2017年12月アーカイブ

いつもあたたかなご支援をいただき、ありがとうございます。

引退馬協会から郵便やゆうパックで発送している送付物が、北海道も含めた各地で大雪となっている影響で、配達に遅れが生じている とのことです。

宅急便も同じ状況が見込まれますので、お手元に届きますまで通常より時間がかかっておりますことをご了承ください。

ご不明な点やお問合せは、メールにて、info@rha.or.jpまでお知らせください。
12月29日から1月3日まで事務局業務がお休みとなります為、1月4日以降、順次返信いたします。
いよいよ2017年も残りわずかとなってきました。
今年もみなさまよりあたたかなご支援をいただきましたことに心より感謝申し上げます。

年末年始の事務局業務とフォスターホースたちの見学・訪問について、下記のとおり、お知らせいたします。

【引退馬協会本部・北海道事務所・引退馬ネット事務局・横浜支部・会員情報管理課】
2016年12月29日(金)から2017年1月3日(水)まで休業となります。
この間、お電話での受付はできません。
ファックス・メールは受け付けておりますが、返信は1月4日(木)からとなります。

【引退馬協会会員様の年末年始のフォスターホースご訪問・見学】
繋養先によって異なります。
繋養先への連絡方法や見学方法などの詳細はRHA通信に添付の「連絡先一覧」をご参照ください。
(非会員の方は「競走馬のふるさと案内所」に準じてのご訪問・見学となります。)

※ハリマブライト・コアレスピューマ
【乗馬倶楽部イグレット】
12月31日から1月3日までお休み

※ナイスネイチャ・セントミサイル・マザートウショウ
【渡辺牧場】
年末年始も見学訪問可
日が短いので午後3時以降は厩舎内での見学になります。 

※コッチャン・ハーモニィチトセチャン
【ホーストラスト】
見学はご予約をいただければ可能です。 
自由見学可能な放牧地はどの時間帯でも見学できますが、ご案内が必要な放牧地は午後のみ(13時以降)ご予約を受け付けます。

※トウショウオリオン
【本桐牧場】
年末年始も見学訪問可能

※キョウエイボーガン
【乗馬クラブアリサ】
12月31日の午後から1月1日までお休み 
1月2日からはご訪問の前に必ずご連絡をお願いします。

※おにくん
【厩舎みちくさ】
12月31日の午後から1月2日までお休み

※エイシンバーリンのお墓参り
見学期間外の為、不可

※メイショウドトウ・タイキシャトル
【イーストスタッド】
見学期間外の為、不可


以上、よろしくお願いいたします。
おかがさまで、トートバッグMサイズを完売いたしました。ありがとうございます。

トートM.png
10名以上からリクエストがあれば、追加生産いたします。

ご希望の方は、この記事のコメント欄にコメントしてください。(注文予約ではありませんので、本名やメールアドレスは書かないでください。)

Sサイズのトートバッグは、白、赤ともにまだ在庫がありますので、注文を受け付けています。どうぞよろしくお願いいたします!
たくさんの方にオリジナルグッズをご購入いただき、クリアファイルの在庫がなくなりました。

しばらくはご注文を受けられなくなります。

既にご入金された方で発送できない場合は返金にて対応させていただきます。該当の方にはご連絡させていただきます。

尚、トートバッグMサイズも、在庫が残り2つとなりました。

ご希望の方には在庫を確保いたしますので、ご入金前にお問い合わせフォームよりご確認ください。
メイショウドトウの近況をお届けしていた「ドトウだより」は、タイキシャトルの受け入れに伴い、2頭合わせての「イーストだより」に変更となります。

ブックマークをされている方は、お手数ですが、「http://rha.or.jp/f/doto-shuttle/」へご登録を変更いただけますよう、よろしくお願いいたします。
このたび、種牡馬を引退したタイキシャトル号を20頭めのフォスターホースとして受け入れることになりました。

先だって同じイーストスタッド様からフォスターホースとして受け入れたメイショウドトウより2歳年上のシャトル。
競走生活を引退して種牡馬となり、数多くの産駒を残したシャトルのこれからの余生が幸せなものとなるよう、みなさまのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

【タイキシャトル号】
Taiki Shuttle.jpgA45F0246.JPG
<プロフィール>
生年月日 1994年3月23日生まれ
性別・毛色 牡馬・栗毛
生産国 米国 生産者 Taiki Farm
血 統 父・Devil's Bag(USA)  母・ウェルシュマフィン(GB)
所 属 JRA美浦・藤沢和雄厩舎
生涯成績 国内12戦10勝 海外1戦1勝
主な成績
1998年 京王杯SC(GII) 1着 安田記念(GI) 1着
     ジャックルマロワ賞(仏・GI) 1着 マイルチャンピオンシップ(GI) 1着
1997年 ユニコーンS(GIII) 1着 スワンS(GII) 1着
     マイルチャンピオンシップ(GI) 1着 スプリンターズS(GI) 1着

<フォスターホースになった経緯>
タイキシャトルは、今年23歳。
1997年4月19日に東京競馬場でデビューし、外国産馬のため当時の規程によりクラシック競走には出走できなかったものの、同年秋のユニコーンSから、フランスへの遠征も含めて翌1998年秋のマイルCSまで無傷の8連勝を達成。
97,98年にはJRA最優秀短距離馬、さらに98年にはこれに加えて最優秀5歳以上牡馬(現・最優秀4歳以上牡馬)と年度代表馬に選出されました。
1998年秋のスプリンターズS(3着)を最後に競走生活を引退。
以来19年間という長きに渡って、イーストスタッドとアロースタッドをシャトル種牡馬として2年ごとに行き来し、ウインクリューガーやメイショウボーラーなどの活躍馬を含む数多くの産駒を輩出しました。
しかしながらトモを痛めて種付けの時に踏ん張ることができなくなってしまい、このままでは大けがをして死んでしまうかもしれないと考えたイーストスタッドの高橋場長が、種牡馬を引退させることを進言し、今年7頭に種付けしたのを最後にシンジケートは解散となりました。
その後、引き受け先を探していたところ、一足早くフォスターホースになったメイショウドトウがご縁となり、高橋場長が引退馬協会のフォスターホース達をご覧になって、タイキシャトルを託すことができないだろうかとお声がけいただきました。
種牡馬だからと言って余生は安泰とは限らない厳しい現実があります。
現役時代に華々しい成績を上げて種牡馬入りした馬たちにもこうした状況があることを皆さまに知っていただく機会になると考え、受け入れを決定しました。

【タイキシャトル繋養先】
当面の間、移動はせずにイーストスタッド様に預託することとなります。
種牡馬を繋養している施設のため、12月1日から7月31日までの種付けシーズンの間の見学は不可となっておりますので、ご了承をお願いいたします。

<イーストスタッド>
北海道浦河郡浦河町西幌別316
訪問見学期間:8月1日~11月30日 午前10時~11時
◎事前連絡は不要ですが、雨天時等、見学中止の場合がありますので、訪問前に必ず「競走馬のふるさと案内所」のホームページに記載された情報か、「競走馬のふるさと案内所」へ電話(0146-43-2121)にて確認してから訪問してください。
◎見学方法は「競走馬のふるさと案内所」のホームページに記載された方法に準じます。
◎見学の際は、必ず牧場の方の指示に従ってください。
◎傘(含む日傘)の使用は禁止です。

【お問合せ先】 
認定NPO法人引退馬協会本部 沼田
電話 0478-59-0008
FAX 0478-59-1375
Mail info@rha.or.jp
土日祝日と月曜を除く10:00~17:00(月曜日が祝日の場合は火曜日休み) 
上記の時間帯以内でも電話に出られない場合がありますので、緊急を除き、お問合せやご連絡はできるだけメールかファックスにてお送りください。


タイキシャトルを支えてくださる
フォスターペアレント(FP)会員募集!


フォスターホース維持管理費 1口月4,000円
(半口2,000円からお申込みいただけます。)
 新規ご入会の方、及び後援会員、賛同会員からFP会員になられる方は
別途、一般会費が月1,000円かかります。 

<お申込み>
※インターネットから
 新規のお申込みはこちらから
 既に会員の方の変更お申込みはこちらから
※電話・ファックス
 横浜支部045-878-3060(土日祝日を除く10時~17時)
新しくフォスターホースとなったメイショウドトウを受け入れた経緯について、会員様から何件かご質問をいただきましたので、この場をお借りして説明をさせていただきます。

引退馬協会ではこれまで有名無名、JAIRSの引退名馬繋養展示事業によって支給される助成金の対象であるかないかに関わらず、引退競走馬をフォスターホースとして受け入れてきましたが、知名度が低い馬にはなかなかFP会員が集まらないのが現状です。

こういった馬たちは、ふれあいイベントなどでその馬の個性に触れたり、近況報告を通して「馬となり」を知っていただくことによって、少しずつ時間をかけて支援してくださる方が増えていきます。

一方、競馬ファンのみならず誰もが知っているような有名な馬は、その馬をきっかけに初めて引退馬協会を知り、引退馬を支援する活動があることを知り、支援しようというお気持ちを持った方が新たな会員として参加してくださいます。
このことによって、なかなかFPさんが集まらない馬たちも養っていけるだけの資力がついていきます。

引退馬協会では、フォスターホースに充実した馬生を送らせつつ、サポートホースや、再就職支援の卒業生、騎馬隊の退役馬など、支援した馬のすべてに対して、もし譲渡先に万一のことがあった場合には責任をもって「最後まで看ていく」ことを宣言しています。

最近ではサポートホースのコテツ(被災馬コテツの会)への緊急支援として医療費、飼料代、預託料などの形で100万円規模の支出がありました。再就職支援プログラムの卒業生のカエラチャンにも戻り調教や見守りなどを行っており、そのための支出が発生しています。

これらすべては会員の皆さまが納めてくださる会費と、広く一般の方々からのご寄付によって支えられており、活動を継続していくためにはより多くの方にご支援いただき、参加いただくことが必要です。

この度、新たに、タイキシャトルをフォスターホースとして受け入れることが決まりました。
タイキシャトルの受け入れは、まさしくドトウが繋いでくれたご縁でした。
シャトルほどの馬が・・・と驚かれる方もいらっしゃるかと思いますが、繁殖馬となっても引退した後は安泰ではないという現実があります。

引退馬協会では、エイシンバーリンやスキャンがそうだったように、こういった馬たちにも手を差し伸べることが必要であり、繁殖馬たちの引退後の状況を多くの人に知っていただくことで、最後の馬生を穏やかに送ることができるようにしたいと考えています。

メイショウドトウとタイキシャトルには、ナイスネイチャと並んで、より多くの方に会をご支援いただき、これからも有名無名に関わらず引退競走馬たちをフォスターホースとして受け入れていくために、引退馬協会の「広報部長」としての役割を担ってもらいたいと考えています。

皆さまのご理解とご支援をいただけますよう、お願い申し上げます。
新たにフォスターホースとなったメイショウドトウとタイキシャトルの見学について、お知らせとお願いです。

メイショウドトウとタイキシャトルの繋養先である北海道・浦河町のイーストスタッド様は、12月1日から7月31日までは種付けシーズンに入るため見学ができないこととなっております。

メイショウドトウをフォスターホースとして受け入れるにあたって、牧場さんのご都合が許す範囲でFP会員様には見学していただくことができるよう交渉にあたっているとお伝えしておりましたが、スタリオンとして多くの種牡馬を管理していることや、既に新しく入厩した新種牡馬の試験交配が始まっており、馬と人の安全を考慮して、この期間の見学を受け入れていただくことは難しいと判断し、見学中止期間中は見学いただけないこととなりました。

二頭が既に高齢であるために去勢手術にはリスクがあり、また、生産牧場では出産シーズンを控えているため、牡馬のまま受け入れてもらえるところがなかなかなく、防疫の観点から見学者の受け入れも難しくなっておりますが、来年の春には、年間を通して皆さまに訪問していただける牧場へ移動することを目標に、引き続き調整を行っています。

フォスターホースになった二頭に会いに行きたいと希望される方もいらっしゃることと存じますが、何卒ご理解とご協力をいただけますよう、よろしくお願いいたします。

好評販売中!

2018フォスターホースカレンダー
(10月下旬順次発送)
フォスターホースの
生き生きした表情を捉えました。


「馬の命を守れ!~引退馬協会活動記録」
設立から現在に至るまで20年間の活動の記録です。

表紙はナイスネイチャ!

ばんえい競馬カレンダー


今年もハクバオウジ株式会社様
再就職支援プログラムを
応援していただいています。

ばんえい競馬2018カレンダー
「命、輝いて」
撮影:小久保巌義氏
絶賛発売中!

詳細はカレンダー画像または
社名をクリック!

アーカイブ