2015年の最近のブログ記事

マザートウショウのFP(里親)会員募集中です!

 FP会員:0.5口(月2,000円)~   
※引退馬協会の新規会員になる方、賛同会員からFP会員になる方は、 
別途引退馬協会の会費が月1,000円かかります。 
詳細はこちらをご覧ください。
マザートウショウについてはこちら
たくさんの方にFPさんになっていただければ幸いです。

                   ◇  ◆ ◇ ◆

近況報告

台風が続々とやってきて、また絵笛川が増水するかと心配しましたが、浦河は、その後は被害が出るほどの雨量にはならず、とりあえず、ここについては安堵しました。しかし、他の地域で甚大な被害をもたらし、今も大変な想いで過ごしておられる方々がいらっしゃり、早く復旧することを心より祈っています。

8月23日は新千歳空港と浦河を結ぶ国道が、土砂崩れや冠水のため、通行止めになりました。迂回路も通れず、帯広に回るしか方法が無いという事態でした。年に一度の楽しみでご訪問予定だった会員さんは、先に航空機など全てキャンセルされて残念なことでしたが、この日については、そうされて正解だったと思いました。(また次の機会をぜひ、ご計画下さい。)

前日までに浦河入りしておられた会員さん方は、お越しいただくことができました。

今夏は例年と違い、9月になっても暑く、全馬を厩舎に入れて涼ませる時間帯がありました。9月なのに、まさかの状況でしたが、この時お越しの会員さんには、「厩舎で会うのもいいものですよ」とおっしゃっていただけて有り難かったです。

雨が多かったせいか、蚊がとても多く発生しています。アブはかなり少なくなりました。例年ならアブに代わって刺しバエに悩まされる時季ですが、今年は、蚊の多さにも馬たちは参っています。
マザートウショウのFP(里親)会員募集中です!

 FP会員:0.5口(月2,000円)~   
※引退馬協会の新規会員になる方、賛同会員からFP会員になる方は、 
別途引退馬協会の会費が月1,000円かかります。 
詳細はこちらをご覧ください。
マザートウショウについてはこちら
たくさんの方にFPさんになっていただければ幸いです。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

今年もあと僅かとなりました。今年はマザートウショウが加わり、フォスターホースたちは元気に年越しができそうです。この一年を幸せに過ごせましたのも、支えて下さる多くの方々のお陰です。本当に、どうもありがとうございます。また、来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
12月にしては暖かい日が多かった印象です。雨が度々降ったので、早朝などのしばれたタイミングでなければ、地面はいつもドロドロでした。夕方厩舎に入れてから、シャワーで脚を洗っていました。日の入りがどんどん早くなり、脚を洗う後半の馬たちは暗い中、懐中電灯で照らしながらの作業でした。
 
19日夕方から少し雪が降りましたが、20日朝の積雪は3cmほどで、すぐに融ける程度でした。馬の蹄が傷まないためにも、滑らないためにも、脚が泥で皮膚炎にならないためにも、できることなら、地面がしっかりしばれた上で、積雪が20~30cm、程良く欲しいです。

 
マザートウショウのFP(里親)会員募集中です!

 FP会員:0.5口(月2,000円)~
   
※引退馬協会の新規会員になる方、賛同会員からFP会員になる方は、 
別途引退馬協会の会費が月1,000円かかります。 

詳細はこちらをご覧ください。
マザートウショウについてはこちら

たくさんの方にFPさんになっていただければ幸いです。


雨が度々降って乾く時がなく、地面はどろどろの所が多いです。夕方は、シャワーで脚洗いをしています。
 
11月24日は雨で1日舎飼いとなりました。この日から数日、北海道の他の地域では、11月にしては記録的な大雪になりました。この辺りでは、何度か雪は降りましたが、すぐに融けて、今のところ積雪はありません。
 
また、早朝の気温は、今のところマイナス5.5℃が一番低かったです。マイナス気温が珍しくなくなり、日中はプラス5℃前後の気温に慣れてきました。風がないと、気温が低くても過ごしやすかったですが、強風、暴風の日もありました。
 
11月下旬からは、会員さんや一般の見学の方々もかなり減りましたが、時々お見えになっています。
 
日が短くなりましたので、15時くらいから馬たちを順に入れ始めます。一般の見学のお方がお越しの時には、もう馬房に入っていた・・・ということも何度かありました。その時は、馬房に入っている姿をご覧いただいています。
 


マザートウショウのFP(里親)会員募集中です!
FP会員:0.5口(月2,000円)~
  ※引退馬協会の新規会員になる方、賛同会員からFP会員になる方は、
別途引退馬協会の会費が月1,000円かかります。
詳細はこちらをご覧ください。たくさんの方にFPさんになっていただければ幸いです。


平年より暖かい日が続きましたが、ここ数日はまた、日毎に寒くなって来ました。
 
15日は雨で一日中、舎飼いとなりました。前夜からの雨が久しぶりにまとまった量になり、絵笛川の中断に水位が上がりました。これは年に1度か2度、あったりなかったりすることです。

その横の道路は反対側の細い方の川から冠水して一時通行止めになりました。渡辺牧場の辺りは冠水せずに、大丈夫でした。
 
夏場と違って、一度まとまった雨が降ると、その後なかなか乾かなくて、放牧地の出入り口付近がドロドロです。馬たちは、そういうところでゴロンゴロンするので、毎日顔にも体にも泥を付けて帰って来ます。

11月前半は会員さん方が多くお越しでした。



10月下旬は寒く、25日には少し小雪が舞いました。この日は北海道の他の地方では、雪かきするほど積もった所もありました。
31日は最高気温が一桁で、とても寒かったです。
 
ところが11月に入ってからは、とても暖かくなりました。3、4、5日とは、お天気も良く、風も冷たくなくて、外を歩き回るには心地よい日々でした。


この辺りは、例年は10月下旬に紅葉が真っ盛りになりますが、今年は早めで、中旬からとても綺麗な紅葉が見られました。
 
前半は「秋の天気は変わりやすい」というお天気で、馬たちを出したり入れたり翻弄される日々でした。
10月8日、台風23号の雨で1日舎飼いとなりましたが、風はひどくなくて安堵しました。
 
会員さん方には、雨の影響で厩舎の中で会っていただいたこともありました。

後半は秋晴れの日が多かったです。
青空でも気温が低くなり、ハエも少なくなりました。
 
放牧地の草は伸びる勢いがなくなりましたが、まだ青草を食べられます。みんな、一生懸命に食べることに勤しんでいます。
 



10月2日、3日は爆弾低気圧の影響で暴風でした。特に2日午前中は激しく吹き荒れて、浦河の最大瞬間風速は34.4mだったそうですが渡辺牧場で被害はありませんでした。

まとまった雨は夜中でしたので、両日とも、途中で一時厩舎に入れたものの、日中に放牧はできました。

この両日も含めて、ほぼ毎日のように会員さん方や、一般の見学の方々がお越しでした。
 
10月6日朝の外気温は+4℃で、今季一番低かったですが、その日中は穏やかな秋晴れでポカポカ陽気でした。

馬たちの近況写真を撮りに行くと、ゆったり歩く馬たちの間を縫うように赤トンボたちが飛んで行きました。
 
10月5日に会員さんと放牧地前にいる時に、今年初めての雪虫を1匹だけ見ました。テレビの天気予報コーナーでも、お二人がそれぞれ、この日に雪虫を初めて見たと話題になっていたので、もうそんな時季なのですね。


早朝の 外気温が10℃~13℃に下がる日もありました。高齢の馬には寒いので、朝、放牧する時間は6時過ぎ位になりました。太陽が東の山のいくらか上の方に昇って、少し暖かみが感じられる頃です。この後、気温は短時間でぐんと上がってきます。

日中は風がほど良く吹いて、晴れると青空が高く感じられ、赤トンボが沢山飛んでいます。

ハエがいなければ、1年の中で春と並んで最も心地よい季節なのですが、ハエがうっとおしいので、馬たちはいつも尻尾を振ったり、頭をブルブルッとしたり、体の皮膚をピクピクッと動かしたりして、ハエが離れる努力をしながら、青草を食べ続けています。

19日は雨が降ったり止んだりで、1日舎飼いになりました。会員さん方が沢山おみえになって、全馬が馬房にいながら、かなり沢山の人参を食べさせていただきました。

毎日、会員さん方や一般の方々が多くいらっしゃっています。

暑くなく寒くなく、過ごしやすい季節になりました。
晴れた日もありましたが、曇りも多かった印象です。
 
晴れると、赤とんぼが沢山飛ぶようになりました。最近教えていただいて知ったのですが、トンボはアブを捕食するのだそうですね。
トンボが増えたせいか、気温が下がったせいか、アブをほとんど見なくなりました。
アブの後を引き継いだかのように、刺しバエが台頭しています。涼しくなって、体温の高い馬の体に寄ってきます。
この時季は、あちこちの牧場で二番牧草の収穫作業が行われています。渡辺牧場でも、雨で中断しながらやっています。
 
8月31日には青空が出て、フォスターホースたちのポートレート用の撮影をしました。
 

暑さのピークは7月末~8月上旬だったようで、それ以降は暑くてもカラッとした暑さでした。
お盆を過ぎて18、19日には霧雨や曇り模様で、半袖では肌寒いくらいでした。
 
20日は、晴れても暑くなく風がとても爽やかで、「1年中こんな気候だといいのに」と、思うほど、外にいるのが心地よい日となり、昼間、馬たちを馬房に入れる必要もありませんでした。
まだ日によって日中、厩舎に入れる日もありそうで、臨機応変に対応していこうと思っています。
 
20日には、青空の下、トンボが沢山飛んで、秋の気配を感じましたが、21日はまた暑かったです。

2017FHカレンダー

予約受付中!
フォスターホースの
生き生きした表情を捉えました。


アイテム

  • 1720161205.jpg
  • 22 それとなく、遠まきに近づいたマザー(左端).jpg
  • 21 仲間のところに少し近づこうか・・・マザー.jpg
  • 20 マザーは3頭と離れてマイペース12月5日.jpg
  • 19 遠くを見つめるマザー.jpg
  • 18 静かなところで草を食むマザートウショウ12月5日.jpg
  • 17 全馬にと会員さんからイタリアンライグラスが届きました!11月26日ミユキも喜んでいただきました。.jpg
  • 16 メンコを取った右目はかなり綺麗に♪12月6日.jpg
  • 15 まだメンコをしているミユキ.jpg
  • 14 ミユキ(左)と春風ヒューマ(右).jpg

アーカイブ