フォスターホース紹介 FOSTER HORSE INTRODUCTION

ハギノハイブリッド

プロフィール
生年月日 2011年2月21日
性別 セン馬
毛色 栗毛
生産地 北海道千歳市
生産者 社台ファーム
血統 父・タニノギムレット  母・ハッピーペインター
所属厩舎 松田 国英(栗東)
生涯成績 中央 27戦4勝
主な成績

2014年 京都新聞杯(GII) 優勝
2016年 アイルランドトロフィー(L) 優勝
2015年 函館記念(GIII)2着

繋養先 鹿児島・NPO法人ホーストラスト(予定) ※移動までは馬主様のご厚意でアロースタッドにいます。
見 学

アロースタッド滞在中の見学は「競走馬のふるさと案内所」にてご確認ください。

フォスターホースになった経緯

ナイスネイチャ・33歳のバースデードネーションの15頭目となるハギノハイブリッドを受け入れることになりました。ハギノハイブリッドは、2013年に競走馬デビュー、2014年の京都新聞杯(GII)の優勝実績があり、現役時代の馬主様がプライベート種牡馬として大事にしてきましたが、種牡馬を引退するにあたり繋養先のアロースタッドの運営をしているジェイエスよりご紹介いただきました。ディープスカイ、クレスコグランドと同じく栗毛の鼻梁白の派手な顔が印象的です。

ハギノハイブリッドの
余生のご支援をお願いします

ハギノハイブリッドをフォスターペアレントとして
ご支援いただける方を募集いたします。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

YOU CAN DOあなたにできること