響輝が終の棲家へと移動しました

| コメント(0) | トラックバック(0)
1月18日に荒木牧場から移動する予定とお伝えしていた響輝は、18日から19日にかけて大雪になるとの予報が出ていたため、急遽変更して、1月21日に荒木牧場を出発、翌22日に無事、埼玉県・越生町の小森様にお引き渡しいたしました。

到着日の午後の響輝
IMGP0271_original.JPG
荒木牧場では、長距離移動に備えて前日に抗生剤を注射したり、当日は朝5時から放牧してリラックスできるようにしたり、また、水分補給と脚元にバンテージも巻いてくださいました。
午前8時頃、到着した馬運車に乗り込んだ響輝は、少し不安そうな表情をしていたとのこと、かわいがってくださった荒木様とのお別れがわかっていたのかもしれません。
(荒木牧場での響輝の様子は「荒木牧場功労馬サポーターズ」のfacebookページからご覧いただけます。)

そして22日の午前8時頃、24時間の長旅を終えて、無事、小森様の待つ越生に到着しました。
後ろ向きで馬運車を降りる時は少し手間取ったようですが、降りてからは、前日から大鋸粉を敷いて用意してくださっていた馬房へすんなりと入っていったそうです。

自然に囲まれた馬場のひとつ
砂とゴムチップを混ぜ、クッション性の良い仕様になっています
IMGP0254_original.JPG
夏涼しく、秋には紅葉に彩られる放牧地(2015年12月撮影)
IMG_5653_original.JPG
元料亭の離れを改造して作られた厩舎の内部です
IMGP0259_original.JPG
馬房に入った響輝はこれから自分の住む場所を確かめるかのようにゴロンとした後で、消化のいい温かなフスマ粥を食べて、またゴロン。

リラックスした表情をしています
IMGP0243_original.JPG
食欲もしっかり。「まだ食べるよ~!」
IMGP0245_original.JPG
厩舎には7頭の馬がいますが、どの馬もとても穏やかで表情が豊かです。
ちゃんと言葉を理解しているかのように感じるのは、小森様が普段から馬に話しかけながら接しているからなのでしょう。
響輝も人懐こく甘えん坊ですが、みんな響輝に負けないくらい甘えん坊のようで、新入りの響輝は、あちこちからヤキモチを焼かれていました。

まだ周りが気になります
IMGP0270_original.JPG
厩舎から聞こえるいななきに反応
IMGP0274_original.JPG
体調も良さそうだったので、午後からは歩様を見るために馬場に出して軽い運動をさせてもらいました。
常歩には乱れは見られませんでしたが、軽速歩になると、運動をしていない期間が長かったせいか、からだ全体が固まってしまっており、すんなりと脚が出せない状態です。

IMGP0281_original.JPG
これまで継続してケアをしていただいてきたおかげでずいぶんと良くなってはいるものの、もしかしたら痛かった時の記憶もあるのかもしれないとのこと。
そんな響輝に、小森様は、「響輝くんは13歳とまだまだ若い馬。馬の寿命から考えるとまだ半分ですから、蹄のケアを継続しつつ、まずはからだを伸ばすために軽めな運動から始めて、徐々に十分に運動をさせることで、元気で長生きができるようにしてあげたい」と仰ってくださいました。

小森様の言葉が聞こえたのでしょうか、安心したかのように馬場でゴロンする響輝(笑)

IMGP0277_original.JPG
IMGP0279_original.JPG
IMGP0280_original.JPGこれから響輝は、馬に触れたことのない方とのふれあいや、馬のお手入れレクチャーのパートナーとして、新たな馬生を送っていきます。
蹄が良くなるまでには少なくとも1年、もしかしたら完治することはないかもしれないそうですが、人間が大好きな響輝の個性を活かしていただき、この穏やかな場所で暮らせることは何より幸せなことだと思います。

響輝がこの場所に辿り着くことができたのは、本当にたくさんの方々が支えてくださったおかげです。
あたたかなご支援とご協力に、あらためまして心から御礼申し上げます。

みなさん、ありがとうございました!
IMGP0275_original.JPG
みなさまからいただいたご寄付の2016年1月25日時点の収支を報告いたします。

収入 ご寄付 159,000円
支出 馬運代  54,000円(乗馬クラブメインフィールズから荒木牧場へ)
    預託料  86,400円(2015年12月から2016年1月分)
    馬着代  35,640円
      合計 176,040円
           *出発時に投与した抗生剤の費用は来月精算の為、含まず
      差引 -17,040円
      
不足額はペガサスの翼基金より拠出させていただきました。

これからもどうか、響輝の新しい馬生を末永く見守っていただけますよう、よろしくお願いいたします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/989

コメントする

ばんえい競馬カレンダー


今年もハクバオウジ株式会社様
再就職支援プログラムを
応援していただいています。

ばんえい競馬2018カレンダー
「命、輝いて」
撮影:小久保巌義氏
残部僅少

詳細はカレンダー画像または
社名をクリック!

アーカイブ