2017年2月5日

| コメント(2) | トラックバック(0)
マザートウショウのFP(里親)会員募集中です!

 FP会員:0.5口(月2,000円)~   
※引退馬協会の新規会員になる方、賛同会員からFP会員になる方は、 
別途引退馬協会の会費が月1,000円かかります。 
詳細はこちらをご覧ください。
マザートウショウについてはこちら
たくさんの方にFPさんになっていただければ幸いです。
  ◆ ◇ ◆


近況報告
 
昨年末から1月終わり近くまで、ほぼ1ヶ月間、穏やかな日々で、青空がきれいな日が多かったです。1月24、25日の早朝は、マイナス16℃にまで下がりましたが穏やかでした。
 
1月27日は午後から雨になり、翌朝放牧地がスケートリンクにならないか心配しましたが、途中で僅かでしたが雪に変わりました。翌28日は大荒れで地吹雪模様になりましたが放牧はできました。この辺りから、風の強い日が度々あります。
 
その後も雪が少し降り、現在の積雪は10cm前後で、あまり変わらない状態です。

【ナイスネイチャ】
 
2月5日は、フォスターホースカレンダー用の写真を撮りに、北海道事務局のお方が来られました。この日は、晴れ時々曇りで風は少なく、日中の気温もプラスでしたので、首カバーを外して撮影していただきました。
 
01 かわいい表情のナイスネイチャ 2月4日.jpg
かわいい表情のナイスネイチャ 2月4日
 
ミサイルのところに書きますが、ミサイルが脚が痛くなり、5日から急遽、舎飼いになりましたので、ナイスネイチャとメテは寂しいのか気になるのか、放牧地の出入り口近くばかりにいました。

2017020502.jpg
  父子お揃いの馬服で(手前ナイスネイチャ、奥セイントネイチャー)2月4日
 
それで、ナイスネイチャに無口を着けて、ポケットに人参片を沢山入れて、食べさせながら誘い、150m位向こうまで連れて行き、そこで無口を外すと、メテがいる出入り口付近に駆け戻って行きました。その走っているところを撮っていただきました。(採用されるかはわかりませんが。)
 
03 人参を食べながら奥の方へ誘われるナイスネイチャ 2月5日.jpg
 人参を食べながら奥の方へ誘われるナイスネイチャ 2月5日
 
1回目は曇っていたので、1時間後に晴れ間が出てから再度同じことをしました。2回目は、調子に乗って人参を食べさせすぎたので、口の中に沢山頬張ったまま走らせると喉つまりでもしたらいけないと思い、150m先で、すぐに無口を外さないで、しばらくモグモグムシャムシャゴックンとするのを待っていました。(笑)
 
04 口の中の人参を食べてしまうのを待ちました.jpg
 口の中の人参を食べてしまうのを待ちました
 
無口を外した時の私の立ち位置が、ナイスネイチャの進路を阻む位置でしたので、その瞬間、「しまった、危ないかな?」と感じましたが、同時に「ナイスなら大丈夫だろう」と思い、次の瞬間、ナイスは上手く私をかわして走って行ってくれました。
 
05 ナイスネイチャは上手くクルッと回ってくれました.jpg
 ナイスネイチャは上手くクルッと回ってくれました

06 ナイスネイチャ、さぁダッシュ!.jpg
ナイスネイチャ、さぁダッシュ!

07 2回目は要領を得ていたかのようなナイスネイチャ.jpg
 2回目は要領を得ていたかのようなナイスネイチャ
 
いつもの放牧地内でのことですし、興奮することも無く、軽く駆けて戻り、息が切れることもありませんでした。「人参くれるなら、3回目も行くけど?」という風に見えました。

2017020508.jpg
メテの元へ走って戻るナイスネイチャ。左はセイントネイチャー

 
【セントミサイル】
 
2月4日の夜飼いの時に、馬房の中でのミサイルの右後ろ脚の動きが悪いことに牧場長が気づきました。「馬房の中で寝違えでもしたのだろうか?」と。
 
09 ナイスネイチャ(左)にじゃれるミサイル(右)2月4日.jpg
ナイスネイチャ(左)にじゃれるミサイル(右)2月4日
 
でも、思い返すと、4日の夕方、放牧地から連れて来て馬房に入れた時、ミサイルの脚がいつになく牧草に絡まりそうで、「牧草の質が悪いのかなぁ?」と思ったのを思い出しました。(ミユキのような足元のおぼつかない馬には足さばきの良い麦ワラを使っていますが、ミサイルの馬房には牧草を敷いていました。)

2017020510.jpg
メテ(左)と水桶吊りの棒を咥えて遊ぶミサイル(右)とそれを見つめるナイスネイチャ(中)
 
もちろん、牧草が絡まって脚を痛めた訳ではありません・・・ということは、馬房に帰った時には既に脚を痛めていて、牧草を跨ぐだけ上げられなかったということが考えられます。それ以前に、放牧地で痛めたのでしょう。
 
11 舎飼いでつまらなさそうなミサイル 2月5日.jpg
舎飼いでつまらなさそうなミサイル 2月5日
 
5日朝、厩舎の廊下を歩かせると右後ろ脚が跛行しているのがわかりました。少し小走りさせると、跛行は大きく顕著にわかるものでした。
 
12 舎飼い中のミサイル.jpg
 舎飼い中のミサイル
 
2年半位前に左股関節を痛めて、しっかり良くなるまでに2ヶ月ほどかかりました。当時の牧場だよりを読み返し、忘れていた細かい記憶がよみがえり、大変参考になりました。
 
13 舎飼い中のセントミサイル.jpg
舎飼い中のセントミサイル
 
今回はどうなるかわかりませんが、7日に専門の獣医さんが浦河方面に来られる日なので、診療をお願いしました。
 
14 裏戸の方を向いてゆらゆら熊癖.jpg
裏戸の方を向いてゆらゆら熊癖
 
ミサイルは日中、馬房の中で、つまらなさそうに、裏戸方向を向いて熊癖(ゆうへき)したりしています。


【追記 2月7日夜】
 
ご心配をおかけしていて、申し訳ございません。
 
今日、獣医さんの診察を受けたところ、右の股関節の辺りを痛めたことがわかり、治療して下さいました。この辺りを痛めるのは、寝起きの時や、季節的に滑って股が開いてしまった時に痛めやすいとのことです。
 
放牧地のほとんどは雪で覆われていて、滑るとしたら出入り口付近くらいで、滑る時は砂を撒いています。ただ、ミサイルのいつもの「はしゃぎ方」を思うと、どちらも考え得ると思いました。
滑る所は今後も気を付けて行きます。
しばらくは、小さい丸馬場で運動制限します。
また、1週間後に診察していただきます。


 
【ウラカワミユキ】
 
前回のご報告では、大変ご心配をおかけして、申し訳ありませんでした。
 
お陰様で、その後も、ミユキは感染症を起こすことなく、食欲もいつもと変わらず、とても順調に良くなってきています。抗生物質の代用になるかと思って、朝夕、お湯に溶いてポンプで飲ませている薬も、嫌がることなく、むしろミユキは美味しそうに飲んでくれています。
 
15 ウラカワミユキ 2月5日.jpg
ウラカワミユキ 2月5日
 
また、右目の角膜潰瘍の痕で、中央の白くなった部分は残っていて、これは、もうこのままかもしれないとのことです。それでも、見えているようで、普段通りの生活ができて本当に良かったです。
 
16 カメラに注目してくれるミユキ.jpg
カメラに注目してくれるミユキ

現在も、夜間はブリンカー付きのメンコを着けています。
 
17 右目も綺麗なウラカワミユキ.jpg
 右目も綺麗なウラカワミユキ
 
5日にカレンダー撮影をする時は、事務局のお方のご配慮で朝は首カバーを着けておいて、気温が上がって来てから首カバーを外し、撮って下さいました。撮影後は、少し風も出てきたので、また首カバーを着けました。
 
18 人参をもらえるのを楽しみに寄って来るミユキ.jpg
人参をもらえるのを楽しみに寄って来るミユキ
 
牧草カゴの草を食んで、なかなか動かない時には、人参スライスをあげると喜んで食べて、人参に釣られて場所を移動してくれました。(笑)
2017020519.jpg
 土を舐めるミユキ(土は舐めてもよいそうで、砂はダメだそうです)
 
朝、放牧時には、マザーたちのグループを放した後、ミユキも一緒になって軽く走っていたそうです。
 
 

【マザートウショウ】
 
1月25日にマザーのグループの若い牝馬1頭が乗馬のお仕事に旅立ち、放牧地ではマザーを含めて4頭となりました。
 
20 マザートウショウ 2月5日.jpg
20 マザートウショウ 2月5日
 
朝、放牧の順番が遅く、また、放牧仲間のキララとゲッケイジュが先に出た後になるので、焦って走り出すこともあります。1月に仲間になったばかりのバイラーと、朝は2頭曳きもできるようになりました。
 
21 マザー(左)とバイラー(右)と一緒に放牧地へ.jpg
 マザー(左)とバイラー(右)と一緒に放牧地へ
 
夕方、厩舎に帰る時は、やはりキララとゲッケイジュが先に帰ると、マザーが残ったバイラーを追いかけ回して、うっ憤を晴らすことがありました。できるだけ、この2頭だけ残さないようにしています。

IMG_9800.jpg
  放牧され仲間の元へ向かうマザー
 
マザーは人間の語りかけには、よく耳を傾けてくれます。でも、馬には相手によってきつい面があります。こういうタイプの馬は多いと思います。
 
23 元気なマザー、右奥はミユキ.jpg
元気なマザー、右奥はミユキ
 
ちなみに、反対に人間にはきつく、友馬には優しいという馬もいます。
 
24 力強いマザー.jpg
力強いマザー
 
事務局のお方が写真を撮ろうと、よく観察しておられました。マザーは、二番牧草を噛み出して雪にまみれ濡れた草を、前脚で掻き出して、また口の中に入れ、今度は少しずつ、口でほぐして飲みこんでいったそうです。全部そうできるわけではなく、噛み出したままの草も沢山落ちていますが、そうやってマザーなりに工夫して少しずつでも飲みこんでいるようでした。賢いですね。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1295

コメント(2)

こんばんは〜♪お世話になりますm(_ _)mミサイル大変な事にならなくて良かったです(灬˘╰╯˘灬)♥。・゚いつもブログやフェイスブックで馬たちの様子を見れてとても嬉しいですっ!!どうか皆んなまた会える日まで元気でいて下さいね╰(✿´⌣`✿)╯♡

田中美恵子さん、こんばんは~
いつも、返信が遅くて申し訳ありません。

ミサイルは大事に至らなくて本当に良かったです。
今はまだ丸馬場で我慢してもらっています。

その代わり、仲間のナイスネイチャとメテさんを近いところに放牧できるよう
セイントとヒカルのグループと
放牧地を入れ替えました。

いつも温かく見守って下さり、ありがとうございます!

コメントする

2017FHカレンダー

予約受付中!
フォスターホースの
生き生きした表情を捉えました。


アイテム

  • 2017022003.jpg
  • 24 マザーとゲッケイジュ(右奥).jpg
  • 23 マザー(手前)とキララ(左奥).jpg
  • 22 いつもと違う光景が気になる?マザー.jpg
  • 21 マザートウショウ.jpg
  • 20 牧草ロールの近くに向かうマザー 2月20日.jpg
  • 19 左からミユキ、春風ヒューマ.jpg
  • 18 ミユキと春風ヒューマ.jpg
  • 17 ミユキと春風ヒューマ.jpg
  • 16 慣れて落ち着いたミユキ 20日.jpg

アーカイブ

最近のコメント