2016年1月アーカイブ

引退馬協会の事業のひとつとして行っている再就職支援プログラムの第7期生・プリンセスアイズ譲渡先募集のお知らせです。

再就職支援プログラムは、引退した競走馬に対して、人とおだやかに暮らすための馴致調教を行うプログラムです。
人間に順応してゆっくり歩くことができる練習や基礎的な乗馬の運動などを通して、おおよその馬の性格や能力を把握し、それぞれの馬に適した場所へ譲渡することを目指します。

これまでに6頭の元競走馬がプログラムを終えて、新たなスタートを切りました。
現在、プログラムを順調に終えた第7期生のプリンセスアイズの譲渡先を募集中です。
気性もよく、運動能力も優れ、担当のTさんからも「こんなに扱いやすい馬はなかなかいません。」とお褒めのことばをいただいたアイズちゃん。

DSC_0656_original.JPGお引き取りをご希望の方は、ぜひお問合せください。
詳しくは「再就職支援プログラムblog」をご覧ください。どうぞよろしくお願いいたします!


1月18日に荒木牧場から移動する予定とお伝えしていた響輝は、18日から19日にかけて大雪になるとの予報が出ていたため、急遽変更して、1月21日に荒木牧場を出発、翌22日に無事、埼玉県・越生町の小森様にお引き渡しいたしました。

到着日の午後の響輝
IMGP0271_original.JPG
荒木牧場では、長距離移動に備えて前日に抗生剤を注射したり、当日は朝5時から放牧してリラックスできるようにしたり、また、水分補給と脚元にバンテージも巻いてくださいました。
午前8時頃、到着した馬運車に乗り込んだ響輝は、少し不安そうな表情をしていたとのこと、かわいがってくださった荒木様とのお別れがわかっていたのかもしれません。
(荒木牧場での響輝の様子は「荒木牧場功労馬サポーターズ」のfacebookページからご覧いただけます。)

そして22日の午前8時頃、24時間の長旅を終えて、無事、小森様の待つ越生に到着しました。
後ろ向きで馬運車を降りる時は少し手間取ったようですが、降りてからは、前日から大鋸粉を敷いて用意してくださっていた馬房へすんなりと入っていったそうです。

自然に囲まれた馬場のひとつ
砂とゴムチップを混ぜ、クッション性の良い仕様になっています
IMGP0254_original.JPG
夏涼しく、秋には紅葉に彩られる放牧地(2015年12月撮影)
IMG_5653_original.JPG
元料亭の離れを改造して作られた厩舎の内部です
IMGP0259_original.JPG
馬房に入った響輝はこれから自分の住む場所を確かめるかのようにゴロンとした後で、消化のいい温かなフスマ粥を食べて、またゴロン。

リラックスした表情をしています
IMGP0243_original.JPG
食欲もしっかり。「まだ食べるよ~!」
IMGP0245_original.JPG
厩舎には7頭の馬がいますが、どの馬もとても穏やかで表情が豊かです。
ちゃんと言葉を理解しているかのように感じるのは、小森様が普段から馬に話しかけながら接しているからなのでしょう。
響輝も人懐こく甘えん坊ですが、みんな響輝に負けないくらい甘えん坊のようで、新入りの響輝は、あちこちからヤキモチを焼かれていました。

まだ周りが気になります
IMGP0270_original.JPG
厩舎から聞こえるいななきに反応
IMGP0274_original.JPG
体調も良さそうだったので、午後からは歩様を見るために馬場に出して軽い運動をさせてもらいました。
常歩には乱れは見られませんでしたが、軽速歩になると、運動をしていない期間が長かったせいか、からだ全体が固まってしまっており、すんなりと脚が出せない状態です。

IMGP0281_original.JPG
これまで継続してケアをしていただいてきたおかげでずいぶんと良くなってはいるものの、もしかしたら痛かった時の記憶もあるのかもしれないとのこと。
そんな響輝に、小森様は、「響輝くんは13歳とまだまだ若い馬。馬の寿命から考えるとまだ半分ですから、蹄のケアを継続しつつ、まずはからだを伸ばすために軽めな運動から始めて、徐々に十分に運動をさせることで、元気で長生きができるようにしてあげたい」と仰ってくださいました。

小森様の言葉が聞こえたのでしょうか、安心したかのように馬場でゴロンする響輝(笑)

IMGP0277_original.JPG
IMGP0279_original.JPG
IMGP0280_original.JPGこれから響輝は、馬に触れたことのない方とのふれあいや、馬のお手入れレクチャーのパートナーとして、新たな馬生を送っていきます。
蹄が良くなるまでには少なくとも1年、もしかしたら完治することはないかもしれないそうですが、人間が大好きな響輝の個性を活かしていただき、この穏やかな場所で暮らせることは何より幸せなことだと思います。

響輝がこの場所に辿り着くことができたのは、本当にたくさんの方々が支えてくださったおかげです。
あたたかなご支援とご協力に、あらためまして心から御礼申し上げます。

みなさん、ありがとうございました!
IMGP0275_original.JPG
みなさまからいただいたご寄付の2016年1月25日時点の収支を報告いたします。

収入 ご寄付 159,000円
支出 馬運代  54,000円(乗馬クラブメインフィールズから荒木牧場へ)
    預託料  86,400円(2015年12月から2016年1月分)
    馬着代  35,640円
      合計 176,040円
           *出発時に投与した抗生剤の費用は来月精算の為、含まず
      差引 -17,040円
      
不足額はペガサスの翼基金より拠出させていただきました。

これからもどうか、響輝の新しい馬生を末永く見守っていただけますよう、よろしくお願いいたします。
FP会員 一般 賛同会員 公開イベント

2016年最初のフォスターホースと過ごす日を下記のとおり開催いたします。
冬毛でモフモフの馬たちと触れ合って、あったか~いひとときを過ごしてみませんか?
初参加の方、おひとり様でのご参加、ご家族やご友人のご同伴も大歓迎です。
今回も2016年フォスターホースカレンダーやポストカードセット、ロゴ入りクリアファイルなどの引退馬協会オリジナルグッズと、昨年、新潟競馬場で企画展を行った「引退馬の余生を考える会」のオリジナルピンバッジも販売いたします。 
たくさんの方のご参加をお待ちしています!!
※初参加の方は、沼田代表からごあいさつと説明をさせていただきますので、
 12:30までにクラブハウスにお集まりいただけますよう、お願いいたします。


◆日  時:2月28日(日)
 12:50 クラブハウス集合
  13:00 フォスターホースの馬房前トーク
 14:00 騎乗体験、お手入れ
     ※馬たちの状態や天候により、当日、急な変更が
     ありますのであらかじめご了承ください。

一般会員・FP会員の方は必ずID証をお持ちください。
 賛同会員・ビジターの方へは当日お渡しします。
※馬へのおやつ大歓迎です!あげる時は、必ず事前に乗馬クラブスタッフの
 指示に従ってください。

◆会  場:乗馬倶楽部イグレット(http://www.egret.co.jp/)
◆会  費:無料
◆対  象:会員ならどなたでも。非会員の同伴可。
      ※当会の活動に興味のある方なら同伴でなくてもご参加いただけます。
◆服  装:汚れてもよい動きやすい服装、靴、軍手(クラブでの着替えもできます)
◆参加方法:会員情報管理課Tel/Fax:045-878-3060(土日祝日を除く10:00~18:00)、
         またはメール: fosterp@rha.or.jp宛にお申込みください。
        留守番電話になっている場合はメッセージを残していただければ、
        折り返し連絡いたします。
◆交  通:千葉交通・京成バス共同運行(片道1,650円)
       http://www.chibakotsu.co.jp/kousoku/chosi.htm
       「銚子東京線・旭ルート 犬吠埼太陽の里行」利用
        バス停「大栄」より無料送迎が可能です。 (正会員優先・定員あり)
             ①東京駅八重洲口発 10:30 → 大栄着 11:36
             ②東京駅八重洲口発 11:10 → 大栄着 12:16
       ◆送迎をご希望の方は参加申込時にお知らせください。
         メールでお申込みいただいた方へは折り返しご連絡いたします。
       当日はこの2便以外の送迎には対応しておりませんので、その他の便を
       ご利用の方は各自でお越しください。
       ◆タクシーご利用の場合
        「銚子東京線・佐原小見川ルート 銚子駅行」佐原駅北口」下車
         東京駅八重洲口発 10:40発 → 佐原駅北口着 12:14着
         佐原駅南口タクシー乗り場より約15分。料金は約2,000円です。

たくさんのご参加をお待ちしています!

現在、新ひだか町の荒木牧場さんに一時預託し、蹄のケアをしていただいている響輝の移動日が決まりました。

当初、移動は、蹄の状態が良くなって、心身ともにリフレッシュもできてからと考えておりましたが、今年の日高はクッションになる積雪がほとんどないため、地面が凍って放牧地が固くなっており、移動先のほうが蹄にとって楽なのではないかということもあり、荒木さんからも、響輝の体調もいい状態にあることから、1月中に移動したほうが良いでしょうとのご助言をいただいていました。
これを受けて、会では、お引受先の小森様のところでも引き続き十分なケアを行っていただけることを考え、1月18日(月)に移動することを決定しました。


乾草をクッションに立つ響輝
DSC_0002_original.JPG
荒木牧場さんを18日の朝に出発し、埼玉県・越生町の小森様のところへは19日の午前中に到着する予定です。

日高山脈をバックに
DSC_0193_original.JPG
FP会員 一般 賛同会員 


いよいよ、新年懇親パーティーが明日となりました。
既にたくさんの方からお申込みをいただいており、とても楽しく盛り上がりそうな予感です!
みなさまにお会いできますのを、沼田代表はじめ一同楽しみにしております。

なお、当初、受付開始時間を17時とお伝えしておりましたが、準備の関係上
17:15からに変更
させていただきますので、ご了承ください。


☆☆☆懇親パーティーの詳細は下記のとおりです☆☆☆

2016年の年明け、美味しいお料理をいただきながら、
馬たちの話題で盛り上がりましょう!
沼田代表はもちろん、北海道からは加藤も参加します。
当日は大型プロジェクターでフォスターホースたちの映像をご覧いただいたり、
お楽しみ抽選会もあります。

■日  時:1月9日(土) 17:30~20:30(17:15受付開始)
■会  場:天空飲茶酒家(てんくうやむちゃしゅか)
              東京都中央区銀座7-2-20  パシフィック銀座ビル8階
■アクセス:地下鉄銀座駅/JR有楽町駅/JR・地下鉄・ゆりかもめ新橋駅/
       地下鉄日比谷駅/都営三田線内幸町駅より徒歩5分
       ※地図はこちらから
         銀座駅から→外堀通りを新橋方面に『銀座西6』の交差点を右に、
                  スターバックスを左折して、左手。
         新橋駅(銀座口)から→外堀通りを銀座方面に『銀座西6』の交差点を
                        左に。
■会  費:4,500円(お料理・フリードリンク)
       ※ソフトドリンクのみの方は4,000円です。
■対  象:会員ならどなたでも。

※万が一、ご都合によりキャンセルされる場合は、
  本日1月8日の18時までに下記までご連絡をお願いいたします

   (コース料理を予約しておりますので、当日はキャンセル料が発生いたします。)
  連絡先:新年懇親会受付係:Tel/Fax:045-878-3060
                    携帯:080-5676-3408
        ※留守番電話になっている場合はメッセージを残してください。
        メール: fosterp@rha.or.jp
スキャンを日高スタリオンステーションより引き受けさせていただき、半月が経ちました。

緊急措置として荒木牧場功労馬サポーターズの中間支援を利用させていただき、仮移動という形で置いていただいておりましたが、新しい環境にも慣れ、元気いっぱいとのことです。

SCANIMG_3770_originalR.JPG
12月26日撮影
(転載自由)

これまでに多くの方からご支援いただき、スキャンへのご支援が年末の時点で約100万円のご寄付が集まりました。これは年間の飼養経費に相当し、短期間でこれだけのご寄付が集まったことに、ご支援いただいた皆様のお気持ちにただただ感謝申し上げます。

また、現在までにこのまま引退馬協会の所有馬としてスキャンを繋養してほしいとのお声も数多く届いております。

27歳と高齢であることからも、このまま環境を変えずに繋養していくことが最善であると当会でも判断し、今後は、引退馬協会の所有馬として荒木牧場に正式に預託をお願いし、集まったご寄付から預託料ほか繋養にかかる経費として使わせていただくことにいたしました。

スキャンを繋養していくために、今後3年間の経費として300万円を目標とし「スキャン基金(仮称)」として管理する予定です。
皆様のご協力をお願い申し上げますとともに、穏やかなサードライフ(「第三の馬生」)を見守っていただけたら幸いに存じます。



スキャン支援のご寄付について

スキャン号へのご寄付は寄付金控除の対象となります。寄附金受領書を発行しますので、ご住所とお名前がわかる郵便局の払込用紙や口座間振替でご送金いただくか、別途お名前、ご住所、送金日、送金金額をお知らせください。


「ペガサスの翼基金」

ゆうちょ銀行(郵便局)振替口座:  

記号-番号  02770-3-46735
加入者名    ペガサスの翼基金  (ペガサスノツバサキキン)

通信欄に「スキャン支援」とご記入ください。また、「スキャン支援」という記載がないご寄付についてもスキャン支援に充てさせていただきます。


他行からお振込みの場合:

ゆうちょ銀行 
店名      二七九 店 (ニナナキュウ)
店番      279
口座番号   当座 0046735
口座名義   ペガサスの翼基金 (ペガサスノツバサキキン)

他行からお振込みの場合は、送金者名の後ろに「スキャン」と入れてください。

  • 別途メールにて、ご送金者名、ご住所、送金日、送金金額をお知らせいただければ、優遇税制を受けるための寄附金受領書をお送りいたします。

ペイパルからのご寄付:


  • ペイパルより通知される「配送先住所」宛に、寄附金受領書をお送りいたします。寄付金受領書が不要の場合は、「配送先住所」の下の、メッセージ入力欄に「領収書不要」とご記載ください。

SCANIMG_3763_originalR.JPG

SCANIMG_3764_originalR.JPG

SCANIMG_3778_originalR.JPG
画像はいずれも12月26日撮影のものです。
本ページの画像は転載自由です。
引退馬協会の対外支援活動の引退馬ネット事業では、新規団体のサポートを休止しておりましたが、この度新規団体のサポートを再開することとなりました。

再開後の最初のサポートは、サカモトホースファミリー代表:坂本光春氏)となります。

サカモトホースファミリーは、フォスターホースのハリマブライトの故郷、サポートホースのビッグゴールド(ビッグゴールドサポータークラブ)や、今は亡きマイネルスティングの預託先でもある、引退馬協会とは縁の深いの静内坂本牧場が新たに立ち上げた団体です。

サポートホースとなるサカモトホースファミリーの第1号はアンバーネックレス(31歳)です。

ハリマブライトがフォスターホースになったことが最初のきっかけで、引退馬のことを真剣に考えるようになった坂本さんご夫妻が、どのような経緯でサカモトホースファミリーを設立したか、ぜひ「設立の経緯とごあいさつ」をご一読いただき、たくさんの方にご参加いただけたらと幸いです。



ambernecklace.jpg
若々しいアンバーネックレス。
1985年4月28日生まれ 栗毛  31歳(2016年1月1日現在)
父 ノーザンテースト  母 シヤダイマリア
「アンバーさん」として多くの人に親しまれています。



◆会員募集!

  • 1口 2,000円(複数口可)

ご入会はオンラインにてお申込みできます。「設立の経緯とごあいさつ」、「会則」をご確認の上、入会フォームよりお申し込みください。

入会案内の郵送を希望される方は、引退馬ネット事務局まで郵送先のご住所とお名前、「サカモトホースファミリー入会案内希望」と明記しご請求ください。(個人情報は案内書の送付のみに使用します。)


◆ご寄付の受付

ご寄付を引退馬ネットにて受け付けています。ご送金の際は、「サカモトホースファミリー」または「アンバーネックレス」と必ず明記してください。お預かりしたご寄付は、全額「サカモトホースファミリー」の会計に入れさせていただきます。

サポートホースへのご寄付は各団体へのご寄付となるため、寄付金控除の対象外となりますのでご了承ください。


ゆうちょ銀行(郵便局)振替口座:

記号-番号  02750-9-76264
加入者名   引退馬・ネット  (真ん中に 「・」が入ります カタカナ名:インタイバネット)

  • 払込用紙のご住所に引退馬ネット事務局より領収書を送付いたします。
  • 払込用紙に「アンバーネックレス」または「サカモトホースファミリー」お書きください。
  • お名前、ご住所は会の代表にご報告いたします。匿名を希望される場合はその旨通信欄にお書きください。

他行から:

ゆうちょ銀行 
店名     二七九 店(ニナナキュウ)  
店番     279
口座番号  当座 0076264
口座名義  引退馬・ネット (インタイバネット)

  • 必ず別途馬名または会名、お名前、ご住所、送金日、送金金額をお知らせください。
  • お名前、ご住所は会の代表にご報告いたします。匿名を希望される場合はその旨お書きください。

好評販売中!

2018フォスターホースカレンダー
(10月下旬順次発送)
フォスターホースの
生き生きした表情を捉えました。


「馬の命を守れ!~引退馬協会活動記録」
設立から現在に至るまで20年間の活動の記録です。

表紙はナイスネイチャ!

ばんえい競馬カレンダー


今年もハクバオウジ株式会社様
再就職支援プログラムを
応援していただいています。

ばんえい競馬2018カレンダー
「命、輝いて」
撮影:小久保巌義氏
絶賛発売中!

詳細はカレンダー画像または
社名をクリック!

アーカイブ