プリンセスアイズの最近のブログ記事

被災馬コテツの会のツアーで、4月6日と7日に、福島県川内村の養老牧場「みどりのまきば」に行く機会ありました。

そこには、コテツ(競走名:ルージュビクトリー)と、再就職支援プログラムの第7期生の愛ちゃん(競走名:プリンセスアイズ)がいます。

再就職支援プログラムの間の愛ちゃんは蹄が弱く、運動もいやで、お腹がすぐに痛くなってしまう虚弱体質でしたが、今では一日18時間の放牧で、すっかりたくましくなりました。疝痛もめっきり起さなくなったそうです。

「ボスのコテツに対抗できるのは愛だけ」と場長さんが言うほど、たくましいです。

愛ちゃんはここでは梅ちゃん(競走名:バットウーマン)、シルキー、コテツ、ビービーの5頭でのどかに暮らしています。

訪問したときは、梅の花が満開でした。

20190406-07DSC_0001R.JPG

20190406-07DSC_0992R.JPG
20190406-07DSC_0999R.JPG

20190406-07DSC_0998R.JPG

本日ちょうど、「みどりのまきば」の公式ブログに、立派な愛ちゃんの馬体が披露されていますので、こちらもぜひご覧ください。

20190406-07DSC_0030R.JPG
川内村では梅が満開。桜は4月下旬からゴールデンウィークに開花するそうです。




福島と言えば、被災馬フォスターホースのいる、厩舎みちくさが南相馬市にあります。

厩舎みちくさには、やはりプログラムの第11期生のコンコルダンスがいます。せっかくなので、ツアーを抜け出して行って参りました。

ダンスは牝馬なのですが、牝馬らしさがまったくないとみんな言うのだとか。牝馬というと気分にムラがあったり、神経質だったり...という感じですが、そうでないなら、むしろ褒め言葉ですね!体も立派です。

訪問したときには、コンコルダンスを引き取ってくださったオーナーさんもいらっしゃっていました。大事にしてくださって、ありがとうございます。

20190406-07DSC_0058R.JPG
プリップリの馬体!


20190406-07DSC_0059R.JPG


20190406-07DSC_0074R.JPG
広い放牧地は馬たちも大喜び

厩舎みちくさのフェイスブックでは、走り回るダンスとおにくんの動画も見られます。

紹介者の想いを受けてプログラムに参加した馬たちが、こうして大事にされていてとても嬉しいです。





福島県の「みどりのまきば」という養老牧場に譲渡した愛ちゃん(競走名:プリンセスアイズ)が、元気に3月25日に9歳の誕生日を迎えました。

愛ちゃんと言えば、体質が弱く、なかなか譲渡先が決まらなかったことをご記憶の方も多いかもしれません。

疝痛も多かった愛ちゃん、みどりのまきばさんにはご苦労をかけたと思いますが、飼養環境を工夫していただいて、今は疝痛もなくなっているそうです。

本当に感謝しています。

みどりのまきばさんのブログで、お誕生日の記事をアップしてくださいました。ぜひご覧ください!

引退馬協会スタッフが、10月29日から30日にかけて、再就職支援プログラムの卒業生第7期生のプリンセスアイズ(第7期生)とコンコルダンス(第11期生)に会ってきました。

プリンセスアイズがいるのは、福島県の「みどりのまきば」です。

牧場のお馬さんとして引き取られ、大事にされています。牧場では「愛ちゃん」と呼ばれています。

4頭(うち1頭はサポートホースのコテツ(被災馬コテツの会)です。)の中のボスです。

すっかりたくましくなった印象です。

image_original (33).jpg
左がコテツ、右が愛ちゃん

ここでの生活は、夜は馬房に入りますが、日中は出入り自由の屋根のある砂場があり、外は草地になっています。

訪問した日は台風の接近で雨が降っていましたが、一緒に訪問したコテツ訪問ツアーのコテツの会の会員さんがたちがニンジンをあげる合間にも、連なって外に出ていって雨を気にせず草を食べていました。


image_original (32).jpg
ちなみに、黒っぽいのがコテツ。愛ちゃんと梅ちゃん(バットウーマン)は後ろ姿だと判別が難しいです。


image_original (26).jpg
image_original (30).jpg


image_original (31).jpg
image_original (29).jpg
コテツの会の会員さんたちの前では空気を読んで、コテツに花を持たせるためか、一歩下がってコテツを立てていた愛ちゃんですが、会員さんたちが見えなくなると、しっかりとコテツをけん制していました。

今年の夏、暑さで体調を崩すことがあったようですが、元気いっぱいですのでご安心ください。

※コンコルダンスについては次の記事でご報告します。

プリンセスアイズ、元気です!

アイちゃん、アイズちゃんとして親しまれてきた第7期生のプリンセスアイズがプログラムを卒業して約3週間が経ちました。

被災馬フォスターホースの"おにくん"を訪問した会員さんが、そこからほど近い"みどりのまきば"黒澤牧場さんにも寄ってくださり、プリンセスアイズと、一緒に移動したバットウーマンの写真をたくさん撮ってきてくださいました。

EYSIMG_0407R.JPGのサムネール画像
草を食むプリンセスアイズ

EYSIMG_0409R.JPGアイズは額に星がありますが、こうしているとウーマンは目立った特徴のないところがそっくり(笑)

EYSIMG_0445R.JPG
アイズ(手前)とウーマン(奥)

EYSIMG_0415R.JPG
アイズ(手前)とウーマン(奥)


EYSIMG_0421R.JPG
清潔感のある馬房


牧草が豊富な放牧地でアイズにとってはとても理想的な生活をしているようです。ウーマンというよい相棒を得て、楽しく過ごしているようです。

牧場では黒澤さん親子にかわいがられ、2頭のためにお母様がニンジンを育てているのだとか!

画像をお送りくださったS様、ありがとうございました!







再就職支援のプログラムが終わった第7期生のプリンセスアイズが、15日の土曜日、終の住処となる福島の「みどりのまきば」黒澤牧場へ旅立ちました。

※2016/10/21 会員の辻様が撮影してくださった画像を追加しました。

13日、馬房にて
IMGP8252_original.JPG
アイズちゃん、元気でね!
IMGP8303_original.JPG
競走馬時代からの胃潰瘍や、疝痛になり易い体質もあり、体質改善や、譲渡先の決定まで、とても時間がかかりました。
当日は、早朝から見送りの為に待機していたアイズファンのTさんやイグレットのスタッフに見送られ、少し緊張気味でしたが、元気でした。

以下の4枚は辻様が提供してくださった15日のアイズです。
早朝の放牧中
1.JPGお手入れをしてもらった後の緊張しているようす
2.JPG
3月に移動する時は何度もあくびするくらいリラックスしていたのですが...
(3月撮影)
3.JPG
いよいよ出発です。
4.JPG
馬運車に乗り込む前にカメラに応えるアイズ
image11.JPG
14650534_996235240488494_5987316887351407613_n.jpg
14666142_996235233821828_826989773607965755_n.jpg馬運車の中で、これから一緒に暮らすことになる、ときがわのウーマンと初顔合わせをして福島へ向かい、無事に到着しました。

14708148_996235253821826_73880453529832371_n.jpg今後は牧場で暮らす様子もお伝えできればと思っておりますので、プリンセスアイズの新しい馬生を見守ってくいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

再就職支援プログラム第7期生のプリンセスアイズ、3月にトライアルのため仮移動したことをお伝えいたしましたが、現在、乗馬倶楽部イグレットに戻ってきています。

個人の方のお宅への仮移動だったのですが、先方様に突然のやむを得ない状況の変化が生じたため、泣く泣く引取りを断念されました。

お世話になった間、アイズはとてもかわいがられ、以前よりさらに人懐こくなって帰ってきました。

アイズとは相思相愛のご家庭だっただけに残念ではありますが、現在進んでいるお話が一件ありますので、そちらがまとまればまたご報告いたします。

アイズは、調教がストレスになるので、放牧のみのリラックスした状態で過ごしています。

今は夕方のピリカとの放牧が何よりの楽しみになっています。

IMG_0328.JPG

IMG_0334.JPG

IMG_0337.JPG



3月17日、再就職支援プログラム第7期生のプリンセスアイズが、千葉県内の個人のN様宅に仮移動しました。

譲渡の仮決定ののち、N様ご一家には最初の訪問からイグレットに3回来ていただき、プリンセスアイズとの接し方や管理の仕方の研修を受けていただきました。

少し管理に難しいところがあるため、まずはお試し期間を経て譲渡することになりました。

tok1458274962297R.jpg
お手入れをして、輸送用のプロテクターをつけて...


tok1458275011225R.jpg
尻尾も保護して


tok1458275026121R.jpg


tok1458275042359R.jpg
「ねえ、私どこにいくの?」by プリンセスアイズ


移動の際は、約6か月半同じポニー厩舎で過ごしたハリマブライトとジェニーが見送る中、いななきながら旅立ちました。

tok1458275034558R.jpg
見送りにやってきたハリマ(手前)とジェニー(奥)


N様宅についたプリンセスアイズは「ここどこ?」と少し不安そうで、輸送をしたイグレットのTさんとT原さんは少し不安に思っていたそうですが、プリンセスアイズの順応性の高さに、むしろ驚いたとのこと。

thIMG_8581R.JPG
馬房にて

thIMG_8582R.JPG
放牧にて

馬房と放牧地はつながっていて、いつでも好きなときに出入りできるようになっているとのこと。

柵越しにポニーとの顔合わせをしましたが、仲良くやっていけそうとのことで一安心です。


第7期生のプリンセスアイズの譲渡先が仮決定しましたので、引き取り先募集を終了とさせていただきます。

募集にご協力いただいた皆様、応募いただいた皆様、ありがとうございました。


プリンセスアイズは体調管理に気を遣うため、トライアル期間を経て正式に譲渡することが決まりました。

2_large.jpg

42_large.jpg
当初は乗馬としての資質の高さを生かせたらと考えておりましたが、頑張りすぎてしまう反動から体調を崩しやすいことから、むしろゆったりと飼っていただける方のほうがプリンセスアイズには合っているのではないかと判断し譲渡先を決定しました。

移動は3月に入ってからとなります。

明日の「FHと過ごす日」では、人とのふれあいに慣れるため、曳き馬に登場予定です。

ぜひプリンセスアイズに会いにきて、ふれあいを楽しんでください。





再就職支援プログラム第7期生のプリンセスアイズの調教は順調に進み、現在、いつでも譲渡ができる状況となっています。

IMG_5667_original.JPG
(撮影 でぃらろーしぇ様)

前回のご報告では実際に走っている動画をご覧いただきましたが、プログラムに入ってきた当初は精神的に繊細でハイテンションになってしまうことがあったものの、今は落ち着いて人の指示を待てるようになりました。
運動能力が大変優れているので、乗馬としての活躍が十分に期待できます。

IMGP0097_original.JPGIMGP0173_original.JPG
プリンセスアイズに会った引退馬協会の会員さんからは、とても素直でチャーミングとお褒めのお言葉をいただいています。

12月の「フォスターホースと過ごす日」での担当スタッフによる馬房前トークの動画が届きましたので、ご覧ください。



(撮影 チャーリー松倉様)

IMGP0136_original.JPG
IMGP0087_original.JPGこのプログラムでは、引退した競走馬に初期調教をし、大切に飼っていただけることを前提として無償で譲渡しております。
プリンセスアイズにご興味のある方は、「再就職支援プログラム」についてお読みいただき、引取り希望エントリーシートをお送りください。

お問合せは引退馬協会本部・沼田(TEL:0478-59-0008)、またはお問い合わせフォームにて。
見学も大歓迎です。(事前にご連絡ください。)

なお、適材適所への譲渡をと考えておりますため、ご連絡いただいた順での譲渡ではありませんことを、あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。

プリンセスアイズ、最新動画

再就職支援プログラム7期生のプリンセスアイズの調教が順調に進んでいます。

当初、アイズちゃんと呼ばれていましたが、最近は担当のTさん、アイちゃんと呼んでいます。

器量よし、性格よし、その上頭もよく、乗り心地もよい、Tさん絶賛のプリンセスアイズの最新動画が届きました。10月21日に撮影した動画と比べても、進歩が伺えるのではないかと思います。



撮影:チャーリー松倉様

【プロフィール】

名前:  プリンセスアイズ

性別:  牝   毛色:  鹿毛

生年月日:  2010年3月25日 (2015年9月現在5歳)

血統:  父 ティンバーカントリー  母 ソフトタッチ

競走成績:  63戦12勝 (地方)


◆ ◇ ◆ ◇ ◆


再就職支援プログラムは、引退競走馬に初期調教をし、 大切に飼っていただけることを前提に無償で譲渡する引退馬協会の事業のひとつです。 終生繋養が難しい場合でも、返還をお約束いただける場合はご相談ください。

お問い合わせは引退馬協会本部TEL   0478-59-0008 (担当:沼田)
または お問い合わせフォームからお願いします。

ばんえい競馬カレンダー


今年もハクバオウジ株式会社様
再就職支援プログラムを
応援していただいています。

撮影:小久保巌義氏
ばんえい競馬
2019カレンダー
「命、煌めいて」
絶賛発売中!

詳細はカレンダー画像または
社名をクリック!