フォスターホース紹介 FOSTER HORSE INTRODUCTION

エイシンバーリン

プロフィール
生年月日 1992年3月11日
2017年4月19日永眠
性別
毛色 芦毛
生産地 米国
生産者 Hugh G.King III
血統 父・Cozzene(USA) 母・Blade of Luck(USA)
所属厩舎 栗東・坂口正則厩舎
生涯成績 28戦6勝
主な成績 <1995年> クイーンC(GIII) 1着 アーリントンC(GIII) 1着 <1997年> 京都牝馬特別(GIII) 1着 シルクロードS(GIII) 1着 高松宮杯(GI) 2着 <1998年> 高松宮記念(GII) 3着
詳細情報 http://www.jbis.or.jp/horse/0000263016/
繫養先 丸村村下ファーム(北海道・浦河)
フォスターホースになった経緯
1990年代半ばに短距離戦線で活躍し、京都1200mの日本レコードを持つエイシンバーリンは10頭目のフォスターホースです。
1992年にアメリカで生まれたエイシンバーリンは、9頭目のフォスターホースになったエリモシックより一歳上のお姉さん。
エリモシックが勝った1997年のエリザベス女王杯の2着ダンスパートナー、3着エイシンサンサン、また、ヤマニンパラダイス、プライムステージ達とも同級生です。
アメリカで、故・平井豊光氏に落札されたエイシンバーリンは、2歳の時に来日。デビュー戦となった同年秋の新馬戦で、主戦となる南井克巳騎手を背に見事な逃げ切り勝ちを決めると、続く重賞三戦すべてで3着以内に好走し、その素質の高さを見せつけました。明けて1995年1月のクイーンCで見事に重賞初制覇を遂げ、続くアーリントンCでも鮮やかな逃げ切り勝ち。
外国産馬ゆえに、当時は牝馬クラシック戦線に乗ることは叶わなかったものの、芦毛の快速牝馬として、その名を高めました。
アーリントンCの後、骨膜炎を発症して長い休養を余儀なくされ、復帰してからは苦戦が続きましたが、1997年の京都牝馬Sで重賞3勝目を挙げると、同年春のシルクロードSでは、8番人気の雪辱を果たすかのように、驚異的なスピードで逃げ、2着を四馬身突き放して圧勝しました。このレースでエイシンバーリンが打ち立てた1分6秒9という記録は、当時の芝1200mの日本レコードとなりました。
1998年、6歳になってからも、短距離路線には欠かせない存在として多くのファンの支持を集め続けましたが、同年暮れのスプリンターズSを最後に引退となりました。

YOU CAN DOあなたにできること