今回のしらさぎだよりは、6月17日(日)に開催した「フォスターホースと過ごす日」と併せてお届けします。

あいにくの曇り空ではありましたが、気温が低く、虫も少なかったので馬たちにとっても過ごしやすい陽気となりました。
本日は「しらさぎだより」の更新日ですが、17日開催の「フォスターホースと過ごす日」の様子と併せて、来週お届けいたします。

馬たちは元気にしていますので、ご安心ください。
週明けまではよく晴れていましたが、一昨日から雨が降り出し、昨日の朝方まで降り続けました。
少し運動させるだけでも汗ばむようになってきたので、夜は厩舎の窓を開けています。
お待たせしました。
今回のしらさぎだよりは、5月20日の「フォスターホースと過ごす日」のレポートとあわせてお届けします。

関東地方では気温の高い日が続いていましたが、当日の最高気温は20℃前後。湿度も低く、過ごしやすい爽やかなお天気となりました。

今回のハイライトは、この日、23歳の誕生日を迎えたハリマブライトのセレモニー。
バースデーケーキと、午前中から会員さんが手伝ってくださり、人参と生まれ故郷の静内坂本牧場さんから届いた牧草でデコレーションしたごちそうを用意しました。

ハート型の下に、リンゴで「23」と描いてくださいました♥
IMGP0098.JPG
お祝いのケーキ
IMGP0175.JPG
明日、5月20日はハリマブライトの23歳のお誕生日です。

Harima_2018BD.jpg
ハリマちゃん、お誕生日おめでとう!
フォスターホースになって20年。小柄でがんばりやさんだったハリマちゃん、これからもずっと元気でいてくださいね。

明日の「フォスターホース」と過ごす日では、みなさんと一緒にお誕生日のお祝いをしたいと考えています。
お時間の合う方、ぜひお越しください。
(大栄バス停までの送迎予約は締め切らせていただいておりますので、ご了承ください。)

なお、「しらさぎだより」は明日、20日の「フォスターホースと過ごす日」の報告と併せて、来週お届けいたします。



ハリマブライトの余生を支えてくださる
ォスターペアレント会員さん募集中!!
 
引退馬協会の会員登録がない方のための入会案内はこちら
既に引退馬協会会員の方は変更依頼フォームから
よろしくお願いいたします!



GWも後半になりました。
ハリマとピューマが暮らす乗馬倶楽部イグレットも鮮やかな緑に彩られ、とても気持ちのいい季節です。
コタマちゃんも日向ぼっこ中。

IMG_5037.jpg
すっかり春らしく、馬たちにとっても気持ちのいい季節になりました。
一昨日は久しぶりに朝から雨風が強くなった為、いつもは早朝からの自由人放牧は15時頃に陽射しが出てからになりました。
朝夕の気温差があっても、もう夜も厚馬着は着せていませんが、この時は北風が強かったので厚馬着を着せての放牧になりました。
今日、4月20日、コアレスピューマが14歳のお誕生日を迎えました。

puma_birthday2018.jpg
競走生活を引退し、フォスターホースになって1年半。
イケメンぶりにますます磨きがかかってきました。
ピューマ、これからも元気で、長い間レースでがんばった分、のんびり、長生きしてくださいね。



コアレスピューマの余生を支えてくださる
ォスターペアレント会員さん募集中!!
 
引退馬協会の会員登録がない方のための入会案内はこちら
既に引退馬協会会員の方は変更依頼フォームから
よろしくお願いいたします!


少しでも多くの引退馬に幸せな余生を届けたい。
こちらもよろしくお願いいたします!
北海道事務所の加藤が、4月3日に本部に行きましたので、久しぶりにしらさぎだよりを更新させていただきます。
(桜の写真はトクちゃんからいただきました。)

初夏を思わせる陽気に、イグレットの桜は満開をやや過ぎてしまいましたが、いつも千葉のFHのカレンダー写真を撮影してくださっているプロカメラマンの朝内大助氏が、満開の桜の時期に撮影に来てくださいました。

今回は撮影秘話を交えて紹介させていただきます!

1522998513154.jpg
1522998505841.jpg
今回もトクちゃんからの報告と画像でお届けします。

日中は暖かく、馬の全身を洗えるような気候でしたが、夜は冷え込んで厚馬着を着せるような寒暖の差の激しい日が続いています。
その日によって馬着を着せたり、脱がしたり、気温によって調整しています。
2,3日前に久しぶりの雨となりましたが、イグレット近辺では雪は降りませんでした。

桜のつぼみもほころび始めました
1521711964688.jpg

2018FHカレンダー

申込受付中!
(10月下旬順次発送)
フォスターホースの
生き生きした表情を捉えました。


アーカイブ

千葉のフォスターホース

いつまでも想い出の中に