2012年2月アーカイブ

カエラチャンが卒業しました

本日10:30頃、カエラチャンがfollow-up事業を行う乗馬倶楽部イグレットから出発しました。

カエラチャンは、プログラムの成果が出て、3ヶ月間で随分と落ち着きを見せるようになりました。
元々が頭の良い馬だったこともありますが、
人と一緒に行動するということが理解できるようになったように感じます。
行き先の高校では、カエラチャンを通して生徒の皆さんに馬を理解していただくことを目的にされているため、
そのためのプログラムが中心になっていたfollow-up事業を終えたカエラチャンは
ぴったりだと感じています。
カエラチャンが初めて会う馬だという生徒さんも多くいるはずですから、
良い先生となってくれることを期待しています。


k1.jpg
朝、身体を綺麗にしてしっぽも結んで、おめかしをしています。

k2.jpg美人に磨きがかかりました。
これならきっと誰もが可愛いと言ってくれますね。

k3.jpg
馬運車に乗る時に少しバタバタとしたものの、無事おさまって出発。

引受先の学校には、4時間ほどで到着したそうです。
そちらには、カエラチャンを託した方がいらしていて、様子を伝えて下さいました。

到着してそれほど時間をかけずに落ち着いて、近くにいるヤギや牛たちをながめているそうです。
担当の先生や生徒さんも早速会いに来て下さり、
みなさんカエラチャンを気に入って下さったようだとのこと。
きっとそこで可愛がっていただけることが分かっているのでしょう。

これから、みなさんの良き先生、可愛いカエラチャンとしてがんばってくれることを期待して止みません。

引受先が決まりました

40.jpg


カエラチャンの引受先が、関東の高校に決まりました。
生徒のみなさんとの触れ合いや教育などに、お役に立てそうだということです。
2/17(金)に移動します。

この高校に関係する方がカエラチャンを見にfollow-up事業を行う乗馬クラブに来られ、
クラブのスタッフの方々と協議し、正式にお願いする事に決まりました。
今回の事業では、
引退馬協会だけでなく、馬を託された方、事業を行う乗馬クラブのスタッフの皆様が
それぞれ馬にとって一番良い事を、一番良い場所をと懸命に努力してきました。
follow-up事業第一号の馬として、これからの未来が幸せなものになるよう願い、
馬を託された方を中心として見守って参ります。
たくさんのお問い合わせ、応援をいただき本当にありがとうございました。

第二号が決まり、引受先を探すことになりました際には、
どうぞまたご関心をいただければ幸いです。



46.jpg




複数の方々よりお問い合わせをいただいております。
たくさんのご連絡ありがとうございます。
現在、実際にカエラチャンに会いに来て下さった方とお話をすすめさせていただいております。


カエラチャンが無事に新しい道を歩んだ後も、
カエラチャンを託された方と共に当会では見守りを続けます。

また、現在までにお問い合わせをいただいた皆様、
まだ今後も続きますので、次にプログラムが始まりましたらどうぞよろしくお願い致します。