずつ修理すれば直ることなので、よかったです。
 
12月1日は、薄く雪景色になりました。草が所々見える程度の薄さです。この程度の雪で、太陽も出ていたのに、翌日も雪は解けずに残ったくらい、気温が低かったです。
 

ナイスネイチャ・セントミサイル
 
前回の報告時より引き続き、奥の広い放牧地と出入り自由な状態にしてあります。3頭とも馬生経験が豊富な年齢のはずなのに、出不精なのか小心者なのか、いつもの近くの放牧地に留まったまま、奥に入ろうとしませんでした。
 
仕方ないなぁと思っていたら12月2日に、ナイスが1頭だけ入って、悠々と草を食べている場面に遭遇しました。写真は、その時のものです。お隣の牧場の、とねっこたちにご挨拶もしていました。(笑)


IMG_2597ナイス.JPG
IMG_2600ナイス.JPG
IMG_2602ナイス.JPG
IMG_2604ナイス.JPG



 
その頃、ミサイルは、メテと厩舎から近いところで草を食べていたのですが、そんなナイスに気付いて、2つの放牧地の連結部近くまで行きました。

IMG_2588左メテ右ミサ①.JPG

IMG_2589ミサイル②.JPG

IMG_2594③.JPG


でも、その先に踏み出す勇気が出なかったようで、その近辺で草を食べていました。
ちなみに、メテは厩舎が近くに見えないと心細いのか、奥の放牧地は眼中にない様子でした。
 
IMG_2598④.JPG

ウラカワミユキ
 
朝は、放牧地の草地がしばれてガチガチだと走りにくいので、スピードを落として駆けて行く日が多くなりました。
 
11月30日のお昼前に、コーセイが歯の治療を受けるため、2頭だけ先に集牧しました。治療を受ける「枠場」が離れの小さい厩舎(6頭用)の横にあるので、ミユキもそちらの馬房に連れて行き、裏戸から治療中のコーセイが見えるようにしました。コーセイの姿が見えても、変わったところに連れて行かれると落ち着かないとは解っていましたが

やっぱり、馬房の中で向こう側を向いたり、こっち側を向いたり、人参にはほとんど見向きもせずに、いくらか騒いでいました。でも、コーセイが見えている分、ひどい騒ぎ方ではありませんでした。
 
ミユキの写真は、12月1日に撮ったものです。

IMG_2553.JPG
IMG_2557.JPG
IMG_2549.JPG
IMG_2563.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/327

コメント(2)

関西でも今年初めて雪がふりました。(寝ている間ですが…)北海道は寒そうですね~!お馬さんの脚の裏が冷たそうです。雪にうもれて草を食べるのが大変そうですね。
ミユキとコーセイとても仲良しなんですね!いつも一緒にいるし…馬にも相性があるんですね♪

sararaさん、今冬はどこも寒さが厳しいのですね。
風が強いと特に寒さが増しますね。
馬の相性は、とてもあると思います。
ミユキは優しいコーセイに、いつも立ててもらえます。
とても素晴らしい相棒です。

コメントする

アーカイブ

最近のコメント

アイテム

  • IMG_8179.JPG
  • IMG_8164.JPG
  • IMG_7705.JPG
  • IMG_7691.JPG
  • IMG_7685.JPG
  • IMG_8898.JPG
  • IMG_8890.JPG
  • IMG_8449.JPG
  • IMG_7915.JPG
  • IMG_9384.jpg