渡辺牧場だより2023.06.07 渡辺牧場だより

2023年6月5日 ナイスネイチャ 最後のご報告

渡辺牧場さんから、ナイスネイチャの報告が届きました。渡辺はるみさんによる手記です。長きにわたりナイスネイチャを支え、献身的なケアを続けてこられたはるみさん、そして渡辺牧場のみなさまに、心より感謝申し上げます。


* * *

ナイスネイチャ

ナイスネイチャは、5月30日12時40分、安らかに息を引き取りました。大変長い年月を、多くの皆様に深い愛情を持って支えていただきましたことを、心から感謝申し上げます。長文になりますが、ナイスネイチャの最後の闘病記録として残したいと思います。



ナイスネイチャ
【食欲が落ちてきた頃】

この春、青草が生えてきた頃から厩舎内で食べる飼い葉(粉末をぬるま湯で練って離乳食状にしたもの)の量が徐々に減って来ました。そのため、5月6日に血液検査をしたところ、異常はありませんでした。

5月上旬から特に偏食気味になり、切り草(乾草)やビートパルプは食べようとしていました。このような傾向は胃潰瘍の馬によく見られるということで、胃潰瘍の薬を飲ませましたが、全く効果がありませんでした。(切り草は飲み込めるところまで噛めず、出してしまいます。)

13日に、鎮静剤無しで整歯していただきましたが、抵抗しないで落ち着いて処置できたため驚きました。それでも奥歯は危険なため、敢えて処置しませんでした。その後、放牧地で青草をちゃんと食べて飲み込めているのか、5月16日に1時間半つきっきりで観察しましたが、短く生えた草を自分の前歯で更に短くちぎって30分間は食べ続け、その後、水を飲むまで口から吐き出すこともなく、ちゃんと飲み込めているのを確認できました。

ナイスネイチャとメテオシャワー 5月14日朝





ナイスネイチャとメテオシャワー 5月16日朝

【闘病の日々】

ところが、5月17日午後に40.1℃の熱が出て、夕方、獣医さんの点滴などの治療を受けました。以前から頭を左右に傾ける仕草をしていましたが、この数日前から頻繁になり、熱発後はとても頭が痛そうな様子を見せましたが、解熱鎮痛剤が効くと落ち着いていました。馬は疝痛(腹痛)は多いですが頭痛はあまり聞きません。前庭疾患も疑いましたが、検査は出来ず、また、その後の様子から違うだろうとのことでした。

5月18日は暑かったため、メテオシャワーに付き添ってもらい舎飼いになりました。18日の朝、血液検査をした結果、感染と炎症に関する値が上がっており、抗生物質の注射による治療が始まりました。血液検査の他の項目は異常ありませんでした。

18日は夕方の解熱鎮痛剤が効かず、ナイスネイチャにとって一番辛い夜だったように思います。39.5℃以上の熱が続き、頭を振り続け、前脚で寝ワラを掻いて、辛そうな状態が続きました。やむを得ない場合の最低限の間隔4時間を空けて、22時半に再度追加で痛み止めを注射していただきました。

この後、更に4時間空けて、まだ効いていなければ、別の種類の解熱鎮痛剤の錠剤を飲ませ、それでもダメなら、年齢からも、もう命を諦めて早く楽にしてあげた方がいいとさえ考えていましたが、夜中0時半、熱と痛みが落ち着いていたため、錠剤を飲ますこともありませんでした。
5月17日朝
5月18日朝

その後の日々は、熱は徐々に落ち着いていきました。時々微熱になりながらも平熱の時間が多くなりましたが、それでも食欲は回復しませんでした。

急激に痩せたことで体勢を維持する自信がないからか、それとも痛みがあったからなのか、地面に口を近づける姿勢をしない日が続いていました。そのため、口元に草や水を持って行き、食べたり飲んだりしたいか確認していました。飼い葉桶や水桶を食べやすい、飲みやすい高さに設置しました。

5月20日朝
22日午前に急激な左前脚の痛みが出ました。放牧地から連れて帰るのに、体の向きを変える時にはよろけて倒れるのではないかと思う程でした。その割に真っすぐ歩き出すと、ちゃんと歩けていました。初めは蹄に熱感があり、「砂のぼり」などの蹄の疾患を疑いました。特殊装蹄を施してあったため装蹄師さんが急遽来て下さり、調べて下さいましたが蹄に異常はなく、左肩が痛いと気付き教えて下さいました。

22日の朝の血液検査結果では、炎症の値は更に上がっており、白血球もまだまだ高く、左肩の強い痛みを考え合わせ関節炎の可能性はあるそうでしたが、体内のあちこちに膿瘍ができている可能性もあるそうで、感染箇所はわからない状態でした。

5月22日夕方

23日は東洋医学の獣医さんに診察していただきました。いつも左股関節のあたりを触診すると、患部がカクカクッと少し崩れるような様子が見られますが、この日は全身が、右も左も前も後ろも背中もみんなガクガクッと、大きく反応していました。筋肉がどんどん落ちて、大きな馬体を支えるのにとても疲れ切って痛みも生じていたのがわかりました。

全身に電気鍼の治療を45分間と、あちこちに各種ビタミン剤の水鍼もして下さいました。治療後に、触診すると、カクカクッという痛みを表す反応はなくなっていました。この日はメテに付き合ってもらい舎飼いになりました。夕方には気分が良さそうになり、クローバーなど青草を食べた後、人参を3本も食べ、喜びましたが、その後はまた食べなくなり、一進一退、一喜一憂の日々でした。
5月23日朝
電気鍼治療 5月23日
毎日、朝晩2時間前後ずつ、点滴をしていました。5月26日からは頸の右側に静脈留置針を入れて下さいました。カロリーや栄養が少しでも摂れる内容の点滴と、痛み止め、抗生物質、強肝剤も続けられました。

その後、24日朝、27日朝、そして亡くなった日の朝にも血液検査をしましたが、感染の値は悪くなる一方で、抗生剤の種類を変えたり追加したりしても効果は見えませんでした。体のあちこちに膿瘍ができている場合も関節炎の場合も抗生物質は届きにくく、仔馬などでは体内に膿瘍ができることがあるそうですが、その場合は診療所で手術して膿瘍を取り出して洗い流す治療になるのだそうです。ナイスネイチャの場合、移動と手術には耐えられるはずもありませんでした。

体表に近い膿瘍なら診療所に連れて行かなくても、鎮静剤を使わなくても、エコー検査でわかるとのことで、近々受けようとも考えていました。膿瘍の存在がわかるということは、経緯からも助かる見込みがないとわかるということで、闘病生活を長引かせずに楽にしてあげるための判断材料としてでした。結果としては検査を受ける前に亡くなりましたが…。
食欲が出て大喜び 5月23日夕方
23日夕方から3日半、何も食べられませんでしたが、27日に急に食べ始めました。乾草の切り草を口でわしづかみにするかのように咥えたので、慌てて青草と取り替えると、短く刈った青草もムシャムシャ食べて人参も3本くらい食べて大喜びしました。ですが、その後また食べなくなりました。

ボロ(馬糞)は何日も出なくなり、尿は血尿かと思う程、赤茶色に濃くなり、量も少なくなりました。紙コップに採って調べましたが血液の反応はありませんでした。朝晩、点滴をしながら、獣医さんが脈、腸の動き、歯茎の色など、四肢の浮腫みも丁寧に確認して下さいました。こんなに状態が悪くても亡くなる前日まで腸の動きは良かったです。お腹が空いていただろうなぁと思います。本来、繊維質を食べ続けるべき草食動物がこんなにも長く食べないでいながら、最後まで疝痛を起こさずにいられたことは救いでした。
食欲がない頃 5月25日夕方
5月26日朝5月26日お昼前
5月26日お昼前

5月26日夜
5月27日朝
5月27日 朝の点滴
5月27日 お昼前に突然ガツガツ口に入れ、この後人参3本食べた
5月28日朝
5月28日 午後
5月29日 朝の点滴
虫よけではなく陽射しよけ 5月29日
5月29日 夜の点滴
【5月30日の様子】

亡くなる前々日くらいから、脈が速めになっていました。亡くなった30日の朝は初めて腸の動きが弱くなり、脈も更に速くなっており、体温は37.9℃と高めでした。また、20日頃からお腹の下と胸前に浮腫ができ、次第に大きくなってきていました。

30日の朝は点滴を終えると顔を何度も押し付けてきて外に出たそうな素振りを見せました。ゆっくりメテの後ろをついて歩いて行きました。午前中、ナイスネイチャのFP会員さんが道内からと本州からとお一人ずつ来られ、放牧地で様子を見ていて下さいました。その日は東洋医学の獣医さんも来られ、放牧地で触診して下さり、上(体)については痛みの反応はなく、治療もありませんでした。四肢については筋肉が落ちてしまって、疲労が溜まっていたと思います。
5月30日 10時前
5月30日10時半前
5月30日 10時半過ぎ
会員さん方と現牧場長と元牧場長も見ている時に、牧柵の近くにいたメテが放牧地の中ほどに歩いて行き、その後をナイスネイチャもついて行き、11時25分、その場所で立ち止まるとすぐにゴロンと寝ころびました。疲れ切った全身をやっと休めることができました。何度か起きようという仕草はしましたが、それは力のない弱いもので、もう立てないだろうと思いました。

吊起帯(ちょうきたい)を着けてトラクターを近くまで持ってくるとしても、そのようなことに慣れた馬ならともかく、35歳で初めてそれをするのは酷でした。恐怖におののいて、もし心不全を起こしたら、ここまで生きてきて、そんな最期はあんまりだと思いました。

陽射しが強くなって来たので、白っぽい色で通気性が良い虫除け馬服をふわっとかけたり、獣医さんを待つ間、水で濡らしたバスタオル3枚を体にかけたりしました。健康な馬なら何でもない程度の陽射しでも、ナイスネイチャは体が痩せて衰弱していたため、黒っぽい色の体表から太陽の熱が体の内部に届きやすいと思いました。

獣医さんはすぐに駆けつけて下さり、横たわるナイスネイチャを診察して下さいました。歯茎は白っぽく紫がかっていること、脈も更に悪くなっていることなど総合的に判断して、やはりもう限界とのことでした。

寝たきりで長時間放置すると肺など内臓が圧迫され呼吸が苦しくなってきます。また、この後もっと暑くなるかもしれず、早い方がいいと判断しました。引退馬協会さんに電話で状況を説明し、獣医さんからも説明をしていただきました。引退馬協会さんは私たちの選択を尊重して下さいました。
5月30日11時半頃
【安楽死】

安楽死は「①鎮静剤➔②麻酔薬➔③心肺機能を停止させる薬剤」の、3つの段階を経る方法(現在の日本では最も馬の福祉を考慮した方法)で処置していただきました。この方法は、飼養管理者が獣医さんに前もってお願いしなければ、現状では一般的にはされていません。
多くの場合は経済性が重視され③のみ、または人間の安全のため①と③のみで行われます。渡辺牧場では昔から①②③を使用していただく「3 step法」でお願いしています。

鎮静剤を注射するとナイスネイチャはこわばった表情が穏やかになり、鎮静剤が効いてから、適切な量の麻酔薬を注射して下さいました。麻酔薬で意識が消失してから最後の薬剤を注射して下さいました。ナイスネイチャは麻酔を入れても最後の薬剤を入れても全く動かず、12時40分、静かに息を引き取りました。お二人の会員さんとスタッフ全員が見守りました。

この放牧地は、ナイスネイチャが1歳の時に過ごした放牧地でした。その放牧地の青草の上で、青空にそよ風が吹くのを感じ、小鳥のさえずりを聴きながら、安らかに旅立ちました。遺体の横に座りこんで、しばらくしてから私はナイスネイチャが最後に見た風景を動画に撮りました。ナイスネイチャを愛して下さった皆様とも共有したくTwitterに掲載しました。

[5月30日 Twitter @urakawatanabe]
https://twitter.com/urakawawatanabe/status/1663437760051712000

最後の闘病生活はナイスネイチャにとって、とても辛いものだったと思います。本当によく頑張ってくれたと思います。それでも、これまで沢山の馬たちを見てきて、総じて彼の生涯は幸せだったと思えます。そして、彼の幸せな生涯にふさわしい幸せな最期だったと思います。

【お葬式】

遺体は時間の経過とともにお腹にガスがパンパンに溜まるため、急で申し訳なかったのですが、翌日、5月31日に「渡辺牧場 馬の墓地」に埋葬しました。同じ墓地には父ナイスダンサーと母ウラカワミユキと、ナイスネイチャの弟や妹たち、娘も、そしてかつての友、セントミサイルも眠っています。仲間たちときっと仲良く安らかにいてくれると思います。
お葬式当日は引退馬協会代表沼田氏、北海道事務所加藤氏、ナイスネイチャFP会員様や、ナイスネイチャを撮影し続けてきたカメラマンの朝内氏をはじめ、所縁の方々が訪れて下さいました。

埋葬については地下水の汚染の関係上、民家から数百m距離を置かなければ保健所の許可が下りないため、渡辺牧場の私有地である山の上に墓地があります。車での送迎が必要であるため、限られた方々しかご案内ができず申し訳ございません。

ナイスネイチャお葬式 5月31日
ナイスネイチャお墓 6月2日
父ナイスダンサーと母ウラカワミユキのお墓
お葬式後に届いた供花は馬房に
【親友メテオシャワー】

ナイスネイチャが横になった時、すぐ近くにメテがいました。ナイスネイチャが亡くなった後も、メテは静かで穏やかだったことから、きっとこの時、最後のお話をしたのだろうと思いました。
最後の会話は済んだとはいえ、残されたメテはとても淋しそうで、亡くなった後、何日も目がうつろでした。6月1日にセイントネイチャーとヒカルの放牧地に入れました。正直なところ、慣れるまで荒々しく噛んだり蹴ったりし合う光景を想像しましたが、全く違っていました。セイントもヒカルも初めからとてもメテに優しいのです。午後には3頭がすぐ近くで一緒に草を食んでいる姿が見られ、涙が出ました。

かつて、ナイスネイチャ、セントミサイル、メテオシャワーが3頭で仲良しグループでした。時が流れて一番若いメテが生き残り、淋しい想いをしているのを先に逝ったナイスネイチャの息子とセントミサイルの甥が励まし、支えているのです。その後も感動するくらい穏やかで優しいです。セイントとヒカルに心から感謝しています。

メテオシャワーを支えるヒカルとセイントネイチャー 6月1日

【心臓の雑音について】

ナイスネイチャは31歳の誕生日前に、心臓に雑音があることがわかりました。高齢馬に多く聴かれる雑音ではなく、心臓の病気による雑音とのことで、当時ショックを受けましたが、それだからすぐに命に関わるという訳ではない、とのことでした。
それまでもナイスネイチャのことを大事にしてきたつもりでしたが、より一層、ナイスネイチャを興奮させないよう、彼の意思を尊重して、「そっちには行きたくない」と言われれば無理に行かないなど、渡辺牧場にとっての「かわいいかわいいナイスネイチャ様」という想いでお世話してきました。渡辺牧場の宝でした。


改めまして、ナイスネイチャが幸せな長生き、幸せな最期を遂げられたのは、ひとえに引退馬協会の皆様、会員の皆様、東洋医学、西洋医学の獣医さん、装蹄師さん、そして、多くの応援して下さる全ての方々のお陰です。誠にありがとうございました。



* * *

渡辺牧場さんのSNS
(それぞれの内容は異なります)
(ログインしなくてもご覧いただけます)

ナイスネイチャの誕生日に合わせて、引退馬支援のご寄付を募る「ナイスネイチャ・バースデードネーション」を今年も行いました。


「ナイスネイチャ・35歳のバースデードネーション」
開催期間:2023年4月16日〜5月15日
今年のテーマは「地方競馬の重賞勝ち馬もフォスターホースに!」でした。
たくさんのあたたかなご支援をありがとうございました。

フォスターホース近況報告一覧

他のブログ

最新のブログ

  • ナイスゴールド

    渡辺牧場だより 2024.02.15

    2024年2月15日

  • モアザンベスト

    渡辺牧場だより 2024.01.15

    2024年1月15日

  • ナイスゴールド

    渡辺牧場だより 2023.12.15

    2023年12月15日

  • 特殊装蹄中のナイスゴールド

    渡辺牧場だより 2023.11.15

    2023年11月15日

  • ナイスゴールド

    渡辺牧場だより 2023.10.16

    2023年10月15日

カレンダー

2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2023年06月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

アーカイブ

YOU CAN DOあなたにできること

バースデードネーションについてはこちら
馬を引き取りたいあなたへ