リリース資料:新規フォスターホース2頭受け入れについて

2015年10月20日

報道関係資料(ダウンロード)


閉場する名門牧場の功労馬、引退馬協会のフォスターホースに!


中央競馬で活躍した重賞勝ち馬"ナイスネイチャ"や"トウショウフェノマ"他、引退した競走馬の余生を支える里親(フォスターペアレント)制度を1997年から続けている引退馬協会(千葉県香取市・代表理事 沼田恭子)では、10月いっぱいで閉場が決まっている名門のサラブレッド生産牧場 "トウショウ牧場"に功労馬として繋養されていたトウショウオリオン号(牡馬・22歳)とマザートウショウ号(牝馬・25歳)を"フォスターホース"として受け入れることになりました。

引退馬協会では、前身の「イグレット軽種馬フォスターペアレントの会」として活動していた1999年に、トウショウ牧場の生産馬トウショウフェノマをフォスターホースとして受け入れています。今回、引き受け先の相談を受けたときに、「高齢の馬たちに極力負担をかけたくない」という牧場関係者の馬に対する温かな配慮に触れ、何か役に立ちたいとの思いで2頭を引取ることとなりました。

10月26日(月)に、トウショウオリオンは北海道新ひだか町の本桐牧場に、マザートウショウは北海道浦河町の渡辺牧場に移動します。


「フォスターホース」とは
高額な負担となる馬の飼養ですが、引退馬協会では、たくさんの人で一頭の馬を支える"フォスターペアレント制度"というシステムによって引退馬の余生を支援をしてきました。直接の支援者である里親を"フォスターペアレント"、養っている馬を"フォスターホース"と呼んでいます。
トウショウオリオン、マザートウショウも、今後、フォスターペアレントを募集します。

【トウショウオリオン】
22歳牡馬。馬産地日高の一時代を支えたトウショウボーイ最終世代の産駒で、北九州記念(G3)勝ち馬。引退後はトウショウ牧場に功労馬として帰っていました。

TOSHO232R.JPG
トウショウオリオン

【マザートウショウ】
25歳牝馬。現役時代はクイーンC(G3)など重賞を3勝。引退後は繁殖生活に入り、2013年の出産子育てを最後にトウショウ牧場で余生を過ごしていました。

TOSHOIMGP4808R.JPG
マザートウショウ


この件に関する取材や問い合わせは下記にお願いいたします。
 
認定NPO法人引退馬協会
〒287-0025 千葉県香取市本矢作225-1
メールアドレス  info@rha.or.jp
公式ホームページ http://rha.or.jp

■本部
代表理事 沼田恭子
TEL 0478-59-0008/080-5962-1812

■北海道事務所
事務局長 加藤めぐみ
TEL 0123-76-7333/080-5962-1811
FAX  0123-88-4226

※電話に出られない場合があります。留守電にメッセージを残していただければ折り返しお電話いたします。




ばんえい競馬カレンダー


今年もハクバオウジ株式会社様
再就職支援プログラムを
応援していただいています。

ばんえい競馬2018カレンダー
「命、輝いて」
撮影:小久保巌義氏
絶賛発売中!

詳細はカレンダー画像または
社名をクリック!

アーカイブ

好評販売中!

2018フォスターホースカレンダー
(10月下旬順次発送)
フォスターホースの
生き生きした表情を捉えました。


「馬の命を守れ!~引退馬協会活動記録」
設立から現在に至るまで20年間の活動の記録です。

表紙はナイスネイチャ!