被災馬コテツの会のツアーで、4月6日と7日に、福島県川内村の養老牧場「みどりのまきば」に行く機会ありました。

そこには、コテツ(競走名:ルージュビクトリー)と、再就職支援プログラムの第7期生の愛ちゃん(競走名:プリンセスアイズ)がいます。

再就職支援プログラムの間の愛ちゃんは蹄が弱く、運動もいやで、お腹がすぐに痛くなってしまう虚弱体質でしたが、今では一日18時間の放牧で、すっかりたくましくなりました。疝痛もめっきり起さなくなったそうです。

「ボスのコテツに対抗できるのは愛だけ」と場長さんが言うほど、たくましいです。

愛ちゃんはここでは梅ちゃん(競走名:バットウーマン)、シルキー、コテツ、ビービーの5頭でのどかに暮らしています。

訪問したときは、梅の花が満開でした。

20190406-07DSC_0001R.JPG

20190406-07DSC_0992R.JPG
20190406-07DSC_0999R.JPG

20190406-07DSC_0998R.JPG

本日ちょうど、「みどりのまきば」の公式ブログに、立派な愛ちゃんの馬体が披露されていますので、こちらもぜひご覧ください。

20190406-07DSC_0030R.JPG
川内村では梅が満開。桜は4月下旬からゴールデンウィークに開花するそうです。




福島と言えば、被災馬フォスターホースのいる、厩舎みちくさが南相馬市にあります。

厩舎みちくさには、やはりプログラムの第11期生のコンコルダンスがいます。せっかくなので、ツアーを抜け出して行って参りました。

ダンスは牝馬なのですが、牝馬らしさがまったくないとみんな言うのだとか。牝馬というと気分にムラがあったり、神経質だったり...という感じですが、そうでないなら、むしろ褒め言葉ですね!体も立派です。

訪問したときには、コンコルダンスを引き取ってくださったオーナーさんもいらっしゃっていました。大事にしてくださって、ありがとうございます。

20190406-07DSC_0058R.JPG
プリップリの馬体!


20190406-07DSC_0059R.JPG


20190406-07DSC_0074R.JPG
広い放牧地は馬たちも大喜び

厩舎みちくさのフェイスブックでは、走り回るダンスとおにくんの動画も見られます。

紹介者の想いを受けてプログラムに参加した馬たちが、こうして大事にされていてとても嬉しいです。





第16期生のサカジロキクチャンが、4月21日にプログラムを卒業し、かなやま森林馬事公苑から愛知県の元農家のお宅へ移動しました。

kiku1555807399635R.jpg

引き取った方は、馬術部出身で、乗馬クラブでのインストラクターの経験のある方で家族の一員としてキクチャンを迎え入れてくださいました。


馬運車から降りる時から、興奮することなく終始落ち着いた様子だったとのことです。さすが、肝が据わっていると言われただけのことがありますね!

馬房に入ってからは、乾草をモリモリ食べながら周囲の様子を伺っていたようです。かなやま森林馬事公苑を出発したのが夜中の3時と早かったのでお腹が空いていたようです(笑)

kikuDSC_0007R.jpg

kiku1555807419016R.jpg
猫ちゃんも新しい仲間の偵察に?

無口が新調され、馬着やお手紙などのたくさんの贈り物がキクチャンとともに届いたそうです。紹介者様の想いとともに、しっかりと受け取っていただきました。

キクチャンは、1~2週間はあまり強い運動はせず、ゆっくりのんびりと馴らしていくとのこと。


kikuDSC_0016R.jpg
ご家族と


kikuDSC_0020R.jpg
キクチャンのこと、どうぞよろしくお願いいたします!



第14期生のリンちゃんの飼い主さんから、近況と画像が届きました!
いつもありがとうございます。
前回よりもさらに草が青々として、リンちゃんも嬉しそうですね!

◆ ◇ ◆ ◇ ◆


山形は春と冬を、交互に繰り返すような目まぐるしい天気で
体調的にも、農業的にも振り回されています。

リンは至って元気です。
普段は山登りや林の散策をして過ごしています。
最近、雉との遭遇率が高くてその動きに驚かされます。
また、カモ?が湖に集まってきていて、それが飛び立つ時も、リンは驚いてバタバタ。
車や大型バスが隣を通過するのはお構いなしですが、鳥の動きは苦手なようです。

リンは散策中のカラスは苦手なのですが、
馬小屋に来る、2羽のカラスとは仲がいいみたいで、良く一緒にいます。
そのカラス達が最近、リンのたてがみを拝借するようになってしまいました。
リンも気持ちがいいのか?背中にカラスを2羽乗せて、黙ってたてがみをむしられています。
き甲の方から少しずつ禿げていくリン・・・
きっと、ふさふさのカラスの巣が完成するでしょう。

そんなリンも3月8日で5歳になりました。
このまま無事に年を重ねていってくれればと思います。

P_20190404_135540.jpg

P_20190404_135551 (2).jpg
P_20190404_141130copy.jpg


先の記事に掲載した調馬索運動時の動画をアップしました!



蹄鉄を履いていないため、軽めの運動です。


引退馬協会の再就職支援プログラムでは、引退した競走馬を再調教(リトレーニング)し、適性を見極めて、無償譲渡いたします。これからも調教の様子をご報告して参りますので、エリモアラルマに興味を持った方ははこちらの「引き取りたい方」をお読みいただき、引き取りエントリーシートを提出してください。

適材適所へ譲渡いたしますので、受付が早い順ではありません。また、ご期待に添えない場合もありますので、ご了承ください。

引き取り希望者の見学のお申し込みはお問い合わせフォームからお願いします。



3月31日に、再就職支援プログラム第17期生のエリモアラルマが、待機先の高知から、群馬県のかなやま森林馬事公苑に到着しました。

移動したばかりのときは、やはり落ち着かずキョロキョロとしていましたが、「去勢はしなくてもいいのでは?」などと話が出るほど、おとなしくて穏やかな、13歳の牡馬です。

翌日、調馬索運動をしてみたところ、よく動き、歩様もいいとのこと。今は蹄鉄を履いていないので、軽めの運動で様子を見ていくそうです。

(※去勢手術はする予定です。)


EA69660_originalR.jpg
性格の良さそうなお顔


EA69977_originalR.jpg
軽く調馬索で運動中


EA69978_originalR.jpg
引退馬協会の再就職支援プログラムでは、引退した競走馬を再調教(リトレーニング)し、適性を見極めて、無償譲渡いたします。これからも調教の様子をご報告して参りますので、エリモアラルマに興味を持った方ははこちら「引き取りたい方」をお読みいただき、引き取りエントリーシートを提出してください。

適材適所へ譲渡いたしますので、受付が早い順ではありません。また、ご期待に添えない場合もありますので、ご了承ください。

引き取り希望者の見学のお申し込みはお問い合わせフォームからお願いします。



紹介者様の、エリモアラルマをプログラムに託す想い

「今まで一生懸命走って来たエリモアラルマをどうか次の道へ、幸せに穏やかに暮らせるように」
との亡きオーナー様の意向を受け、プログラムへ参加できればと申し込みました。

アラルマおじちゃんは大きな体で、穏やかな賢い、そしてひょうきんな性格なので、乗馬でもかわいがられる事間違いなしです。
どうかよろしくお願いします。

紹介者様からも画像が届きましたので、ご紹介します。

EA変顔jpgR.jpg
得意の(?)変顔


EAおすましR.jpg
本当はイケメンです


EA高知R.jpg
ここを離れるのはなんだか不安...


EA旅立ちR.jpg
高知からの旅立ち


EA馬運車R.jpg
馬運車の中で


エリモアラルマ

父 アフリート  母 アランダ

2006年3月28日生まれ

鹿毛 牡馬 (去勢予定です)

生涯成績 135戦17勝 (内 中央3勝)



福島県の「みどりのまきば」という養老牧場に譲渡した愛ちゃん(競走名:プリンセスアイズ)が、元気に3月25日に9歳の誕生日を迎えました。

愛ちゃんと言えば、体質が弱く、なかなか譲渡先が決まらなかったことをご記憶の方も多いかもしれません。

疝痛も多かった愛ちゃん、みどりのまきばさんにはご苦労をかけたと思いますが、飼養環境を工夫していただいて、今は疝痛もなくなっているそうです。

本当に感謝しています。

みどりのまきばさんのブログで、お誕生日の記事をアップしてくださいました。ぜひご覧ください!


群馬県のレオナルド・ダ・ヴィンチ牧場にいる、第3期卒業生のリュウノスターを訪問されたトウカイテイオー産駒の会様より、近況と画像を送っていただきましたのでご紹介いたします!

◆ ◇ ◆ ◇ ◆


来月の競技会に向けて、パートナーのNさんとレッスンに汗を流していました。
初入賞を果たし、次は上のクラスに挑むようです。

リュウノスター4.jpg

群馬に移動してから6年、環境に馴染んで自分の居場所を手に入れた幸せなスターでした。



リュウノスター1_(1).jpg

リュウノスター2.jpg


リュウノスター3.jpg
ブランレーヌが到着したときの様子がHorse Space 紡さんのブログにアップされました。

ぜひご覧ください!

日々、紡ぐ。 「白い女王」 (←クリック!)


第13期生 ウインスプラッシュ近況

第13期生のウインスプラッシュの近況が届きました!ありがとうございます!

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

ウインスプラッシュは、先週末の千葉県の県大会で、引き取ったHさんを背に、馬場馬術のA2課目で競技会デビューを果たしました。

WinSP157_largeR.jpg
「へへ!」
なんだか誇らしげに見えるウインスプラッシュ

難易度が低い課目ではありますが、初めての競技会参加で、1日目が1位(青リボン)、2日めが2位(赤リボン)を獲得することができました。これは大変すごいこと!

体も立派で動きがきれいだったので、外国産の乗用専用馬と審査員の方にも思われたそうで、「なんでこのレベルに出ているの?」と聞かれたHさん。

ウインスプラッシュは馬運車の乗り降りもスムーズでした。会場では多少パタパタする場面はあったものの、なかなか肝が据わっているようで、今後の活躍が楽しみです。

再就職支援の卒業生が馬場馬術の競技会でも活躍することで、引退競走馬の需要がさらに高まってくれればと願わずにいられません!

関係者のみなさま、そしてスプラッシュ君、おめでとうございます!そしてお疲れさまでした!

WinSP158_largeR.jpg
騎乗したHさんとトレーナーの沼田(拓)チーフ

WinSP159_largeR.jpg
沼田代表も一緒に!

WinSP160_largeR.jpg
素顔のウインスプラッシュ
穏やかな目がかわいいですね~

WinSP161_largeR.jpg
ますますのご活躍、期待しています!


再就職支援プログラムの卒業生、第14期生のリンちゃん(競走名:バージンファントム)の近況が届いたのでご紹介させていただきます。
いつもありがとうございます!
リンちゃんがとても元気そうで、何よりです!

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

山形にも春がきたようです。
ぽかぽか陽気が続き、雪も完全になくなり、果樹の芽も動き出しました。
例年より早いように思います。

Rin201903P_20190226_140112R.jpg
すでに青草が生えているとは、驚きです!
馬着なしで過ごせるだけ暖かいようです。

雪山を爆走してストレス?を発散していたリンは、雪が溶けてストレスがたまったようで、普段は走らない放牧場で、後肢を蹴り上げながら走り回るようになりました。
自分で発散せず張る一方だったので、自己処理してくれるようになって安心?ですね。

果樹剪定のお供で果樹園に連れて行くと、走り回りつつ、青草を食べつつ、人に近づきつつ...と、忙しそうにしています。


Rin201903P_20190301_112300R.jpg
リンちゃん、食べるのに夢中ですね!


Rin201903P_20190301_121100R.jpg
リンちゃん、かっこいい!

ばんえい競馬カレンダー


今年もハクバオウジ株式会社様
再就職支援プログラムを
応援していただいています。

撮影:小久保巌義氏
ばんえい競馬
2019カレンダー
「命、煌めいて」
絶賛発売中!

詳細はカレンダー画像または
社名をクリック!