2018年9月20日

| コメント(0) | トラックバック(0)
近況報告 

9月中旬はお天気に恵まれました。晴れの日が続き、太陽の陽射しは暑いくらいでしたが、風が強めに吹いた日が多く、涼しく過ごせていました。これだけ晴れが続いたのは珍しく、周りの牧場でもあちこちでトラクターが動き回り、牧草収穫作業がはかどりました。 

赤トンボが沢山飛んでいます。アブは激減し、一度に見るとしたら1、2匹程度になりました。朝晩の冷え込みが強くなり、早朝の外気温が1桁になった日が何日かありましたが、日中は半袖で過ごす日が多かったです。21日の朝は6℃にまで下がりました。 

【ナイスネイチャ】 

毛艶良く栄養斑(銭形斑)も出て元気に過ごしています。 

9月18日の朝に、相棒メテの持病フレグモーネが再発してしまいました。痛みが強かったため、この日は舎飼いになりました。ナイスネイチャは1頭だけになり、放牧地の出入口で、2時間以上、厩舎の方を見てメテを待ち続けました。ミサイルがいない哀しみが甦りました。その後はお腹が空いたようで、出入り口から近い青草の生えたところを歩いては食べて過ごしました。 

01  1頭で淋しかったナイスネイチャ9月18日午前.jpg
1頭で淋しかったナイスネイチャ9月18日午前

メテは遅くとも2、3日以内には復帰できると思われましたが、この先のことも考え、「もう1頭仲間がいるといいな」という思いが強くなりました。実はこれはミサイルが亡くなった後から考えていたことでした。 

牧場に居る馬たちの中で「リゲルナイト」だと3頭お互いにケガに繋がりにくいのではないか?・・・また、放牧地の奥へどんどん行く馬なので、出不精のナイスネイチャとメテを引っ張ってくれて、良いのではないかと考えました。 

02  初対面して2時間後ナイスネイチャとリゲルナイト.jpg
初対面して2時間後ナイスネイチャとリゲルナイト

各馬のオーナーさん方のご承諾を得て、18日の午後から早速、リゲルをナイスと一緒にしました。相性は悪くなくホッとしましたが、後でリゲルの前脚に蹴られた痕を見つけました。軽症で歩様も悪くなっていないことには安堵し、また、「ナイスが蹴るとは~!」と驚きもしました。 

03  リゲルとグルーミングしたいナイスネイチャ 9月18日午後.jpg
リゲルとグルーミングしたいナイスネイチャ 9月18日午後

翌日、メテは小さい丸馬場に放すことになりました。なので、この日もナイスとリゲル、2頭で放牧ですが、朝のうちにリゲルが放牧地の一番奥まで行っていて、なんと、ナイスもそこにいたのでした。気づいた時に、すぐにナイスは走って戻って来ましたので動画に撮るのが間に合いませんでした。「こんなに一気に走ったのは何年ぶり?脚がガクガクしない?」と、ナイスに失礼な心配をしましたが、そういえばミユキ母さんは35歳の誕生日の朝にすごく走っていたなぁと思い出し、ナイスはまだまだ大丈夫と思えました。 

04  リゲルとナイスネイチャ9月19日朝.jpg
リゲルとナイスネイチャ9月19日朝

そして3日目の朝、メテも放牧地に復帰できることになりました。メテとリゲルを柵越しに合わせていたら、2頭の声を聞きつけて、ナイスが走り寄って来ました。リゲルは敢えて他馬を攻撃するタイプではなく、また、他馬に依存するタイプでもなく、マイペースな馬です。1日1日、1ヶ月ごとに、仲間になっていくといいなと思います。 

05  3頭で一番奥に 9月21日.jpg
3頭で一番奥に 9月21日

ミサイルが亡くなってから3ヶ月、放牧地の半分より向こうには行かなかったナイスとメテが、リゲルに釣られて3ヶ月ぶりに一番奥まで行っていました。何度も行ったり来たりしていて運動不足解消になり、美味しい草も食べられ、若返りますね。リゲルに感謝です。 

ミサイルが生きていた頃の、黒い馬体があった風景を決して忘れません。今回のことで改めてミサイルがいないことを思い知らされました。ミサイルをとても愛して下さった方々も改めて淋しさや悲しさを感じられたかもしれず、申し訳ありません。ミサイルは天国から見ていて「オイオイ、ナイスとメテ!そんな地味なところでばかり草を食べてたら、一気に老け込むぞ!もっとあっちの方まで行って来いよ!しようがないなぁ、リゲルをオレの代わりに派遣するように仕向けてやるよ!」とでも言っていたのかもしれませんね。 

【追記】

9月11日 


9月15日 

9月18日 







9月19日 






9月20日 









9月21日 


【マザートウショウ】 

先日、トウショウ牧場さんで何十年も働いておられたというお方が、マザーに会いに来て下さいました。「毛艶がいいねぇ、元気そうだねぇ」と仰って下さいました。そういえば、本州から来られた会員さんも「マザー、若返ったんじゃないですか?」と仰って下さり、マザーはここのところ褒められ続きです。♪ 

06  マザートウショウ9月15日.jpg
マザートウショウ9月15日

07  草を食むマザー9月17日.jpg
草を食むマザー9月17日

先日は関東の会員さんが人参を薄くスライスして持ってきて下さいました。スライサー持参で来られ、ホテルでスライスして来て下さったそうです。ちょうど番長キララたちが離れたところにいたので、歯の悪いマザーは薄い人参をたっぷり、ゆっくり満喫して、ボールに入れた分を完食していました。 

08  ボーッとしていたマザー9月20日.jpg
08  ボーッとしていたマザー9月20日

09  下唇がたるんでいたマザー9月20日.jpg
下唇がたるんでいたマザー9月20日

10  マザートウショウ9月20日.jpg
マザートウショウ9月20日

19日の夕方の飼い葉から、かなり残すようになりました。ナイスネイチャも同じものを食べさせていて、いつもは同じくらいの量を食べていました。体調は悪そうなところは無く、日中、放牧地ではいつも通り、草を食んでいます。ちょうど絵笛神社の宵祭りで、放牧地の向こうにある自治会の会館広場で宴会をしているのをいつもと違った風景として、マザーは裏戸からずっと見つめていました。においが漂ってきていたので酔ったとか?何か影響を受けてしまったのかな?元気なので、また食欲も戻って来ると思います。

【追記】




マザートウショウのFP(里親)会員募集中です!
 FP会員:0.5口(月2,000円)~   
※引退馬協会の新規会員になる方、賛同会員からFP会員になる方は、 
別途引退馬協会の会費が月1,000円かかります。 
詳細はこちらをご覧ください。
マザートウショウについてはこちら
たくさんの方にFPさんになっていただければ幸いです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1767

コメントする

アーカイブ

アイテム

  • 12 マザートウショウ 9月26日朝.jpg
  • 11 マザートウショウ 10月5日.jpg
  • 10 マザートウショウ 10月5日.jpg
  • 09 左がマザー 10月5日.jpg
  • 08 草を食むマザー 10月5日午前.jpg
  • 07 食欲が戻ったマザートウショウ 9月26日.jpg
  • 06 左からメテ、ナイス、リゲル 10月5日夕方近く.jpg
  • 05 ナイスネイチャ 10月5日.jpg
  • 04 左からナイス、メテ 10月5日午前.jpg
  • 03 厩舎から離れて 左からメテ、ナイス 10月5日.jpg