騎馬隊退役馬・翔馬号、新たな馬生へ

| コメント(0) | トラックバック(0)
引退馬協会会員のみなさまにRHA通信第20号でお知らせしていた、警視庁騎馬隊を退役した翔馬(しょうま)号を、5月11日、愛知県常滑市の乗馬クラブクリスへお引き渡ししました。

IMGP7116_original.JPG
響輝より一歳年上の翔馬は、2002年生まれの14歳。
「マチカネシロガネ」という競走馬名でJRAに登録されたものの、一度もレースに出ることなく4歳で引退し、騎馬隊に入隊しました。
それから10年間、穏やかで従順な気性から、「困った時の翔馬さん」と頼りにされ、後輩たちの模範ともなる大ベテランとして、どんな任務でもしっかりこなしてきましたが、アスファルトの上での長年の任務のため、もともと弱かった蹄が昨年暮れから悪化してしまい、これ以上の任務はかわいそうということで、引退することになりました。

騎馬隊から、翔馬の状態を十分にご納得いただいた上で引き取ってくださる方を探しているとのご相談を受けて引取先を探していた中、「ふれあいを通じて子供たちに馬のすばらしさを知って欲しい」と、気性の穏やかな馬を探していらした乗馬クラブクリスさんに翔馬のことを伝えたところ、前向きに検討してくださるとのお返事をいただきました。

その後、蹄の状態の画像や、引き馬での歩様や馬場で人を乗せた時の動きを撮影した動画を確認していただき、あらためて引き取りたいとのお申し出をいただいて、譲渡が決定。
手続きの関係で当初の予定より少しずれ込みましたが、5月11日に移動することになりました。

移動日当日。
担当の隊員さんにきれいに洗ってもらい、輸送に備えてみなさんで脚にバンテージを巻いてもらって、馬運車の到着を待っているところです。

IMGP7415.jpg
IMGP7429.JPG乗馬クラブクリスのオーナー様の運転する馬運車が到着し、申し送りをして、いよいよ長い間一緒にお仕事をしてきたみなさんとのお別れの時間です。

IMGP7433.JPG
馬運車に馬着や乾草などの「婿入り道具」を積み込んでもらった翔馬は、一瞬だけ乗るのを嫌がるそぶりを見せましたが、隊員さんに促されるとすっと乗り込みました。

IMGP7444.jpgIMGP7447.jpgIMGP7449.JPG馬運車に乗るのも久しぶりです。
見慣れない車内の様子に少し不安そうな表情をする翔馬に、隊員さん達が代わる代わる人参をあげながら、「元気でね!」「がんばれよ!」と声をかけていました。

IMGP7453.jpg
午前9時半、いよいよ出発。
「ありがとう!」と応えるかのように、大きくひと声いなないた翔馬は、みなさんに見送られて、住み慣れた厩舎をあとにしました。

IMGP7457.JPG
この日は風がとても強く、道中、時折強い雨も降っていたそうですが、出発から約6時間後の午後4時前、無事に到着したとの連絡をいただきました。

スタッフさんによると、「久しぶりの輸送にも関わらず、馬運車から下ろした時は、疲れも感じさせない歩様だったので安心しました。」とのこと。
輸送中はオシッコを我慢していたようで、洗い場ですぐと、馬房に入ってすぐの2回立て続けにし、それから落ち着いた感じで乾草を食べていたそうです。

おつかれさまでした。
1463035616289.jpg

耳が大きい!
1463035727323.jpg
厩舎にいる牡馬が翔馬をとても気に入ってしまい、いななきあって大変だったそうで、
「おとなしいと聞いていたけれど、そうでもないようです(笑)でも、とても馬添いのいい馬ですね。」とのご報告でした。
到着早々にこれから一緒に暮らす仲間に気に入ってもらえるなんて、幸先のいいスタートを切ることができたようです。

今朝の運動時の様子。運動前も運動後も歩様に異状は見られませんでした。

1463107601235.jpg
予防接種も無事に終わり、獣医師に足元も診ていただきました。
画像は運動後に放牧した時のもの。「早く帰りたいよ~!」と、入口付近でずっと鳴いていたそうです。

1463106952462.jpg
翔馬が暮らす愛知県常滑市の乗馬クラブクリスは、中部国際空港セントレアからすぐ近く、名古屋市内からは高速を使って車で40分くらいの場所にあります。
空港に近いとは思えないくらい静かなところで、途中、街道沿いには日本六古窯の一つ、常滑焼のお店が並んでいて、ゆっくり立ち寄ってみるのも楽しそうです。
気候の温暖な知多半島は、東海地方のリゾートとして人気のある地域。
名古屋には美味しい食べ物もたくさんありますし、北海道事務所の加藤の報告では、空港の中にも美味しいお店がたくさんあって、迷ってしまうほどだったとか(笑)

これから翔馬は、のんびりとした穏やかな環境の中で、蹄のケアをし、状況をみながら少しずつ運動を再開して、地域のみなさんとのふれあいイベントや体験乗馬などのお仕事をしていきます。
新しい馬生をスタートさせた翔馬にぜひ会いに行ってあげてください。
応援、どうぞよろしくお願いいたします!

乗馬クラブクリスのホームページはこちらから→http://www.rc-kris.com/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1112

コメントする

ばんえい競馬カレンダー


今年もハクバオウジ株式会社様
再就職支援プログラムを
応援していただいています。

ばんえい競馬2018カレンダー
「命、輝いて」
撮影:小久保巌義氏
残部僅少

詳細はカレンダー画像または
社名をクリック!

アーカイブ