ニュースの最近のブログ記事

ニュース

警視庁騎馬隊「ハヤテ」号、終の棲家へ

| コメント(0) | トラックバック(0)
 引退馬協会では、2011年の写真展後に、警視庁騎馬隊を引退するテンジンショウグンをRolling Eggs Clubさんへ橋渡しをした繋がりから、これまでにも騎馬隊引退馬の終の棲家への橋渡しをしてきましたが、今回は、ハヤテ号(競走馬名グランスクセー)の引退に伴い、千葉県御宿にある「ファームリゾート鶏卵牧場・牛舎8号」さんへと橋渡しをしました。
 ハヤテは1995年5月6日生まれ、今年20歳になりました。1998年のセントライト記念(GII)で4着と健闘し、その後は障害へ転向しましたが、7歳の1月、引退して警視庁騎馬隊へ入隊し、13年にわたり、厳しい任務を勤め上げました。
騎馬隊時代のハヤテの様子はこちらから。
 「ファームリゾート鶏卵牧場・牛舎8号」は、元牛舎だった設備を利用して、生産者直売の野菜や、その日の朝に産卵したばかりの新鮮な卵の販売や、レトロな自動車や電車の展示、子供が遊べる広場、広~いドッグランなど、大人でも子供でも一日遊んでも飽きないところ。
牛舎を改造した屋内はライブやベリーダンスなどのイベントも開催され、カフェでは地元で採れた食材で作る美味しいお料理もいただけるという、ひとことでは語り尽くせない、いろいろな楽しみ方のできる場所です。
 2月2日、長い間一緒に過ごした騎馬隊の隊員さん達に見送られ、ファームリゾートのマネージャー・三成さんのエスコートで新居に到着したハヤテは、とても落ち着いた様子で、厩舎前のパドックで草を食んだり、翌日には早速、思いっきり気持ちよさそうに走ったりと、順調に新しい生活をスタートさせました。
力強い「疾風」の文字!
mIMGP7732_original_R.JPG
 週末にはたくさんの家族連れやカップルが県外からもいらっしゃるそうですが、この日も子供たちが「お馬さんがいる~~!」と大はしゃぎ。しっかり調教されたハヤテはとても大人しいので、小さなお子さんでも安心して乗ることができます。大人も子供もハヤテを見つめる目がきらきらと楽しそうで、ハヤテもなんだか嬉しそうでした。
ブラッシングしてもらうハヤテ
mIMGP7725_original_R.JPG
この建物はハヤテの「別荘」だそうです。開放的で広いですね!寒い日や夜はあたたかな「本宅」で過ごしています。
馬装の練習中のハヤテ
m3H0A4503_original_R.JPG
レッスン中
m3H0A4544_original_R.JPG
ハヤテ、頼もしい!
m3H0A4546_original_R.JPG
まだちょっと怖いけれど、ハヤテなら大丈夫!
m3H0A4582_original_R.JPG
 こんなふうに小さい頃から馬と触れ合ったり、乗ったりすることで、馬を好きになってくれる機会が増えるのはとても嬉しいことですね。

 放牧地に移動するハヤテは手綱なしの、イグレット(引退馬協会本部のある乗馬倶楽部)用語でいう「自由人」。厩舎からトコトコと、迷うことなく放牧地まで誘導してくれました。
m3H0A4478_original_R.JPG マイペースに見えるハヤテですが、実はとても寂しがり屋で、放牧地から三成さんの姿が見えなくなると、嘶いて呼ぶそうです。
この為、放牧地には三成さんのジャケットを着せた「かかし」を立たせてあって、こうしておくとハヤテは落ち着くのだとか。ずっと人がそばにいる生活が長かったからかもしれません。
信頼のツーショット!
m3H0A4488_original_R.JPG
 千葉県・御宿までは首都圏からも近いので、寂しがり屋のハヤテにぜひ会いに行ってあげていただけると嬉しいです。
 「ファームリゾート鶏卵牧場・牛舎8号」さんでは、ハヤテの応援団も含めて、主に引退馬の住める環境作りを応援してくださる「馬小屋クラブ」の会員さんを募集しています。
くわしくはこちらから。みなさま、応援よろしくお願いいたします。

ニュース

訃報: ブランカ号(ホーストラスト北海道)

| コメント(2) | トラックバック(0)
訃報です。

島根の破たんした乗馬施設から救出され、北海道せたな町の個人宅を経て、北海道岩内町・共和町のNPO法人ホーストラスト北海道様にスポンサーホースとして受け入れていただいたブランカが亡くなりました。22歳でした。

ご冥福をお祈りいたします。

引退馬協会からお供えのお花を送らせていただきました。


「マロンとブランカ応援キャンペーン」を通じ、ブランカのスポンサーになって下さった皆様や、ペガサスの翼基金にご協力いただいた皆様に、心より御礼申し上げます。




写真.JPG
2写真.JPG
画像は今年の5月末に訪問したときのものです。

他の馬たちが夏毛に生え変わっている中、まだモコモコとしていました。今にして思えば、体調が落ちていたのかもしれません。

ニュース

「引退馬連絡会」メディア掲載記事ご紹介(2014/7/1追記)

| コメント(0) | トラックバック(0)
2014年6月10日、全国11の引退馬繋養施設・団体による
「引退馬連絡会」の設立総会が開催されました。

これに先立ち、各メディアに配信していたプレスリリースを
取り上げていただきましたので、ご紹介いたします。

2014年6月 2日 読売新聞西部版(九州及び山口地域)

2014年6月 9日 日高報知新聞

2014年6月10日 UHB(北海道文化放送)「Super News U」
            設立総会の様子が放映されました。
    同      netkeiba.com
            競馬ニュースへ投稿してくださった方がありました。
            ご
協力ありがとうございます。
            http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=3672&type=2

2014年6月11日 Yomiuri Online

2014年6月12日 山陽新聞
            吉備ひだまり牧場さんが紹介されています。

2014年6月13日 競走馬のふるさと案内所HP
            http://uma-furusato.com/news/detail/_id_77227

2014年6月14日 北海道新聞
            どうしんウェブ
            http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki/545372.html

2014年6月15日 馬事通信

2014年6月16日 週刊Gallop 6/22日号

2014年6月18日 東京新聞

2014年6月23日 週刊競馬ブック 6/28・29日号


尚、一部の記事で、引退馬連絡会の行事としてホースサミットが紹介されていますが、
ホースサミットは引退馬連絡会主催ではなく、REC主催行事となります。
設立総会ではRECより各団体への参加の呼びかけがありました。
今後RECより発信される情報にもご注目ください。
ニュース

ハッピーライフカバーが出来上がりました

少しご報告が遅くなりましたが、ハッピーライフカバーが出来上がりました。一般用と被災馬用の2種類です。

装着感を確かめるためにフォスターホースの健康手帳につけてみました。フィット感も上々で、じゃまにもならないとのこと、イメージ通りのものが出来上がりました。

HL2.jpg
左が20キロ圏内から出た被災馬用・右が一般用です

HPL1.jpg
表面は何も印刷していません
(厩舎等の住所は消してあります。)
ニュース

第二回社員通常総会終了

去る7月7日、東京市ヶ谷にて、引退馬協会の第二回社員通常総会を開催いたしました。

引退馬協会全社員*46名中20名の出席、19名の事前の書面評決、5名の委任状を提出し、松尾圭二氏を監事として再選、会則の変更、会報の送付対象の変更を決議したほか、2011年度の事業・収支報告、2012年度の事業・収支予算計画を報告等を行いました。

会則と会報の送付方法変更については別記事でご案内致します。


daihyou.jpgのサムネール画像のサムネール画像

右から沼田恭子代表理事、加藤めぐみ専務理事、松尾圭二監事


soukaihuukei.jpgのサムネール画像
総会風景

*社員とは、正会員(一般会員・FP会員)のうち、社員資格申請を行い承認された会員のことです。





太田宏昭作品集
ばんえい競馬「奇跡の鼓動」2015カレンダー
今年も賢工製版様に
引退馬の再就職支援プログラムを
応援していただいています。

フォスターホースカレンダー
FHカレンダー完売御礼!

被災馬INFO

お探しのものは?

アーカイブ