お知らせ2021.11.05 お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • オースミコスモとエスワンスペクターの近況報告

オースミコスモとエスワンスペクターの近況報告

オースミコスモとエスワンスペクターの移動と移動後の様子を、北海道事務所の大柄が報告いたします。

2021年11月5日

10月31日に広富牧場さんから、Calm days farmさんに移動しました。移動に際し、広富牧場さんからCalm days farmさんへ、2頭に関してのお手紙と革の無口を付け、そして新品の引き綱が健康手帳と共に渡されました。手紙の内容は、2頭の餌の内容や、駆虫の時期、歯の状態、性格や癖などとても細かい内容が書かれていて、2頭への愛情溢れる思いが伝わりました。また2頭はピカピカにお手入れされ、鬣も整えてありました。ありがとうございます。

今回は、2頭の様子を一緒に報告いたします。馬運車から先に降りたのは、エスワンスペクターでした。肩のあたりに薄っすらと発汗が見られましたが、歩様は落ち着いていました。エスワンスペクターが降りた後に、馬運車にいるオースミコスモは残された不安から鳴いていましたが、発汗は見られず歩様も落ち着ていました。

一旦馬房に入れると、2頭ともすぐに乾草を食べ始めました。


↑オースミコスモ
↓エスワンスペクター

馬房で少し休んでから放牧と考えていましたので1時間程馬房で過ごしてもらいました。1時間後に2頭を見るとオースミコスモがシャワーを浴びたのか?と思う程の発汗が見られました。急いで何があったのかをカメラの録画を確認していただくと、少しだけ落ち着かない様子が見られましたが馬房で歩き回る事もありませんでした。体温も測り少し高めでしたが、獣医を呼ぶ程ではない為Calm days farmさんの判断で、2頭を放牧に出す事にしました。放牧地では落ち着いた様子で、草を食んでいる様子が見られました。

放牧直後の2頭です

とても仲が良く並走して放牧地を探索していました

2頭は広富牧場さんでも同じ放牧地で過ごしていましたので、お互いは認識していたと思われます。ただ初めて見る景色、周りの馬達も違う、匂いも違い、お世話して下さる人も違う。2頭にとって頼れる存在は、お互いだけという心境だったと思われます。兎に角離れる事無く、ぴったりと寄り添っていました。5分程、軽いキャンターで放牧地を見回った後は草を食んでいました。

馬運車から降り、放牧までの様子です


↑オースミコスモ
↓エスワンスペクター

周りの木々は紅葉してとても綺麗でしたが、放牧地はまだ青々として美味しそうな草が生えていました。2頭も喜んで、食べていました。

↑左はオースミコスト、右はエスワンスペクター
↓手前はオースミコスモ、奥はエスワンスペクター



右はオースミコスモ 左はエスワンスペクター

暫くすると余裕が出たのか、セン馬達に挨拶する様子が見られました。

↑左はワイルドホース君 右はオースミコスモ

Calm days farmさんでは、3頭のセン馬が過ごしています。3頭ともとても大人しく騒ぐ事が無く穏やかに、オースミコスモとエスワンスペクターを受け入れてくれました。Calm days farmさん第一号の預託馬のワイルドホース君は、最近競走馬を引退し先月去勢をしたばかりですがとても穏やかな性格で、2番目に入厩したキャプテンベガ君とは、初対面からイチャイチャする仲です。



左ワイルドホース君、右キャプテンベガ君
いつもイチャイチャしてます

15時半頃に集牧したのですが、暫くするとオースミコスモがまた大量の発汗が見られました。体温も測ったのですが問題なかった為、馬着を着せて様子をみました。興奮した様子は見られなかったのですが、後肢で壁を蹴ったり体温を測ったりする時に回し蹴りをしていました。移動のストレスと思われます。エスワンは人参も食べてくれましたが、コスモは見向きもしませんでしたが、夜飼いの時は食べていたそうです。

↑オースミコスモ
↓エスワンスペクター

翌日朝の様子は、エスワンスペクターは馬房で入れ込んでいたそうですが食欲は旺盛だったそうです。オースミコスモは神経質な面があり、食べてはいますが人がいるところでは食べないそうです。放牧地では草は食べています。

翌日、翌々日の2頭の様子です

お手紙の中に「皮の無口を付けましたが、バエる無口を付けてあげて下さい」とありました。放牧地では着脱が手間取り皮の無口を付けて放牧していましが、3日には協会から無口が届きましたので、集牧と放牧以外は外しています。


2頭とも、競走馬引退後に繁殖で頑張ってくれていました。オースミコスモ22歳、エスワンスペクター20歳です。これからは、穏やかに幸せな余生を過ごして欲しいと願っております。2頭の余生を支える為ご支援を募集しております。よろしくお願いします。

見学について

移動後環境に慣れるまで見学はできませんが、相談しながら見学者の受け入れもしていく予定です。見学可能となりましたらホームページおよびSNSでお知らせしますので、牧場に問い合わせをすることはご遠慮ください。

元繁殖牝馬のオースミコスモとエスワンスペクターを支えてくださるフォスターペアレント会員さん募集!

2021年11月5日現在
オースミコスモ:会員数 1名 口数 1口 残口数 64口
エスワンスペクター:会員数 1名 口数 1口 残口数 64口


新規ご入会はこちらから→「会員になる

 既に引退馬協会に会員登録がある方はこちらから→「お問い合わせ・登録変更依頼フォーム

どの馬を選んでいいかわからないという方は
「フォスターホースを特定しない」フォスターペアレント会員になっていただくと
フォスターホースを特定せず、すべての馬に対してご支援いただけます。

フォスターホース支援状況はこちらからご覧ください。→フォスターホース支援状況

ご寄付によるご支援もお願いいたします。

 ご寄付はこちらから→「ご寄付のお願い
 クレジットカードでのご寄付も可能です。
特定の馬へのご支援は、馬名を指定してください(任意)


最新のお知らせ

  • FHカレンダー

    お知らせ 2021.12.31

    FHカレンダー一販売のご案内!

  • ツクバアズマオー

    フォスターホース近況報告 2021.11.23

    訃報:ツクバアズマオー

  • クレスコグランド

    お知らせ 2021.11.21

    クレスコグランド、仮移動しました

  • バトルプラン

    お知らせ 2021.11.20

    バトルプラン、仮移動しました

  • オースミコスモ エスワンスペクター

    お知らせ 2021.11.18

    オースミコスモとエスワンスペクターの見学者受け入れについて

YOU CAN DOあなたにできること

バースデードネーションについてはこちら
馬を引き取りたいあなたへ