根岸競馬場保存活動イベント開催のお知らせ

| コメント(0) | トラックバック(0)
日本で初めて洋式競馬が開催された根岸競馬場(横浜競馬場)は、現在、当時の建物のほとんどが解体され、一等馬見所を残すのみとなっていますが、ここも老朽化が進んで危険なため立ち入り禁止となっており、具体的な修復・保存は計画されていません。

この歴史的に大きな意味のある建物を何とか保存できないかと考え、まずは多くのみなさまに知っていただきたいと、2016年10月22日に「日本近代競馬150年と旧根岸競馬場」と題したシンポジウムと記念コンサートを開催しました。

今回はそれに続く第二弾のイベントとして、9月2日(土)に
「おはなしと音楽でたどる、日本近代競馬黎明期」
を開催します。

大きな会場ではありませんが、お時間の合う方はぜひお運びいただければ幸いです。

日 時:2017年9月2日(土) 13時30分~15時30分
会 場:横浜市・根岸 「JRA馬の博物館」地下一階イベントホール(定員100名)
    横浜市中区根岸台1-3 TEL:045-662-7581
講 師:やまさき拓味氏(当時を描いた漫画「竜蹄の門」作者 引退馬協会理事)
    馬の博物館学芸員 三舩康道氏(建築家)
主 催 NPO法人歴史的建造物とまちづくりの会
    認定NPO法人引退馬協会

【内容】
日本近代競馬黎明期に競馬場で流れていた音楽を生演奏で聴きながら、やまさき拓味さんの絵をバックに講師の方々のお話を伺います。
今年もハープ、バイオリン、鍵盤楽器の演奏者を迎え、昨年同様に馬をテーマにした曲もたくさんお聴きいただけます。
参 加 費 無料
  ※博物館の入館料は有料(大人100円、小中高生30円)となります。

20901296_1745926092371773_3871502881610086814_o.jpg
20861892_1745926095705106_6686051835389924456_o.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rha.or.jp/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1422

コメントする

ばんえい競馬カレンダー


今年もハクバオウジ株式会社様
再就職支援プログラムを
応援していただいています。

ばんえい競馬2018カレンダー
「命、輝いて」
撮影:小久保巌義氏
絶賛発売中!

詳細はカレンダー画像または
社名をクリック!

アーカイブ

好評販売中!

2018フォスターホースカレンダー
(10月下旬順次発送)
フォスターホースの
生き生きした表情を捉えました。


「馬の命を守れ!~引退馬協会活動記録」
設立から現在に至るまで20年間の活動の記録です。

表紙はナイスネイチャ!