渡辺牧場だより2019.08.21 渡辺牧場だより

2019年8月21日

近況報告

霧に包まれたり、曇ったりしているうちは良いのですが、晴れ始めると途端に暑くなり、アブが出て来るので、それに合わせて、全馬を厩舎に入れて涼ませました。直射日光の当たるところは暑かったですが、日陰だと風が涼しく、馬たちにも人間にも楽でした。振り返ると、今夏は昨夏に続き、おおむね過ごしやすかった印象です。

近況報告
 ナイスネイチャ(右)とメテオシャワー(左)8月18日

大反魂草(オオハンゴンソウ)がすごい勢いで増えて景色のあちこちが黄色で覆われています。ここに住んで30年以上になりますが、昔は「綺麗だなぁ」で済んでいたのが、今は怖いくらい生息域を広げています。この先、後継者不足、人手不足で更に人間が刈る作業ができなくなったら、北海道の大地がほとんど夏は真っ黄っ黄になるんじゃないかと思うくらいの増え方です。

群生している黄色い花がオオハンゴンソウ、右端がナイス
8月9日にナイスネイチャが左前脚の管骨の内側に擦り傷を作ってきました。ネオヨージンをかけていましたが、なぜか外側が腫れてきたので、熱や痛みはありませんでしたがフレグモーネを心配して11日に獣医さんの診察を受けました。
左前脚内側の傷 8月11日
 診察の結果、フレグモーネとのことで、消炎鎮痛剤と抗生物質の注射を受けました。診療初日はかさぶたを剥がし、薬入り生理食塩水で洗った後、ベトラップを巻いて放牧しました。治療は4日で終わりました。

ウトウトするメテ(左)とベトラップを巻いたナイス(右)
9日頃に右目の下にも傷痕がありましたので、もしかしたら寝起きの時に少しもがいて傷を負ったのかもしれないと思いました。右目の下は治療の必要のないものです。食欲はあり、元気もあります。
右目の下に傷痕

放牧地と接する小さい厩舎を避暑地にしていて、金網の引き戸を開けると中に駆けこむことがよくありました。21日朝は金網の引き戸を開けると「お約束」(習慣)でナイスだけが駆けこんできましたが、涼しかったので、「間違えた!」と思ったのか、すぐにまた出て行ってしまいました。(笑)

右端がナイスネイチャ 8月18日朝
リゲルナイト(栗毛)とナイスネイチャ 8月18日朝
ほぼ毎日、会員さんや一般の見学の方々が来られました。暑い時は、厩舎の中で会っていただくことも度々でした。
泥をつけたナイスネイチャ8月18日
※動画はツイッター https://twitter.com/urakawawatanabe をご覧下さい。
会員募集中
春風ことトウショウヒューマは、引退馬ネットのサポートホースです。 

会員募集中
グランデラバーは、引退馬ネットのサポートホースです。 

フォスターホース近況報告一覧

他のブログ

最新のブログ

  • ナイスネイチャ

    渡辺牧場だより 2019.11.06

    2019年11月6日

  • ナイスネイチャ

    渡辺牧場だより 2019.10.21

    2019年10月21日

  • ナイスネイチャ

    渡辺牧場だより 2019.10.06

    2019年10月6日

  • ナイスネイチャ

    渡辺牧場だより 2019.09.21

    2019年9月21日

  • ナイスネイチャ

    渡辺牧場だより 2019.09.06

    2019年9月6日

カレンダー

2019年08月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年08月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年08月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年08月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年08月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年08月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年08月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

YOU CAN DOあなたにできること

馬を引き取りたいあなたへ