お知らせ

後援会員新設のお知らせ(優遇税制が適用されます)

 一般FP会員 賛同会員 公開イベント

これまでの会員種別(一般会員・フォスターペアレント会員・賛同会員)に加えて「後援会員」を新設することになりましたので、下記のとおりお知らせいたします。


◆後援会員とは? 

引退馬協会活動に賛同し、毎月、一定額を寄付していただく会員です。
後援会員の会費は全額が寄付扱いとなり、確定申告をすれば税制優遇を受けることができます。
個人の場合は「税額控除」または「所得控除」が選択できます。
法人は一定額の損金に繰り入れが可能です。



◆月会費:一口4,000円 (半口2,000円から可)

毎年末に1月~12月までの会費合計の領収書を発行します。
法人会員の場合は、ご希望の月に発行可能です。(年1回)


◆活動内容を知っていただく為に会報(RHA通信)と毎年の活動報告をお送りします。


◆他の会員種別のような権利(※)はありません。

(※)会員種別ごとの主な権利とは:会員種別比較表をご参照ください。
ただし、一般会員かFP会員との組み合わせで同等の権利を有することができます。

たとえば、

〔例①〕一般会員の権利はそのままで、税制優遇も受けたい場合

一般会費1,000円+後援会費4,000円=月5,000円

〔例②〕FP会員の権利はそのままで、税制優遇も受けたい場合

FP1口をFP会費と後援会費に0.5口ずつ分けることができます。
一般会費1,000円+FP会費0.5口2,000円+後援会費0.5口2,000円=月5,000円


◆お申込み方法

 ホームページ内の入会案内ページからお申込みください。


◆既会員の方は現会員種別からの移行も可能です。

ホームページの「会員各種手続き」内の「会員種別変更依頼フォーム」から現会員種別を選択して送信してください。
メール:fosterp@rha.or.jpでも受け付けます。

 ●移行時の会費について

  お支払い済の会費の有効期間満了をもって移行となります。
  〔例〕2月27日に3月分会費の自動引き落とし済の場合、会員種別の変更は4月からとなります。

 ●年払いの場合

  <一般会員からの移行>
  次回更新月までの残月数分の後援会員会費を一括でお支払いいただければ、入金確認日の翌月からの移行が可能です。
  〔例〕2015年10月までの年会費を払込済で、2月に移行を申し込む場合
      3月~10月までの後援会費を一括でお振込みいただくことにより、3月から移行が可能です。

  <FP会員からの移行>お申し出の翌月から移行可能です。
  〔例〕2月に移行申込→3月から移行が可能です。
     ただし、口数の変更がある場合は、金融機関の手続き上、翌々月となることがあります。
  <賛同会員からの移行>
   後援会費の自動引き落としの手続きが必要となります。
   金融機関の手続きが完了するまでの会費として、移行時に当初2カ月分の会費をお支払いいただきます。
  〔例〕2月に移行申込→3月~4月分の会費をお振込みにより3月から移行→5月分から自動引き落とし開始


◆お問い合わせや税制優遇について

詳しくお知りになりたい場合は、メール:info@rha.or.jp宛にお問い合わせください。
なお、個々の税務相談についてはそれぞれの管轄の税務署にご相談ください。

お探しのものは?

アーカイブ