2017年5月5日

| コメント(2) | トラックバック(0)
少しでも多くの引退馬に幸せな余生を届けたい。
よろしくお願いいたします!


マザートウショウのFP(里親)会員募集中です!

 FP会員:0.5口(月2,000円)~   
※引退馬協会の新規会員になる方、賛同会員からFP会員になる方は、 
別途引退馬協会の会費が月1,000円かかります。 
詳細はこちらをご覧ください。
マザートウショウについてはこちら
たくさんの方にFPさんになっていただければ幸いです。
  ◆ ◇ ◆


近況報告
 
4月下旬は雨の日や、冷たい風が強くて寒い日がありました。23日は特に冬のような寒さで、会員さんも「凍える寒さ」とおっしゃっていました。
 
今年のゴールデンウィークは気持ちの良い青空の日が多かったです。風が強い日もありましたが、風が弱く暖かくて薄着になった日もありました。
 
遠くに見える日高山脈が、ついこの間まで真っ白だったのですが、部分的に融けて山肌の灰色が見えて来ました。近くの山には、ところどころに、コブシの花が白く咲いているのが見えていましたが、5月6日の朝からは、あちこちで桜が咲いているのが、はっきりと目立つようになりました。
 
外では、ヒバリの鳴き声が聴こえ、放牧地の緑色が濃くなり、タンポポも黄色い花を咲かせるようになりました。
 
日が長くなり、お天気が良いと、夕方は6時頃まで放牧しています。

【ナイスネイチャ】
 
会員さん方や、一般の見学の方々がちょくちょく訪れました。放牧地の草丈が少し伸びて、奥の方に行って食べていることが多くなりました。出不精のメテでさえ、放牧地の真ん中あたりまで進出しています。(笑)
 
01 ナイスネイチャ 5月3日.jpg
 ナイスネイチャ 5月3日

遠くにいても、会員さんに気づくと、人参をめがけて走って帰って来ました。また、気づかないで無心で草を食べ続けていた、日もありました。
 
02 20170505 ナイスネイチャ.jpg
ナイスネイチャ 5月3日

ゴールデンウィークに入った途端、近くの道路を大きな音を轟かせてオートバイが数台連なって走るようになりました。馬たちは驚いて一斉に走り出すこともありました。
 
03 バイクの音に驚いて戻って来たナイス(右).jpg
バイクの音に驚いて戻って来たメテ(左)とナイス(右)

04 「何の音だろう?」という表情のナイス.jpg
 「何の音だろう?」という表情のナイス

5月3日には、ちょうど写真を撮っている時に、大きな音が聞こえてきて、ナイスネイチャも他の馬たちも、驚いて走り出しました。
 
05 まだドキドキしているナイス(左)とメテ(右).jpg
まだドキドキしているナイス(左)とメテ(右)

 
【セントミサイル】
 
現在も、歩くと歩様の乱れはありませんが、小走りすると顕著に歩様が悪くなります。

06 丸馬場で過ごすミサイル 5月3日  その2.jpg
馬場で過ごすミサイル 5月3日

4月21日夕方、長く痛みがある右後ろ脚の膝のレントゲンを撮っていただきました。関節炎ではありませんでしたが、膝蓋骨の骨と骨の間が(外側)狭くなっているのがわかりました。
 
07 20170505 セントミサイル.jpg
 セントミサイル

ひどく潰れているわけではありませんが、今後、更に悪化したら、更にひどく潰れる可能性があり、今も運動制限をして大きい丸馬場で過ごしています。ショックウェーブという、体外衝撃波を使う医療機器を使って、治療していただくことになりました。
 
08 20170505セントミサイル.jpg
セントミサイル 5月3日 

次男が育成牧場に勤めていた時に経験があるそうで、1回で劇的な効果を見せた馬もいれば、効果がなかった馬もいたそうです。一度、ミサイルに効果があるかどうか試してみるという感じで、治療を受けさせていただくことになりました。
 
09 20170505ミサイル 5月6日.jpg
ミサイル 5月6日

ショックウェーブの医療機器が、早くてもゴールデンウィーク明けでないと使えないそうで、待っているところです。

10 20170505.jpg
       音のする方を見つめるミサイル(手前)とベガ(奥)。一番奥は隣りの牧場の馬

 
【ウラカワミユキ】
 
前回のご報告では、大変ご心配をおかけして、本当に申し訳ありませんでした。
 
11 20170505ウラカワミユキ 5月3日.jpg
ウラカワミユキ 5月3日

その後も、ミユキは寝起きができており、いつも通りの生活をしています。ただ、あの時に水桶の台に顔をぶつけ、顎の下に負った傷が思ったより深かったようで、まだ治り切らず、今も薬を塗っています。

IMG_7052.jpg
夕日を浴びて佇むミユキ 5月3日 

13 馬房に帰る前のミユキ 5月3日.jpg
馬房に帰る前のミユキ 5月3日

朝はミユキだけ薄手の馬服を着せて放牧し、暖かい日には途中で脱がすことも多くなりました。やはり、また痩せたように見えますが、年齢から考えると、このくらいでも仕方ないのかなと、また、毛艶は良い方かと思います。
 
14 寄って来るミユキ 4月25日.jpg
寄って来るミユキ 4月25日

15 ウラカワミユキ 暖かかった4月25日お昼前.jpg
ウラカワミユキ 暖かかった4月25日お昼前

放牧地で会員さん方から人参を食べさせていただく時は、私たちに気づくと寄って来て、ボールにおかわりもして、結構な量を食べます。
 
16 2070505ミユキと春風ヒューマ.jpg
ミユキと春風ヒューマ

 
【マザートウショウ】
 
放牧地でのグループは、マザーを含めて4頭です。朝の放牧時は、ボスのキララを筆頭に4頭とも元気が良すぎて、早く外に出たくて出たくて、馬房で大騒ぎです。放牧の順番にも気を付けて放牧します。
 
17 20170505マザートウショウ 5月3日.jpg
マザートウショウ 5月3日

マザーは先に走って行ったキララたちを追って、もの凄い勢いで走って行くので、しばらくの間、無口を外さないで放牧していました。
4月29日、放牧地でいつもの緑色の無口を落としてきてしまい、その日は余っていた茶色の無口を使い、馬房に連れ帰りました。
 
18 柵のこちら側がマザートウショウ.jpg
柵のこちら側がマザートウショウ

放牧地が2町の広さなので、探すのが大変で、翌日も茶色の無口を着けて放牧したところ、それもまた落としてきてしまいました。
 
19 バイクの音に驚き走って戻って来たマザーとゲッケイジュ.jpg
バイクの音に驚き走って戻って来たマザーとゲッケイジュ

緑色と茶色というと草と土の色ですし(笑)、草丈が短いうちに拾っておかないと、益々見つけられなくなると思い、馬たちを入れ終わってから、娘と探して回りました。こういう場合、結局見つけられなくて諦める場合もありますが、2つとも娘が見つけてくれました。(私は飛んできた?ゴミだけ・・・笑)
 
20 夕方のマザー5月3日.jpg
夕方のマザー5月3日

2つとも、放牧地の半分より向こうの方で、真ん中あたりに落ちていました。ゴロンゴロンした時にでも顔を地面にこすりつけて落としたのかもしれません。
 
21 厩舎に帰る前の眠い顔.jpg
厩舎に帰る前の眠い顔
 
これに懲りて、翌朝からは、放牧時に、マザーの無口はちゃんと外すようにしています。
 
22 あくびをするマザー 5月3日18時前.jpg
あくびをするマザー 5月3日18時前



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1358

コメント(2)

お疲れ様ですm(_ _)m馬達も皆無事に過ごせている様でホッとします…ミサイルもその治療で早く良くなるといいですね。大変な事、心配な事尽きないと思いますが体に気をつけてどうぞよろしくお願い致します╰(✿´⌣`✿)╯♡

田中美恵子さん 、いつもどうもありがとうございます!
ミサイルの治療が、なかなかしていただける段取りにならず・・・
ショックウェーブの医療機器がトレーニングセールに向けて
引っ張りだこのようです。

関東は気温が30℃にも上がったそうですね。
田中さんも、どうぞ体調にお気をつけ下さいね。

コメントする

アイテム

  • 25 二番草を食むマザー.jpg
  • 24 マザー(手前)と仲間たち.jpg
  • 23 馬房で涼むマザーと見つめるキララ.jpg
  • 22 会員さんから人参を食べさせていただくマザー.jpg
  • 21 左から2番目がマザー.jpg
  • 20 元気なマザー.jpg
  • 19 マザーと仲間たち.jpg
  • 18 馬房で涼むミサイル(左手前).jpg
  • 17 馬房で涼むナイスネイチャ .jpg
  • 16 ミサイルのお尻を日除けにする?ナイスネイチャ.jpg

アーカイブ

最近のコメント