2013年10月アーカイブ

第5期生はヒシプレンティ号

第4期生のゲイボルグの卒業を受けて、待機して既に乗馬倶楽部イグレットに入厩していたヒシプレンティ号が10月11日付でフォローアッププログラムの第5期生となりました。

plenty_001.jpg
plenty_002.jpg
plenty_003.jpg

【プロフィール】

性別:  雌
毛色:  栗毛
生年月日:  平成19年(2007年)1月20日
特徴:  曲星・珠目上・初地・後二白
生産牧場:  出羽牧場(北海道日高郡)
父: ザッツザプレンティ
母: ヒシアオバ

・爪が小さく弱い。削蹄の後コズむことがある。
・サク癖、ユウ癖などの悪癖はなし。
・去年少し皮膚炎が出たが、現在はなし。
・2ヶ月前にガスっ腹の疝痛があったが、その後はなし。
・左前脚の球節の軟腫は慢性的なものだが、歩様や運動には問題はなく、競馬のレースもこの状態で走っていた。
plenty_05.jpg ・洗い場でも大人しい。
・人や馬に対して攻撃的になることは今までなし。
・乗った時に悪さはしない。
・人が馬房に入った時に逃げるそぶりをみせたりするが、暴れることはない。


本プログラムでは、引退競走馬に初期調教をし、大切に飼っていただけることを前提に無償譲渡いたします。ヒシプレンティにご興味のある方は、まずはフォローアッププログラムについてお読みいただき、ご連絡ください。見学歓迎!

TEL   0478-59-0008 (担当:沼田)  または お問い合わせフォームから

第4期生ゲイボルグ卒業!

フォローアッププログラムの4期生のゲイボルグが、10日、茨城県の個人の所有する乗馬施設へと旅立ちました。

gayborg.JPG
ゲイボルグは屈腱炎で競走生活の引退を余儀なくされ、また性格もとても繊細なことから、個人の馬主さんに持っていただくのが理想と考えておりましたので、まさにその通りで最善の結果になったと思います。

ゲイボルグを見に来てくださったときに、さく癖があること、繊細なところがあることなど、すべて承知の上で、ゲイボルグを大変気に入って下さってぜひにとおっしゃっていただきました。

移動後の様子など、追って紹介させていただきたいと思います。