2016年1月20日

| コメント(0) | トラックバック(0)
マザートウショウのFP(里親)会員募集中です!

 FP会員:0.5口(月2,000円)~   
※引退馬協会の新規会員になる方、賛同会員からFP会員になる方は、 
別途引退馬協会の会費が月1,000円かかります。 
詳細はこちらをご覧ください。
マザートウショウについてはこちら
たくさんの方にFPさんになっていただければ幸いです。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

昨年12月が暖かかっただけに、1月は寒さが厳しくなった印象です。それでも、今のところ、気温が一番下がった朝で17日のマイナス12.5℃でしたので、やはり今冬は例年よりも暖かいようです。また、穏やかな日が多かったです。
 
14日のお昼に浦河沖を震源とする地震があり、この辺りは震度5弱でした。馬たちは驚いた様子でしたが、しばらくすると落ち着き、被害はありませんでした。
 
また、18日の夜間には、発達した低気圧の影響で風雪が強まった時間がありましたが、この辺りは大した雪の量ではありませんでした。積雪は吹きだまってムラがあり、数cmのところもあれば、20cm前後のところもあります。19日朝は次第に雪が止んで、風も穏やかになり、いつもより遅れましたが、放牧ができました。

【ナイスネイチャ・セントミサイル】
 
朝、3頭の中でミサイルを一番に出すと、ミサイルは次のメテを出入り口で待ち構えます。メテは出るのを躊躇して、引っ張っても動かなくて、時間がかかるようになりました。メテはミサイルが怖いというわけではないのですが・・・なので、最初にメテを出してからミサイルを出すようにしたら、スムーズになりました。
 
⑦20160117_47ぬるま湯を美味しそうに飲むミサイル.JPG
ぬるま湯を美味しそうに飲むミサイル

ミサイルとメテと、2頭で先に牧草ロールの乾草を食べに行ってしまっていることもありましたが、このごろは、2頭揃ってナイスネイチャのことを待つようになりました。この場合は、私が片手を大きく振りまわして「ほら、あっち行ってあっち行って」と、2頭を少し追いやって、ナイスを出します。ナイスはちゃんと出てくれます。
 
⑧20160117_90ぬるま湯を美味しそうに飲むナイス.JPG
ぬるま湯を美味しそうに飲むナイス
 
ある日には、ミサイルとメテが2頭で先に向こうの方に行っていたので、最後にナイスを出しやすいなと思ったら引き戸を開けてナイスを出す、ほんの数秒の間にドーッと2頭は走り寄って来て、立ち上がったり馬服を噛もうとしたり、ナイスに群がってしまうのでした。
 
①20160117_15左からメテ・ミサイル・ナイス.JPG
左からメテ ミサイル ナイス

②20160117_80左ミサイル・右ナイス.JPG
左からミサイル ナイス

③20160117_82ナイスを追うミサイル.JPG
ナイスを追うミサイル 

昨年は朝の放牧直後に、3頭とも大人しい時期があって、当時は「3頭とも年を取ったんだなぁ」と思っていましたが
このごろはまた、何の加減か大騒ぎしています。
ミサイルとメテが、若い牡馬同士がやるみたいに、向き合って立ち上がります。
ある時には、2頭ともが地面とほぼ垂直になるくらいに2本脚で立ち上がったので、見ていて、とてもハラハラしました。
 
④20160117_60左メテ・右ミサイル.JPG
左からメテ ミサイル

⑤20160117_76ナイスにかぶりつくミサイル.JPG
ナイスにかぶりつくミサイル

⑥20160117_85影くっきりナイス・奥はミサイル.JPG
影くっきりのナイスと奥にミサイル

 
1月16日夕方、厩舎に帰ると、ナイスネイチャの馬房にエゾタヌキが寝ていました。ナイスネイチャは落ち着いて、でも不思議そうに見ていました。
その後、ナイスがゴロンゴロンして、タヌキが潰れていないか、ドキッとしましたが、大丈夫でした。
私は27年以上ここに住んでいますが、生きたタヌキを見たのは2年ほど前が初めてで、厩舎に入り込んできたのは、この度が初めてです。普段、滅多に見かけません。
 
⑨DSC_0187ナイスとタヌキ.JPG
ナイスと飼い桶の下のタヌキ


⑩DSC_0188神妙な面持ちのナイスとタヌキ.JPG
神妙な面持ちのナイスとタヌキ




【ウラカワミユキ】
 
このごろ、配合飼料をよく食べてくれます。外の青草がなくなったので、お腹がすくのかもしれません。獣医さんに勧められた「ひまわり油」も、始めた当初の2年位前は1日に50ccくらいがやっとだったのですが、今は目標の1日に300ccを飼料に混ぜて食べてくれています。(150cc×2回)
 
今冬は雪が無い期間が長かったですし、現在もわずかな積雪なので歩きやすく、毎日午前中は放牧地の向こう端まで、春風ヒューマと一緒にゆっくり歩いて行きます。
 
⑪20160115_37雪の朝の放牧直後、ミユキ.JPG
雪の朝の放牧後のミユキ


⑫20160115_38雪の朝の放牧直後、春風の後ろを歩くミユキ.JPG
雪の朝の放牧直後春風の後ろを歩くミユキ

⑬20160116_01晴れた朝の放牧直後、右ミユキ・左春風ヒューマ.JPG
晴れた日の放牧直後 左から春風ヒューマ ミユキ


 
青草が無くなりましたし、またお昼に春風ヒューマにつきあってもらって、馬房で飼い葉を食べさせています。14日の地震の時は、ちょうどミユキと春風ヒューマと2頭だけ馬房に入れたところでした。揺れている間は、ミユキも春風ヒューマも、驚いてバタバタッとしましたが、間もなく落ち着きました。
 
⑭20160117_23ミユキ.JPG
⑮20160117_96ミユキ.JPG

 
 
【マザートウショウ】
 
お天気の都合で放牧時間が遅れたある日、キララはもちろん毎日のように馬房を飛び出しますが、マザーがキララ以上の勢いで飛び出した日がありました。
すごい勢いでしたが、グッと力を入れて抑えると、大人なマザーには伝わるようでした。
 

⑯20160116_02朝の放牧直後、左キララ・右マザー.JPG
朝の放牧直後、左からキララ マザートウショウ

 
犬のシロちゃんと散歩に行く時、普段はキララとマザーの放牧地沿いの通路は、あまり通らないのですが、たまたま通った時に、マザーが積極的に興味津々で寄って来ました。けっこう勢いよく寄って来たので、こちらが犬を引いて下がりました。(笑)
 
⑰20160120_01犬に向かって寄って来るマザー.JPG
シロちゃんに向かってくるマザー

⑱20160120_14犬を見つめるマザー.JPG
シロちゃんを見つめるマザー

 
放牧地では、牧草ロールの乾草を食べている姿も見ますが、雪を掘って地面から生えている草も食べています。

⑲20160117_38雪を掘って草を食べるマザー.JPG

 雪を掘って草を食べるマザー

⑳20160117_40雪を掘って草を食べるマザー.JPG
 
マザーは歯の状態が良くないので、切り草をもっと細かくできるように検討中です。マザーはミユキよりも短期間で、ひまわり油を1日300cc混ぜて食べることができるようになりました。




セイントネイチャー、プリティプリン、キタノダイマジンの3頭は、引退馬ネットのサポートホースです。

会員募集中
春風ことトウショウヒューマは、引退馬ネットのサポートホースです。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/985

コメントする

アーカイブ

アイテム

  • IMG_8179.JPG
  • IMG_8164.JPG
  • IMG_7705.JPG
  • IMG_7691.JPG
  • IMG_7685.JPG
  • IMG_8898.JPG
  • IMG_8890.JPG
  • IMG_8449.JPG
  • IMG_7915.JPG
  • IMG_9384.jpg