2019年2月22日

| コメント(0) | トラックバック(0)
近況報告 

2月8日からは「歴代最強」と言われた寒波のため、この辺りでもこれまでにない低気温になり、一番低い時間で-21℃でした。北海道の内陸部では平年でもこんなに寒いのだなと改めて北国の厳しさを感じました。風があるのと無いのとでは体感温度が大きく違い、寒さに応じて放牧時間を2時間半~3時間半にした日もありました。 

本厩舎の中は閉めきっていると馬の息で暖かくなり、外気温との差がちょうど+10℃位になります。今回の寒波は異例な寒さなので、夜間、本厩舎の中でも厚い馬服を着せて凌ぎました。 

15日からは平年並みになり、その後19、20日は3月下旬の暖かさで、雪がかなり融けました。気温変化が激しいですが、馬たちは元気ですのでご安心下さい。

【ナイスネイチャ】 

メテとは変わらず仲良く一緒に乾草を食べ、お昼時も一緒に並んでウトウトしています。 

01 口元が可愛いナイスネイチャ(左)とメテ(右).jpg
口元が可愛いナイスネイチャ(左)とメテ(右)

02 目を細めるナイスネイチャ 2月16日.jpg
目を細めるナイスネイチャ 2月16日

ここのところ、リゲルの前歯が無いという確信が持てたからなのか、ナイスネイチャの方からリゲルにイタズラを挑む光景を目にします。リゲルは飲食が絡むことですと、譲らない一番の強さがありますが、そうでない時は、割と鷹揚に、大らかに相手をしてくれます。(笑) ナイスはメテほど激しくイタズラしないので、リゲルとしてもナイスは遊ぶには手ごろな相手なのかもしれません。 

03 左からリゲル、ナイス、メテ 2月19日.jpg
左からリゲル、ナイス、メテ 2月19日

19日は朝の放牧時にはマイナス気温で寒かったのですが、太陽が上がって来ると気温がどんどん上がり、ぬるま湯を配りながら馬服を脱がして回りました。 

04 リゲルのお尻が気になるナイスネイチャ.jpg
リゲルのお尻が気になるナイスネイチャ

05 イタズラしようかな?ためらいもあるナイス.jpg
イタズラしようかな?ためらいもあるナイス

ナイスネイチャはリゲルの後ろ脚やお尻にそーっと、かぶりつこうとして、蹴られないかと少しハラハラしましたが、他の馬たちを見ていても、こういう時には蹴らないものなので、大丈夫だろうと思い見守りました。リゲルの方からもカプカプしたり、おじいちゃん同士ののんびりしたコミュニケーションをとっているようです。 

06 ナイスネイチャの乾草の噛み出し.jpg
ナイスネイチャの乾草の噛み出し

07 青草を完食したナイスネイチャ.jpg
青草を完食したナイスネイチャ

乾草を沢山噛み出ししています。先日、青草を送って下さり、全馬で分けました。「ナイスは草丈が長いとどうかな?」と思いましたが、噛み出しすることなくあげた分を全部食べていてホッとしました。


 渡辺牧場Twitterより動画



【マザートウショウ】 

マザーはいつも、朝の放牧直後にしばらく歩き回りますが、時には4頭で思いっきり走り回ることがあります。先日は、放牧地の向こう側の道路を大きなトラックが通った音で、4頭のうち誰かのスイッチが入ったようでした。1頭が騒ぎ出すと、他の馬たちは理由がわからなくても釣られて一緒に騒ぎ出します。群れて暮らす草食動物の本能なのかもしれませんね。 

08 駆け回るマザートウショウ(右端).jpg
駆け回るマザートウショウ(右端)

青草をいただいた時に、「マザーは食べられるかな?」と心配しましたが、ほんの少し噛み出ししていただけで、ほとんどは食べられたようでした。 

09 暖かくなって馬服を脱いだマザー.jpg
暖かくなって馬服を脱いだマザー

10 マザートウショウ 2月19日.jpg
マザートウショウ 2月19日

20日、牧柵1枚越しの隣りの春風ヒューマと仲良く顔を寄せ合っていました。同じ故郷出身同士で、ほのぼのしていました。 

11 同郷の春風ヒューマとツーショット.jpg
同郷の春風ヒューマとツーショット

12 私たちには同じ血が流れているの.jpg
私たちには同じ血が流れているの

13 春風ヒューマ(左)とマザー(右)2月20日.jpg
春風ヒューマ(左)とマザー(右)2月20日

この日は午前中は暖かく、薄手の馬服でした。マザーは放牧地でバケツのぬるま湯でなく雪解け水を飲んでいました。馬服が暑いのかな?と、汗をかいていないか手を入れてみましたが大丈夫でした。午後からは霧が出てきて太陽が隠れ、急に寒くなりましたので、遅くならないように厩舎に帰りました。 

14 仲間たちとマザートウショウ.jpg
仲間たちとマザートウショウ

ちょうど寒波が抜けた後に、関東から会員さんが来られ、マザーは薄切りの人参をボールに軽く1杯、ゆっくり丁寧に食べさせていただきました。その時の状況にもよるのですが、この時のキララ番長は自分の分を食べた後、牧柵に向かって「さく癖」をしていて、マザーの方を見ていませんでしたので、無事に完食できました。


 渡辺牧場Twitterより動画









マザートウショウのFP(里親)会員募集中です!
 FP会員:0.5口(月2,000円)~   
※引退馬協会の新規会員になる方、賛同会員からFP会員になる方は、 
別途引退馬協会の会費が月1,000円かかります。 
詳細はこちらをご覧ください。
マザートウショウについてはこちら
たくさんの方にFPさんになっていただければ幸いです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1841

コメントする

アーカイブ

アイテム

  • 14 頭を振り回しながら走るマザー(左).jpg
  • 13 泥んこマザー 3月4日夕方.jpg
  • 12 草を沢山ほおばるマザー.jpg
  • 11 マザートウショウ 3月4日.jpg
  • 10 草を食むマザー 3月4日.jpg
  • 09 食べながら痒いところを掻くマザー.jpg
  • 08 ウトウトしていたマザー 2月23日-2.jpg
  • 08 ウトウトしていたマザー 2月23日.jpg
  • 07 左からメテ、ナイス、リゲル 3月3日.jpg
  • 06 左からメテ、ナイス 3月4日.jpg