福島県の再就職支援プログラム卒業生たち

被災馬コテツの会のツアーで、4月6日と7日に、福島県川内村の養老牧場「みどりのまきば」に行く機会ありました。

そこには、コテツ(競走名:ルージュビクトリー)と、再就職支援プログラムの第7期生の愛ちゃん(競走名:プリンセスアイズ)がいます。

再就職支援プログラムの間の愛ちゃんは蹄が弱く、運動もいやで、お腹がすぐに痛くなってしまう虚弱体質でしたが、今では一日18時間の放牧で、すっかりたくましくなりました。疝痛もめっきり起さなくなったそうです。

「ボスのコテツに対抗できるのは愛だけ」と場長さんが言うほど、たくましいです。

愛ちゃんはここでは梅ちゃん(競走名:バットウーマン)、シルキー、コテツ、ビービーの5頭でのどかに暮らしています。

訪問したときは、梅の花が満開でした。

20190406-07DSC_0001R.JPG

20190406-07DSC_0992R.JPG
20190406-07DSC_0999R.JPG

20190406-07DSC_0998R.JPG

本日ちょうど、「みどりのまきば」の公式ブログに、立派な愛ちゃんの馬体が披露されていますので、こちらもぜひご覧ください。

20190406-07DSC_0030R.JPG
川内村では梅が満開。桜は4月下旬からゴールデンウィークに開花するそうです。




福島と言えば、被災馬フォスターホースのいる、厩舎みちくさが南相馬市にあります。

厩舎みちくさには、やはりプログラムの第11期生のコンコルダンスがいます。せっかくなので、ツアーを抜け出して行って参りました。

ダンスは牝馬なのですが、牝馬らしさがまったくないとみんな言うのだとか。牝馬というと気分にムラがあったり、神経質だったり...という感じですが、そうでないなら、むしろ褒め言葉ですね!体も立派です。

訪問したときには、コンコルダンスを引き取ってくださったオーナーさんもいらっしゃっていました。大事にしてくださって、ありがとうございます。

20190406-07DSC_0058R.JPG
プリップリの馬体!


20190406-07DSC_0059R.JPG


20190406-07DSC_0074R.JPG
広い放牧地は馬たちも大喜び

厩舎みちくさのフェイスブックでは、走り回るダンスとおにくんの動画も見られます。

紹介者の想いを受けてプログラムに参加した馬たちが、こうして大事にされていてとても嬉しいです。





ばんえい競馬カレンダー


今年もハクバオウジ株式会社様
再就職支援プログラムを
応援していただいています。

撮影:小久保巌義氏
ばんえい競馬
2019カレンダー
「命、煌めいて」
絶賛発売中!

詳細はカレンダー画像または
社名をクリック!