2014年の最近のブログ記事

ナイスネイチャの息子に続き、セントミサイルの姪が
サポートホースになりました。

渡辺牧場ホームページ

11月以降、今年は例年になく暴風の日が多いです。それ以外の日は、割と穏やかだった印象です。
 
12月17日は、爆弾低気圧のニュースで警戒していました。できることは、過去に暴風に弱かった箇所の修理と補強くらいで、後は祈るのみでした。

幸い浦河あたりは、経験が無いほどの暴風にはならず、安堵しました。ご心配を、どうもありがとうございました。全国各地の、他の地域の方が大変だった様子をテレビで知り、却って、お見舞い申し上げます。
 
今日(21日)の暴風は17日の暴風よりも強く感じます。

今冬、これまでは、放牧地の水溜りが凍っても、踏めば割れるものでしたが、今朝の氷は硬くツルツルで、通路や放牧地の中も、滑り止めの土撒きをしてから11時頃にやっと放牧し終えました。風がきつく、短時間放牧でした。
 
最も外気温が下がったのが、12月7日の早朝、マイナス12℃でした。1、2月並の寒波が12月上旬に来ていたのですね。放牧地には、ぬるま湯を配るようになりました。
 
今年もあと10日ほどで終わりますが、フォスターホースたちが3頭揃って元気に年越しをできるのは、皆様のお陰と有り難く思っております。本当に、いつもどうも有り難うございます。来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

ナイスネイチャの息子に続き、セントミサイルの姪が
サポートホースになりました。

渡辺牧場ホームページ


12月2日、3日は猛烈な暴風で、特に2日の夜は家が揺れるほどでした。これだけ吹くと、何か壊れているのではないかと思ったら
うちでは、厩舎の外壁が1枚飛んでいました。外側だけなので、中の馬たちは大丈夫で、拾ってまた釘で打って、すぐに治りました。
町内の牧場では、厩舎の屋根が一部飛んでいたり、牧柵が倒れたりなど、多かれ少なかれ、修理の必要な被害はあったようです。
馬たちは大丈夫ですので、ご安心下さい。

11月下旬は、割と暖かかったのですが、12月からは気温がぐっと下がり、0℃からプラスマイナス行ったり来たりという印象です。
6日朝起きると、10センチくらいの積雪があり驚きました。 

浦河にしては早い積雪です。しかし、12月下旬ならともかく、今の時期の雪は根雪にはならずに、溶けるのではないかと思います。
この日、朝のうち雪が降り、近況報告用の写真を撮りました。その後は雪はほとんど止みました。 

W20141206_25左がミユキ_R.JPG
ウラカワミユキ(左)


ナイスネイチャの息子に続き、セントミサイルの姪が
サポートホースになりました。

渡辺牧場ホームページ


北海道の気象情報によると、今年の11月は平年より寒いそうで、12月並の寒気が入って来ていました。

浦河では、13日夜に初雪が降りました。雪は少量でしたが、気温が低かったせいか、数日間、ところどころに残っていました。

14日午前にお越しの会員さんは、AERUに宿泊されていたそうで、そちらの方が多く降ったらしく、レンタカーに雪が積もっていて掃うのが大変だったとおっしゃっていました。この日は、雪も混じった暴風で、馬たちは皆、舎飼いになりましたが、1頭1頭、会員さんに厩舎の中で人参を食べさせていただきました。

20日の早朝の外気温はマイナス5℃で、放牧地に残っているバケツの水は、1~2センチくらいの厚い氷が張っていました。

ミユキは早くから馬服を使っていましたが、15日からはナイスネイチャとミサイルも、外では馬服を着ています。

今月はけっこう多くの会員さんがお越しで、常連の方々や、初めての方々も...賑やかで楽しい時間が馬も人も(笑)、過ごせました。
日が暮れるのが早くなったので、馬を厩舎に入れる時間も早くなり、会員さんに馬を曳いていただく機会も何度かありました。


ナイスネイチャの息子がサポートホースになりました。

渡辺牧場ホームページ


紅葉はまだ残っていますが、かなり散って、冬に向かっているなぁと感じられます。

朝晩は、とても寒くなりました。朝の放牧時間は遅くなり、太陽が昇って少し暖かみを感じられるようになってからにしています。最近は、7時過ぎてからです。

夕方は日が暮れるのが早くなり、厩舎に帰るのは、お天気にもよりますが、4時前後からと、早まっています。
 
11月3、4日の暴風はものすごくて、寒さも厳しく、両日とも短時間の放牧になりました。両日とも、別々の会員さん御一行がお越しでしたので、厩舎の中で会っていただいて、馬たちに人参をたくさん食べさせていただきました。
 
先月の引退馬協会ツアーでお越しの会員さん方が、その時に初対面で意気投合されたそうで、再度、5、6日に一緒に訪れて下さいました!この2日間は、10月中旬の暖かさで穏やかな晴天に恵まれました。
 



ナイスネイチャの息子がサポートホースになりました。

渡辺牧場ホームページ


今回は3頭分まとめてのご報告です。
 
今週は、紅葉が真っ盛りで、とてもとても綺麗です。

10月19日の早朝には、この辺りでは初霜が降りていました。車の窓ガラスも凍っていました。この日は素晴らしい青空でした。
 

ナイスネイチャの息子がサポートホースになりました。

渡辺牧場ホームページ

晴れた日が多かったです。放射冷却のため、早朝の気温は低い日で2℃~3.5℃まで下がりました。
9月29日に今年初めての雪虫を見ました。その後は度々見られ、会員さんとも一緒に見ました。過去の牧場だよりを調べたら、やはり例年より早い出現です。天気予報によると、今秋は寒くなるのも紅葉も早まるそうです。
 
会員さんや一般の見学の方々が、ちょくちょくお越しでした。
 

ナイスネイチャの息子がサポートホースになりました。

渡辺牧場ホームページ



北海道に寒気が入って来て居座っていた影響とのことで、大気が不安定な日が長く続きました。北海道の西の方面では浸水や土砂崩れの被害があり、心配しました。浦河は一時的に強く降った程度で被害には繋がっていません。

先週は、青空(天気予報でも晴れマーク)であっても、突然黒い雲が湧き出てザーッと強い雨が降り、その後、また晴れるという日が何日かありました。慌てて馬たちを入れて、また放牧してと、振り回されましたし、二番牧草の収穫作業もできない日々でした。

やっと、20日から天気が安定したようです。
 
会員さん方や一般の見学の方々がちょくちょくお越し下さいました。
 

ナイスネイチャの息子がサポートホースになりました。

渡辺牧場ホームページ


青空に秋のすじ雲が見られ、清々しい風景になりました。

ht20140827_08_R.JPG
曇ると半袖では寒いですが、晴れるとまだ結構暑く、高齢馬たちは馬房で涼ませる時間もありました。
 
とてもきれいな青空で、晴れて暑い日が続きました。周りの牧場も、あちこちで二番牧草収穫作業のため、トラクターが忙しく走り回るようになりました。

アブはかなり少なくなり、刺しバエの多い季節です。

会員さんや一般の見学の方々が、ちょくちょくお越しでした。
 

ナイスネイチャの息子がサポートホースになりました。

渡辺牧場ホームページ



北海道は、「お盆が過ぎると涼しくなる」とよく言われますが、近年はそうでもなく、9月に入っても暑かったりしました。しかし、今夏は北海道らしい夏だったのか、お盆を過ぎるといくらか涼しくなり、秋めいてきたなぁと感じています。(現時点で、ですが...) 秋の虫の音も聞こえるようになりました。朝晩は特に半袖では肌寒く感じられます。
 
それでも、まだアブはいます。アブの次は9月~10月頃、刺しバエが多く出現しますが、今年は8月早くから沢山出て来ていたように思います。
 
19日は朝のうちだけ放牧できましたが、その後はどしゃ降りの雨が降り、舎飼いとなりました。
 
会員さん方や一般の見学の方が、ちょくちょくお越しでした。お盆頃は訪れる会員さんが重なり、14日、15日はそれぞれ初対面の会員さん方と一緒に、放牧地を回りました。15日はお子様連れの方もいらっしゃり、また、春風ヒューマの会の代表Oさんがお越しで、3組7名と賑やかでした。
 

ナイスネイチャの息子がサポートホースになりました。

渡辺牧場ホームページ


今年も暑い季節がやってきました。浜近くでは昆布干しの姿が見られ、あちこちでモンシロチョウが飛び交い、黄色い大反魂草の花もたくさん咲いています。
 
太陽が照ったり、湿度が高くなると、アブの数もぐっと増えました。若い馬でも外に放牧しておくのが不憫で、日中は全馬、厩舎で涼ませた日が何日もありました。
 
まだ肌寒い春先には思いっ切り強い風が吹いていたのに...こういう暑い時季にこそ強風が吹いてほしいのに...そよ風程度の日が多かったです。それでも、厩舎の中は涼しく、先日訪れた会員さんや見学の方々も「気持ちよくて、ずっとここにいたい(笑)」と、しばらく滞在して馬たちを見ていかれました。

朝は早いと7時前後に厩舎に入れてしまいましたので、見学の方々には厩舎の中で馬たちに会っていただくことが多かったです。
 
人参をいただくことも多かったため、暑い思いをした後で、厩舎で涼んで食べる人参は極上のスイーツだったことと思います。お陰様でうちの馬たちは全馬、本当に幸せなことだなぁと、ありがたく思っております。
 

2017FHカレンダー

予約受付中!
フォスターホースの
生き生きした表情を捉えました。


アイテム

  • 20170105026.jpg
  • 20170105025.jpg
  • 20170105020.jpg
  • 20170105019.jpg
  • 26 左からミユキ、マザー、そして若い牝馬のところに戻った春風ヒューマ.jpg
  • 25 えっ!?マザー、恨みでもあったの!?元の仲間に蹴りを入れるマザー.jpg
  • 24 左がマザー、右は昨日まで一緒のグループだった3頭.jpg
  • 23 左から春風ヒューマ、ミユキ、マザー 1月6日.jpg
  • 22 眠くて仕方ないマザートウショウ.jpg
  • 21 キララ(左)とうとうとするマザートウショウ(右).jpg

アーカイブ

最近のコメント