朗報!おにくんのプロフィールが判明しました

| コメント(0) | トラックバック(0)
東日本大震災の被災馬で、昨年フォスターホースになった「おにくん」。
震災で健康手帳が紛失してしまったため、生年月日も父母名もわかりませんでしたが、おにくんに似ている馬をご存知の方からの連絡により、このたび、晴れてプロフィールが明らかになりました!

その名は「ナイキプラネット」

しゃき~ん!!
image_original.png2006年5月24日生まれ、今年11歳になります。
父ホワイトマズル、母フジノマジョルカという血統で、船橋競馬の川島正行厩舎に所属。
現役時代は[0-1-0-12]の成績で2009年に現役を引退し、乗馬として第二の馬生を歩み始めました。

震災後に個人の方に譲渡され、今は引退馬協会の被災馬見守りスタッフとして尽力してくださった脇坂南さんが立ち上げた「厩舎みちくさ」で暮らす、おにくん。

厩舎みちくさの会員さんが、以前いた乗馬クラブにいた馬の顔立ちにおにくんが似ているということから調べたら、「もしかしたらナイキプラネットではないか...」という仮説を立てました。仮説をもとにネットでナイキプラネットを検索してみると、おにくんとウリ二つの画像がいくつか見つかりました。

マイクロチップが入っていない世代のため、固体確認は、身体的な特徴に頼るほかありません。

おにくんは特徴がとても少ない馬ですが、JAIRS(ジャパン・スタッドブック・インタ―ナショナル)に登録情報を問い合わせ、「珠目二上中 右二小白」という特徴を
脇坂さんが確認しました。

ほぼ間違いないと確認ができたのですが、一つだけ残った疑問は、ナイキプラネットは鹿毛と登録されているのに、おにくんは黒っぽい馬体をしていること。

しかしこれも脇坂さんから、「おにくんも夏前になると、とても明るい毛色になる」と確認しクリアできました。
ナイキプラネットの現役時代や乗馬クラブ時代の写真を確認しても、時期によっては黒っぽいこともわかりました。

今回おにくんの身元が判明したのは、近くにいる方たちの観察力の賜物です。日々、表情等に最新の注意をして下さっているからこそと思います。


南相馬にいた当初はからだが弱くていじめられっこだったため、「ビッグボディにスモールハート」と言われていましたが、今では
外国産の大型乗用馬と間違えられるくらいのパワーホースとなり、幸せで楽しい日々を過ごしています。

プロフィールでは「推定13歳」と実年齢より2つも年上にしてしまっていました。
おにくん、ごめんなさい。
5月24日に、今度は本当のお誕生日をお祝いしましょう!

おにくんがフォスターホースになった経緯は、フォスターホース紹介のページFH-No.18 おにくん Onikunをご覧ください。


おにくんを支えて下さる"被災馬FP会員"
募集中!


預託料のバランスや、今後増えるかもしれない被災馬フォスターホースを考慮して、一頭ずつのフォスターペアレントの募集ではなく、ホーストラスト鹿児島に預託しているハーモニィチトセチャン、コッチャンと合わせて3頭まとめての募集となります。
オンラインからのお申込みや、 変更依頼フォームでのお申込みが可能となっております。
たくさんの方にFPさんになっていただければ幸いです。

被災馬FP会員: 0.5口(月2000円)~
注)引退馬協会の新規会員になる方、賛同会員からFP会員になる方は、別途引退馬協会の会費が1000円(月)かかります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1337

コメントする

ばんえい競馬カレンダー


今年もハクバオウジ株式会社様
再就職支援プログラムを
応援していただいています。

ばんえい競馬2018カレンダー
「命、輝いて」
撮影:小久保巌義氏
絶賛発売中!

詳細はカレンダー画像または
社名をクリック!

アーカイブ

好評販売中!

2018フォスターホースカレンダー
(10月下旬順次発送)
フォスターホースの
生き生きした表情を捉えました。


「馬の命を守れ!~引退馬協会活動記録」
設立から現在に至るまで20年間の活動の記録です。

表紙はナイスネイチャ!